Campagnolo Shamal UltraとFULCRUM RACING ZEROを比較してみる(2020 GUSTO RCR TEAM EDITION LEGEND) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GUSTO > Campagnolo Shamal UltraとFULCRUM RACING ZEROを比較してみる(2020 GUSTO RCR TEAM EDITION LEGEND)

Campagnolo Shamal UltraとFULCRUM RACING ZEROを比較してみる(2020 GUSTO RCR TEAM EDITION LEGEND)


DSCN9292dad.jpg

2020 GUSTO RCR TEAM EDITION LEGEND
2020年モデルGUSTO RCR TEAM EDITION LEGENDに試乗しました。
先日は2019年モデルに試乗したのですが。
2020年モデルより、ホイールがCampagnolo Shamal UltraからFULCRUM RACING ZEROに変更になったそうで。
Campagnolo Shamal Ultra(2019)➝FULCRUM RACING ZERO(2020)

緩い上り坂や短い平地ですが、硬くて剛性が高いという噂のFULCRUM RACING ZERO。
Shamal Ultraから変更した事により、どういう走りを見せてくれたのか比較してみました。
DSCN9287cdavfd.jpg
FULCRUM RACING ZEROについて
硬いとか剛性のあるホイールとか言われていますが。
緩い登りの場合、素直にやたら軽い走りをしてくれますね。
しかも、下りの際にも走行感が「軽い」。
(´・ω・`)驚いた……硬いというよりは、非常にスルスル、ヌルヌル走ってくれるではないですか。

しかもGUSTO RCR TEAM EDITION LEGENのフレームはスピードを上手く生かしてくれるフレームなので、軽さとスピード感が融合したかのような走りでした。

脚にダメージはあるか?……基本的に脚への負荷は軽いホイールだと思う。それよりも、踏み込むと軽快に速度に転換してくれる。
硬くて脚に来るというよりは、効率の良いホイールという印象。

スピードに乗り易い?……軽快かつリズムカルにホイールが回るので、乗り易いです。硬さよりも軽さが前面に出ているホイールというべきか。
あとちょっと気が付いたのですが、地形の影響を受けにくいホイールでした。平地でも登りでの下りでも「軽さ」を発揮しながら、良く回ってくれます。
逆に良く回らないカーボンホイールよりも、脚への負荷は少ないのではないでしょうか?
(ここだけの話、多少の無理が効くホイールという印象)
Fulcrum - Racing Zero (レーシングゼロ) LG クリンチャーホイールセット
DSCN8472fewscds.jpg
2019 GUSTO RCR TEAM EDITION LEGEND  Campagnolo Shamal Ultra
ちなみに2019年モデルの場合は「Campagnolo Shamal Ultra」が採用されていました。
20190508125142d78cd.jpg
Campagnolo Shamal Ultraの特徴。

FULCRUM RACING ZEROは「軽さ」が前面に出ていましたが。
Campagnolo Shamal Ultraの場合はスムーズに走れるホイールという印象。
走りに抵抗感を感じにくいという点は共通している。
Campagnolo Shamal Ultraの場合は一定の速度で走る際、真価を発揮。速度が落ちにくく、徐々に加速していくタイプ。
速度を上げてもなかなか速度が落ちにくいというか、速度が逃げにくい。
あくまで平地での試乗感想ですが、速度を維持する能力が高いという印象でした。
エアロフレームに持ってくるなら、Campagnolo Shamal Ultraの方が向いていますね。
Campagnolo - Shamal Ultra (シャマルウルトラ) C17 クリンチャーホイールセット
DSCN9291da (2)vfd
(管理人はどっちが好み?)
(´・ω・`)どっち? えーーーーーーっ?
FULCRUM RACING ZEROかな? やっぱり踏み込んだ時の軽さと、感触が心地よかったので。
RCR TEAM フレームが、変化に富んだ地形でも対応した少なった印象を受けましたし。
FULCRUM RACING ZEROの場合回転がリズミカルなんですよね。
Campagnolo Shamal Ultraは、精密機器の様に「ツーーーーーーーっ」と速度を一定ペースに乗せるのが上手い訳ですが。
個人的にはリズミカルに回ってくれた方が楽しいですわ。
DSCN9271fsd.jpg
GUSTO RCR TEAM Sport DISC(ホイール FULCRUM Racing 900 DB) と比較してどう?
(´・ω・`)率直に書くと、登りはFULCRUM RACING ZERO仕様 GUSTO RCR TEAM EDITION LEGENDの方が有利。
スルスル速度を出しながら登りをこなしてくれますね。

GUSTO RCR TEAM Sport DISCの場合、どうしてもゼロ加速性能が重かった。
速度に乗ってきた際に「すーーーーーーーっ」とスムーズに回ってくれましたが。

ディスクモデルであるGUSTO RCR TEAM Sport DISCの有利な点はやはり、特に下りにおいて大きかったですね。
スピードが出るフレームなので、特に下りなどで限界まで突っ込んだ後のブレーキの効きが頼もしいです。
脚への負荷や軽さを求めるなら「GUSTO RCR TEAM EDITION LEGEND」。
ディスクブレーキの強力な制動性を重視したいなら「GUSTO RCR TEAM Sport DISC」ですよ。

(´・ω・`)個人的には2020 GUSTO RCR TEAM EDITION LEGENDの方が、GUSTO RCR TEAM Sport DISCよりも一枚上手な走りをしてくれると認識しています。
DSCN9291da (1vfd)
DSCN9290d (2)vd
DSCN9290d (1)vf
2020 GUSTO RCR TEAM EDITION LEGENDはFULCRUM RACING ZEROホイールを採用してどう変わった?

(´・ω・`)スピード性能を上手く引き出してくるフレームに、脚に負荷が少ない「軽い」ホイールが用意された。
そんな感じですかね。
RCR TEAMが登り下りに強くなった印象。もちろん平地でもスルスルした走りを楽しめますが。
個人的には登り下りで、このホイールとフレームの組み合わせが生きてくると体感しました。

ただ、「スピードを維持する能力」にかけてはCampagnolo Shamal Ultraの方が格上です。
ゼロ加速性に関しては、軽く速度に乗ってくれる分「FULCRUM RACING ZERO」の方が好きかな?
結構ホイール次第で、フレームの走りも影響は受けるんですね。

RCR TEAM のフレームの本質はそのまま。
どの様な局面でもスピーディーに走れるフレーム性能は、どちらのホイールでも変化はないです。

スポンサードリンク

2019年10月11日 トラックバック(-) コメント(-)