2020 LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE DISC試乗体験インプレ フラグシップらしく剛性重視の姿勢 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LAPIERRE ラピエール > 2020 LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE DISC試乗体験インプレ フラグシップらしく剛性重視の姿勢

2020 LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE DISC試乗体験インプレ フラグシップらしく剛性重視の姿勢


DSCN9228vds.jpg
2020 LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE DISC試乗体験インプレ
フランスのXELIUS SL ULTIMATEが2020年モデルからディスク化。
いち早く試乗車が用意されていたので試乗してみました。
素直に一言。「ディスク化して、正解」

2019年モデルより特徴的な3Dチューブらの構造はそのままに、エアロ化。
AIRCODEのエアロ形状を取り入れたことにより、XELIUS SLのエアロ形状を強化。
(´・ω・`)確かに以前試乗したXELIUSよりも、シャープなデザインになっていましたよ。
DSCN9236tew (1)
①走りが軽くなった。
推進力と快適性が融合したような走りでしたが。
エアロ化というより、推進性がより強化されたのかな。基本万能タイプのロードでしたが。
剛性、パワー、推進力は高め。それを上手くまとめた様な走りでした。
より豪脚向けに進化しましたね。

②万能タイプ
基本ゆるい登りでも、平地でも、下りでも使える印象。
ただ、得意な路面は下りと平地ですね。
平地と下りで、走りが生きてくるタイプ。特に平地において、走りが軽い。
あと平地の距離が短い試乗コースでしたが、速度を乗せるのは距離が短くても用意でした。
DSCN9237tew (1)
③快適性はあえて抑えてきた。フラグシップらしく剛性重視の姿勢。
シートステー部などに3Dチューブラーテクノロジーを用意し、悪路などにも対応出来る様になっていますが。
以前のXELIUSよりも、快適性を抑えて剛性面に力を入れいる感じですね。
ハイエンドモデルだから、剛性面を最重要視しているんだろうか。
あくまで剛性や推進力を邪魔しない為の、衝撃吸収性だ。
DSCN9236tew (2)

④ディスクブレーキとゼリウスの相性について。
ディスクブレーキコンポーネント R8070系ULTEGRAが用意されていました。
(´・ω・`)なんだろ? ディスクブレーキと XELIUS SL ULTIMATE って相性がかなりいい……
今までのゼリウスって、走行性能と制動力の戦いでしたからね……
どうしてもぜリウスの走行性能がモデルチェンジ事に高まる分、ブレーキ性能を上げていく必要があったのですが。
ようやくディスクブレーキによって、フリーザ最終形態になった感が。

R8070系ULTEGRAディスクブレーキって、軽いタッチで繊細なブレーキから、パワフルなブレーキまでカバー出来るんですけど。
特に強調しておきたい事は、「下り」で滅茶苦茶このディスクが生きてきますね。
先程話した通りXELIUSは万能タイプのロードで、どのような局面でも推進性と快適性を演出してくれるのですが。
その万能感のあるフレームに、万能なディスクが加わる事で更に安定した走りが可能になっています。
特に下りでの走りで、ディスクブレーキの制動力が上手く生かされていたので、その記憶が強烈に残っています。
DSCN9227twe (1)
LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE
ちなみにLAPIERRE XELIUS SL ULTIMATEのブレーキ部はダイレクトマウント仕様。

⑤登りは思ったよりも普通
(´・ω・`)あれ? ゆるい登りでしたが。登板性能は思ったより普通でした。
サクサク登る訳でもなく、ごく普通。
登りに強いと聞いていましたが……どちらかというと平地や下りでの走りが得意。

特に推進力は、平地で生かされている印象。
あくまでディスクブレーキ仕様での感想なので、リムブレーキ仕様LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATEに関する登り性能は不明。
DSCN9227twe (2)
シートステー間に巨大なクリアランスが出来ていました。
シートステー間のブリッジが無いと、ここまで空間が発生するとは。

⑥リムブレーキとディスクブレ―キどちらがいい?
あくまでLAPIERRE XELIUSに関してですが、ディスクブレーキとの相性が良かったです。
元々LAPIERRE XELIUSはどの様な局面においても「楽に」走れるロード。
その上ブレーキ面が強化された訳ですから、より万能性が高まった印象。

また、推進性や剛性を上げてきているゼリウスですので、即座にスピードが出ます。
そのスピードを「楽に」コントロールディスクブレーキの存在は、かなり大きいはず。
LAPIERRE XELIUSって、ミドルグレード仕様完成車もそうでしたが。速度が出やすい分、ブレーキ性能が重要になってくるタイプのロードです。
また、オールラウンドモデルでもあり、様々な局面で速度を出せる様な仕様になっています。
ですので、リムブレーキよりもディスクブレーキの方が、優位性が高いですね。

⑦ディスク系エアロロードと比較してどうか?
うーん、一定の速度で巡行するタイプのエアロードとはやはり違います。
LAPIERRE XELIUS SL ULTIMATE DISCの場合、剛性を生かして一気に加速する走りを得意とします。
速度変化が激しいコースなどに向いていましたね。

今回エアロ性能や巡行性能は未確認ですが、剛性を強化してきた点が印象に残っています。
確かに今までのゼリウスと比べても、走行性能がかなりスポーティーに進化していたのは間違いありません。
LAPIERRE (ラピエール) 2020モデル XELIUS SL アルチメイト DISC FDJ サイズ49(171-176cm) フレームセット

スポンサードリンク

2019年10月14日 トラックバック(-) コメント(-)