2020 MERIDA eBIG.NINE 400試乗体験インプレ 。29er eMTBの走りの特徴は「スピード感」にある スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2020 MERIDA eBIG.NINE 400試乗体験インプレ 。29er eMTBの走りの特徴は「スピード感」にある

2020 MERIDA eBIG.NINE 400試乗体験インプレ 。29er eMTBの走りの特徴は「スピード感」にある


DSCN9091vds (1)
MERIDA eBIG.NINE 400
(´・ω・`)メリダの新型29インチハードテイルe-MTB「MERIDA eBIG.NINE 400」に試乗しました。
試乗前大型ホイール29erEMTBなんて、扱えるかどうか不安でしたが……
くせになりそうな走行感でした。
普段使い用に、ちょっと欲しくなりましたよ。まさか29ereMTBが、これ程面白いとはかなり意外。

①走行感はどうだった?
ゼロ加速時は圧倒的パワフル。基本ふらつきなどの心配はない。
29er e-MTBの特徴かもしれないけど、出だしはパワフル。速度に乗ってくるとスピードの乗りが極端に良くなる。
特に最高レベルアシストモード「HIGH モード」のスピード感は、ちょっとオートバイ感すらあった。
(あのスピード感は29er e-MTBならでは)
DSCN9092feq (1)
ドライブユニット Shimano STEPS E8080J
ギヤクランク Shimano FC-E8000 w/ CRE70-B 34 L:165mm
②登り下りは?
基本スピード感が、登りでも健在。楽なのはもちろんの事、パワフルなスピード感すら味わえる。
15~20km・hはアシスト感がパワフルだが、それ以上に速度が伸びてくると上り坂でもスピードが加わる。
(もちろんアシスト制限はあるけど。29er eMTBの走りの特徴は「スピード感」にある)

この立ち上がりからの「スピード感」は27.5インチや26インチなどのeMTBにはない魅力だ。
(´・ω・`)ちなみに、パワフルかつスピーディーな走りをするが、脚力的負荷は非常に少ない。
もっとも、アシスト制限がありますけどね。うらめしい。
登り坂でのスピード感は相当な物。
「なんで漕いでいないのに、ここまで登りの速度が出せるのか?」という罪悪感すら感じる。
シマノSTEPS E8080シリーズと、29erの組み合わせは非常に相性がいいですね。
STEPS E8080:人力=2:1くらいの比率かな。
つまり走りの6割以上はeMTBが担当し、人間は3割程度位の感覚でした。
DSCN9091vds (2)
③悪路走破性は?
それ程悪路があった訳でもないが、路面状態が多少悪くてもものともしない。
それどころか、平地でのアシストが加わった後の疾走感がある。
(´・ω・`)あと、登り下りに強いだけではなく、平地で走りに強いeMTBだ。
私の外にも、かなりの方々が試乗されていましたが、案外スムーズに乗りこなしていたのでだれでも乗りこなせると思う。

④快適性は?
基本的にタイヤボリュームが、快適性やクッション性を担当。
通常のeMTBよりも、速度に乗り易いタイプですね。
あと重量感よりも、軽快性があるeMTBです。はい。
DSCN9103vds (2)
シフター Shimano Deore
基本リア変速だけ操作になるので、変速操作はシンプル。
全体的な走りは、アシストモードの選択によって変化する。
DSCN9097few (1)
ハンドルバー MERIDA Expert CC MAT aluminium 720
ハンドルステム MERIDA Expert CC MAT aluminium 31.8 L:70mm(S) L:80mm(M)

ディスプレイ Shimano SC-E7000
シマノ STEPS E7000 ワイヤレスサイクルコンピューターがシンプルな表示で良かった。
アシストモードや時速が、シンプルに表示される。
ステム位置に配置されたディスプレーもいいけど、こんな小さなパネルでも必要最小限の情報を表示してくれるんですね。
ハンドル周りがすっきりしていて、個人的に好み。
DSCN9095grw.jpg
フォーク Suntour XCR34 LOR Air 100 STR Tapered
F.ハブ Shimano MT400-B 110x15 WHF 32 SPH Centerlock
タイヤ Maxxis Ardent Race 29x2.35" fold
⑤29erながら、グリップ力を生かし急カーブでも対応可能。
(´・ω・`)攻撃的に曲がるんですよね!
特にコーナーリングを、29erが快速かつ攻撃的にこなしていくのが快感でした。
滅茶苦茶曲がりやすい……
てっきりふらついたり、コーナーリングに苦戦するかと思い込んでいましたよ。
ドライブユニットに、強力なシマノSTEPS E8080シリーズが用意されているじゃないですか?
アシストを利かせながら、パワフルにカーブをこなしていくのが楽しすぎますよ。
DSCN909e9 (1)
フレーム eBIG.NINE LITE II
バッテリー Shimano E8035J 504Wh
フレームはダウンチューブ下に内臓。通常ダウンチューブ上部にバッテリーが配置されているが、このタイプは見た目がすっきりしている。
(´・ω・`)なんだか、銃器みたいな迫力があったけど。
ちらりとBB周辺から見えるモーターで、ようやくeMTBと識別出来る。
ちなみに重量感があるけど、実は21.1kg(S)と軽量なMTBなんですよね。
DSCN9092feq (2)
ちょっと見ていて面白かったんですが。
ダウンチューブがモーター部のカバー代わりになっているんですね。
DSCN9094few (2)
E-BIKE ならではの快適な走りを実現する扁平チェーンステイ
基本快適性よりもメリダらしく、速度を乗せやすい走りを得意とする。
(´・ω・`)メリダロードとの共通点なんか皆無かと思っていましたが。
やはりメリダブランドの一員らしく、速度の乗せやすいという長所が共通しています。
(もっとも、アシストパワーを利用しての速度だけど)
登りや悪路もこなせるけど。
平地で長時間走行する際に、楽しそうなeMTBでした。舗装路での走行に、かなり適していますね。
つまり山用でもあり、普段使い向きに適している。
DSCN9094few (1)
R.ディレーラー Shimano Deore Shadow+
ギヤ Shimano HG500-10 11-42

(´・ω・`)あと試しにアシストスイッチを切って自走してみました。
平地はどうという事なかったのですが。
ゆるい上り坂に差し掛かった途端、結構走りが重くなります。
やはりアシストパワー無しでは、あの登りのスピード感は発揮できない。
基本バッテリーが切れると、特に登りでの走りは地獄になる。
DSCN9097few (2)
スタンドは標準装備。
DSCN9102few.jpg
R.ブレーキセット Shimano MT-200
DSCN9103vds (1)
サドル MERIDA Comp CC
シートピラー MERIDA EXPERT CC MAT aluminium 34.9

DSCN909e9 (2)
(´・ω・`)ちなみにメリダの方に伺った所、この29er MERIDA eBIG.NINE 400が今の所一番人気だそうだ。
個人的には試乗した後に、一番魅力を感じてしまうタイプのeMTBだと思います。
Ghost - Slamr S8.7+ フルサスペンション Eバイク (2019)

スポンサードリンク

2019年10月24日 トラックバック(-) コメント(-)