超軽量7.1kgエアロロードの世界 2020 SCOTT ADDICT RC PRO(スコット アディクトRCプロ) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > SCOTT(スコット) > 超軽量7.1kgエアロロードの世界 2020 SCOTT ADDICT RC PRO(スコット アディクトRCプロ)

超軽量7.1kgエアロロードの世界 2020 SCOTT ADDICT RC PRO(スコット アディクトRCプロ)

20191128103018ac2cd.jpg

2020 SCOTT ADDICT RC PRO(スコット アディクトRCプロ)
これはスイススコットのヒルクライムやレースで使用されるモデルですね。
2020年モデルよりフルモデルチェンジを果たした、超軽量ディスクブレーキ専用モデル「SCOTT ADDICT RC PRO」を見学しました。
変わった……超軽量モデルながら、高速巡行性能も高めた新型エアロモデルに激変ですよ!

これが最新のSCOTT ADDICTモデルか……完全にエアロ形状になっているではないですか?
SCOTT FOILシリーズの特徴であった、エアロフレームをアディクトにも投入する形になったという。

にしても、ここまでエアロ形状かつディスクモデルながら実測7.1kgって……・
2020年モデルよりハイエンドモデルだけに採用されていたHMXカーボンを採用。
超軽量&高剛性のHMXカーボンで成型された軽量フレームを、新型SCOTT ADDICT全モデルに投入。
下位グレードのHMFカーボンの採用は見送ったので、新型2020はカーボン面でのグレードUP化が図られています。
2020年モデルより多少重量のかさむディスク専用モデルになった訳ですが、その分各部を徹底的に軽量化を図ったとか。
DSCN3170dwq.jpg
(´・ω・`)これは凄い……スコットの新型も全然ケーブルが見えない。
2020 SCOTT ADDICT RC30の場合は専用ハンドルにステムが独立しているけど。
上位モデルのADDICT RC PROの場合、ステアリング回りのケーブルは、完全にインターナルではないですか……。
ステム一体型のクレストンカーボンハンドルを採用。
「Syncros COMBO CRESTON iC SL」という名称で、新型SCOTT ADDICT RC PRO専用に開発されたカーボンハンドル。
いずれにしても、上位モデルもミドルグレードもスコットは独自にハンドル部を専用設計する方向性ですよ。
ステム辺りのカバーは、マグネット式なので簡単に着脱可能だそうだ。
201908091035192644.png
V字型デザインの恩恵で、応力が集中する角張った部分が全く存在しないそうだ。
ねじれ剛性が前モデルに比べて26%向上。
ゴールスプリントなどの局面で、力を発揮する。
DSCN3167dwq.jpg
ブレーキ  Shimano BR-R9170 Hyd Disc 160/F and 160/R SMRT900 CL rotor
ホイール Syncros Capital 1.0 35 Disc 18 Front / 24 Rear Syncros thru-axle plug-in SL
タイヤ Schwalbe ONE V-Guard Fold 700x28C
タイヤはスコットが推奨する28Cサイズのタイヤが用意されていた。
32C程度? のクリアランスがありそう……
最新鋭の超軽量エアロロードに、レトロな外観のスキンウォールタイヤというギャップが実にカッコいい……
(´・ω・`)こういうセンスって、なんか上手いと感じてしまった。

ダウンチューブ部はトライアングルに近い形状。ブレード形状ではないのですが、カムテールっぽい形状か?
DSCN3169dwq (1)
チェーンステーやフォーク部は中空構造になっていて、軽量化を果たしている。
エンド部分に至るまで、空になっている分、軽量性を稼いでいる訳だ。
201908091042344633.png
エンドやフォーク先端はフレームに包み込まれるようなサンドイッチ構造。
中空デザインのスルーアスクルと組み合わされることで、軽量化にも貢献している。
スルーアクスルを採用する事により、軽量化に成功した訳だ。
DSCN3173dwq.jpg
2020年モデルよりディスクブレーキ専用ということで、シートステー部に配されていたブレーキキャリパーが廃止になった。
衝撃吸収性をより重視したシートステー形状が可能に。

さらにコンパクトリア三角形状を採用することにより、シートチューブとリアホイールのクリアランスが狭くなっている。
ペダリングの際、大腿部で空気が大きくかき乱される個所を整流する効果があるという。
DSCN3168dwq.jpg
フレーム  Addict RC Disc HMX Road Race geometry /Replaceable Dropout internal cable routing
超軽量性を生かしヒルクライムに、更にはダウンヒルでもディスクブレーキの制動力を生かす事が可能。
更にはエアロ性能を生かした、巡行性能も獲得している。
DSCN3174dwq (1)
フロントディレーラー Shimano Dura-Ace FD-R9100
クランク Shimano Dura-Ace FC-R9100 Hollowtech II 53x39 T
BB Shimano SM-BB92-41B

リアディレーラー Shimano Dura-Ace RD-R9100 22 Speed
チェーン Shimano Dura-Ace CN-HG901-11

上位モデルということで、デュラエースが採用されていた。
BB周辺はエアロ形状というよりは、踏み込んでも負けない為の剛性を稼いでいるかのような形状。
またチェーンステーは上から観察すると細目ですが、横から見るとボリュームがある。
やはりエアロモデルらしい、チェーンステー形状でした。
DSCN3172dwq.jpg
シートポスト Syncros Duncan SL Aero
新型超軽量シートクランプの重量はわずか12g。
通常のFOILより50gも軽量化に成功しており、前面から固定するタイプです。
シートクランプは形状化しただけではなく、シートピラーに優しい確実な固定力も確保してある。

シートポストは後に行くほど鋭角な、エアロな三角形形状になっていました。
(コンパクトシートステーを採用すると、どうしてもこういう三角形形状のシートポスト形状になってしまうのだろうか?)
新型ADDICTの為に専用設計されたシートポストで、剛性面も重視しています。

またトップチューブ後方に、「RC」というマークが光沢感を伴い記載されていまして。
他にもスコットのロゴなどが、隠れる様に記されているので色々探しても楽しそうです。




(´・ω・`)さてウィグルのBlacK Fridayについてですが。
サイトへのアップはいよいよ11/29(金)の日本時間午前2時になります。
1000点の商品が対象となります!
どんな完成車モデルが割引になるのか。ちょっと気になりますね。
何かサプライズがあるといいのですが。
ウィグルBlacK Friday 11/29(金)

スポンサードリンク

2019年11月28日 トラックバック(-) コメント(-)