遂に発見!2020年超最速モデル! 2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISC試乗体験インプレ ☆☆☆☆☆星五つ進呈 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 遂に発見!2020年超最速モデル! 2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISC試乗体験インプレ ☆☆☆☆☆星五つ進呈

遂に発見!2020年超最速モデル! 2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISC試乗体験インプレ ☆☆☆☆☆星五つ進呈


DSCN3116f4ca.jpg
2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISC試乗体験インプレ
2020年モデルよりモデルチェンジした新型FUJI TRANSONIC 1.1 DISCに試乗しました。
☆☆☆☆☆星五つ進呈。2020年モデル中最強クラスのエアロロードですね。
つまりTRANSONIC 1.1 DISCは最速モデル 優勝候補筆頭って奴ですよwww

DSCN3122csa.jpg
 ( ;゚ω゚)……なにこれ?
全体的なエアロ化やカムテール化が進んでいると聞きましたが……まさかここまで艶めかしいデザインになっているとは……
まるで腰のくびれみたいなダウンチューブ形状。
これでも全モデルよりも、エアロ化が進んでいるというから驚きですよ。
フレームはトップグレードのC15-Ultra-Light,High-Modulus Carbon。
なのに、デザインやパターンで、FUJIは遊んでいますね……。
世界最速仕様女性用エアロロードFUJI SUPREMEを参考にしているせいか、外見は男性的ですが。
近づくとフレーム形状が、女性的な感じもします。
DSCN312fre7 (1)
ヘッド周りの剛性アップに加え最新の高圧縮成を利用しカーボン積層を改良することで軽量化を実現。
ステム一体型ハンドルやー!
どこの最新モデルもハンドル周りが、完全インターナル仕様という場合が実に多くなりましたね。
DSCN3114csa.jpg
袖ヶ浦フォレストレースウェイ試乗前の様子。
完全にウェット。
(´・ω・`)うーん、これでFUJI TRANSONIC 1.1 DISCの走行性能が把握できるんだろうか?
多少不安を残し、試乗。
全くの杞憂に終わりましたが。
DSCN3117csa (1)
2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISC試乗体験インプレ
①ゼロ加速性能が重い。硬い。

( ;゚ω゚)……うわ……なんだこのフレーム。硬い……そしてゼロ加速性性能が重い。
ペダルを踏みこみと、フレームの硬さが体を襲ってくる。

??? なんだこのエアロロード? 濡れたサーキット路面が影響しているのか?
結構重いエアロロードなのかしら? とりあえずペダルを回していく事に……・
DSCN312fre7 (2)
②走行中、突然走りが激変する!!
( ;゚ω゚)ん? ペダルを回していると、おかしな変化が。
グイン! グイン! グイン! と急激に速度が伸びて行きます!!!
84118f75cdsxsac.jpg
???? え? え? え? えっ??(少しパニくりました)
速度に乗るとドン!! と更に鬼加速を開始!!!
そのまま、高速域でサーキットを疾走開始します!!
あまりの速度の急激な伸びとパワーに管理人絶句。
高速域が実に得意なエアロロードで、速度に乗せようとする過程のパワーは少し変態です。
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブルあの急激に速度が上がっていく感覚が、あっ、あり得ないから……

(低速時)重い→まるで二次曲線グラフの様に急激に加速→(高速時)無敵の高速性を発揮。
(´・ω・`)うん、こんな感じでバトンタッチリレーの様に速度が変化していきます。
まるで航空機のTAKE OFFですよ!
加速中まるでコースから離陸でもしているような感覚に襲われた。
低速域から一気に、高速域に切り替わる過程はちょっとショックを受けました……なにこれ?
DSCN3117csa (2)
③高速でコーナーリングに突撃する!
( ;゚ω゚)はわわわわっ!
高速でコーナーリングに突っ込んでいく!

FUJI TRANSONIC 1.1 DISCは、グィーーーーーンと大して減速もせず、カミソリの様にコーナーリングをこなしていく。
あのコーナーリングでの走りの鋭さ……カミソリという表現以外あるのだろうか?
あれだけの速度でコーナーリングを突っ込んだのに、この鋭さと安定感は何よ?
DSCN3121cas.jpg
④雨天時の影響は受けたか? 
基本、影響は受けにくいエアロロードでした。
多少水たまりなども存在し、速度面で影響を受けるかと思いましたが。
基本ディスクブレーキは、スピードコントロールに実に有効。
DSCN3123.jpg
⑤エアロ性能は?
エアロ性能かどうかは分からないが……
馬鹿にみたいに高速域を得意とするエアロロードなのは間違いない。
特に一度速度に乗ると、馬鹿みたいにどんどん速度を乗せようとするのだ。
登りなどでは、多少脚力を必要とするが速度の乗りに変化が生じにくかった。
まずは速度に乗せるまでが、勝負のエアロロードですね。
一度速度に乗せてしまうと、フレーム剛性を発揮した無敵のスピード性能を発揮するはずだ。
あの速度は、間違いなくフレーム剛性由来のものですね。
サーキットの路面はウエットでしたが、危なげなくスピードを発揮する様は少し圧倒されました。
DSCN3126cas.jpg
⑥速度に乗せるまでが勝負の、ガチレーシングエアロロード。
正直恐ろしく低速域に弱いエアロロードだ。ゼロ加速時における伸びの低さや重さは、どうしても体にくる。
だが一度速度に乗せてしまえば、TRANSONIC 1.1 DISCは無敵の高速性で他のエアロードを圧倒していくはずだ。
登り下りコーナーリングが得意というよりは、高速を維持しながら上下左右の走りをこなしていく点に注目。
DSCN3120csaacsa.jpg
コンパクトリア三角に、ディスクブレーキ形状。
世界最速仕様女性用エアロロードFUJI SUPREMEの技術が取り込まれていますね。
(´・ω・`)なんか試乗する前から、FUJI TRANSONIC 1.1 DISCの異様なオーラーに圧倒されてしまいました。

⑦快適性は?
そんなに高くない。フラグシップらしく硬いフレームだし。
かつてのFUJI SLを思わせる高剛性フレームだ。
どうも極限までスピードを出す事にこだわった、変態みたいなエアロレーシングフレームですね。素敵。
速度が乗れば乗る程、走りが楽になります。
51xYnOiN7XLcdssdcs.jpg
多分高速域での走行性能は、2020年モデル中最強クラスにノミネートしてもいいかも。
あの速さ……ちょっと規格外というか、異常クラス……

高速域での推進性を、何倍にも増幅したかのような危険なパワーを誇りますので。
それ位ヤバいチートなエアロロードです。
世界最速仕様女性用エアロロードFUJI SUPREMEの技術を引き継いだ、新型エアロロードと聞いていますが。
確かに世界最速にこだわっている点は、間違いなかったです。
(´・ω・`)なんかエアロロードの性能も、行くところまで行ってしまったな……ほぼエアロロードの進化もFUJI TRANSONIC 1.1 DISCが最終形態なのでは?
最速にこだわりたい方は、間違いなくFUJI TRANSONIC 1.1 DISCがガチ。
FUJI (フジ) 2020モデル TRANSONIC 1.1 DISC マットカーボン サイズ52(171-176cm) フレームセット

スポンサードリンク

2019年12月01日 トラックバック(-) コメント(-)