なぜコルナゴはCLXにV2Rの技術を導入したのか?  2020 Colnago CLX Evo Disc(Ultegra) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > なぜコルナゴはCLXにV2Rの技術を導入したのか?  2020 Colnago CLX Evo Disc(Ultegra)

なぜコルナゴはCLXにV2Rの技術を導入したのか?  2020 Colnago CLX Evo Disc(Ultegra)

uti647fyu.jpg
Colnago CLX Evo Disc(Ultegra)
5代目となる新型Colnago CLXのディスクモデルですね。
V2-rの設計を継承したモデルが5代目Colnago CLX な訳ですが。

コルナゴは長い歴史のあるロードブランドで知られていますが、誰もが所有できるように価格設定を低く設定しているアルミモデルを提供してきました。
ですが、一般的に他ブランドの同価格の競合製品と比べると、それほどリーズナブルとは言えません。
ハイエンドカーボンモデルとなると、高価です。
そこでColnagoは高価なV2Rのより手頃なバージョンとして、5代目となるCLXを一から作り直しました。
つまりこのモデルは5代目CLXであると同時に、ハイエンドモデルV2Rの後継機でもある訳です。
V2Rの技術を、リーズナブルにユーザに提供する為のモデルととらえていいでしょう。
it685.jpg
ハイエンドのV2Rに基づいてCLXは手頃な価格のカーボンを採用。また独自仕様ではない丸形シートポストを使用しています。
黒に塗る方が塗料が重くなり安価ですが、この仕上げもよりスタイリッシュに見せる効果に一役買っています。

(´・ω・`)そんなリーズナブル路線のCLXモデルですが、2020年モデルからディスク専用モデルとして販売展開しています。
日本国内においては105仕様ディスクモデルですが、海外ではアルテグラ仕様ディスクモデルも存在。
価格を抑えた(コルナゴにしては)アルテグラディスクモデルとなっています。
DSCN7381bgdngf.jpg
COLNAGO CLX(2019)
ではCOLNAGO CLXの実際の走行性能はどうだったか?
①レーシング系ロードをコンフォート寄り
②徹底的に乗り易さと快適性を重視してある。
③速度に乗ってくると、次第に新型COLNAGO CLXのレーシング性能が際立ってくる。


あくまでキャリパーブレーキ仕様の試乗データーですが。
コンフォート一辺倒の走りではなく、レーシング系ロードを出来るだけコンフォートモデル寄りにした印象。
COLNAGO V2-Rというよりは、旧COLNAGO V1-Rが有していた高い快適性を引き継いだかのような走りだった。
ある程度速度に乗ってくると、剛性が際立ってきます。
特に速度が伸びてからの、加速性はなかなかのものです。
とはいえCOLNAGO V2-Rの様な爆速ではないけど。速度が伸びている最中の安定感はなかなかのものです。

(´・ω・`)平常時はコンフォートな走りをしますが、それなりに強力な脚力を受け止める事が出来るレーシング性能を意識したフレームです。それこそが5代目CLX。
カーボン素材を変更したとはいえ、COLNAGO V2-Rのレーシング性能を確実に引き継ぐことに成功したレーシング系コンフォートモデルですね。
ryye643.jpg
2020 Colnago CLX Evo Disc(Ultegra)ロードバイク
5代目になるColnago CLX Evoをディスク化した2020 Colnago CLX Evo Disc。
Colnago CLX Evoはキャリパーブレーキモデルから、ディスク専用モデルとして2020年モデルのラインナップに登場しています。

Colnago CLX Evoはリーズナブルながら最高のパフォーマンスを提供するために作成されており、自信を持ってレースに参加できます。
Shimano Ultegra ディスクブレーキにShimano Ultegra 11スピードグループセットを備えており、レースでの表彰台への入賞を視野に入れたパーツ構成になっています。
kiu764.jpg
海外英国Colnago CLX Evo Discには、日本国内にはないUltegraディスクバージョンが存在します。
日本国内モデルはCLX Disc105仕様。
105仕様と同様のカラー展開です。
jut6u48.jpg
シフトレバー Shimano Ultegra ST-R8020、11スピード
全てのコルナゴモデルと同様に、コルナゴクローバーリーフロゴをヘッドチューブに配置。
ikr4u65y3.jpg
コルナゴモデルは応答性の高いハンドリングで知られ、堅くて反応の良いフォークはCLXの重要なポイントです。
ktu8u64.jpg
フロントホイール Fulcrum Racing 600 DB、クリンチャー
フロントブレーキ Shimano Ultergra BR-8020油圧ディスク
iout5684.jpg
ikut453.jpg
タイヤ Continental Ultra Sport II、700x25、クリンチャー
フォークとダウンチューブは風洞実験を行い、洗練されたエアロデザイン。

カムテール形状を利用することにより、余分な素材(および重量)を使用せずにフレームを堅く保ち、空力抵抗を非常に低く設定。
エアロロードバイクに迫るエアロ形状を獲得しています。
iky7564.jpg
フロントディレイラー Shimano Ultegra FD-R8000
クランクセット Shimano FC-R8000 11スピード、52x36T
BB規格スレッドフィット82.5
対応BB プレスフィットBB86

ilutr65y.jpg
サドル Prologo Kappa RS STN
シートポスト コルナゴカーボン、27.2mm
Colnago CLX Evo Ultegra Discは軽量で剛性が高く、レースに対応したジオメトリにより、すべてのパワーを道路に伝達するために最適化されています。
剛性にも関わらずこのバイクは非常に快適で27.2mmカーボンのシートポストが路面からの振動を吸収し、疲労や不快感を感じることなく1日中乗ることができます。
またトップチューブ後方に、エルネストの署名があります。
liukt5y34.jpg
kut645.jpg
カセット Shimano Ultegra CS-R8000、11スピード、11-28T
コルナゴはリア三角にロングライド時における快適性を確保すると同時に、反応がよく、動力伝達も重視しています。
it685.jpg
Colnago CLX Evo Disc (Ultegra) Road Bike 2020
ggi7y79.jpg
参考価格 ¥93707→割引 46% ¥50900

Look AC 364 Heritage Frameset

スポンサードリンク

2019年12月11日 トラックバック(-) コメント(-)