2020 BASSO ASTRA DISK試乗体験インプレ  推進力に変換するというよりは、スマートに推進力へ変換する能力に長けている スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BASSO(バッソ) > 2020 BASSO ASTRA DISK試乗体験インプレ  推進力に変換するというよりは、スマートに推進力へ変換する能力に長けている

2020 BASSO ASTRA DISK試乗体験インプレ  推進力に変換するというよりは、スマートに推進力へ変換する能力に長けている

DSCN3143hrt.jpg
2020 BASSO ASTRA
こ、これが新型アストラディスク……
長い間バッソのセカンドグレードに君臨してきたれバイクモデルですが。
遂に2020年モデルよりエアロ&ディスクフレームにフルモデルチェンジした、新型BASSO ASTRAに試乗しました。

凄い……この新型、とことんエアロフレーム形状に進化している……
ボリューム満点だった、旧アストラの面影がないですよ。
エアロレース専用フレームに生まれ変わったらしいのですが、どんな走りになるのか?
アルテグラ仕様で478000円と割とお手頃に買える、アルテグラ仕様エアロロードでもある訳ですが。
DSCN3115csajt.jpg
エントリーカーボンモデルのBASSO LAGUNAなどに試乗してみると分かりますが。
BASSOは結構エントリーグレードでも、それなりの剛性を持たせてくるイタリアンブランドですから。
上位モデルはどういう走りをしてくるのか興味深々で試乗しました。
雨天時でしたが、サーキットが開放されていた時間帯でしたのでサーキットコースにおける試乗データーになります。
DSCN3154nfnf.jpg
フレーム BASSO ASTRA FRAME KIT

2020 BASSO ASTRA試乗体験インプレ

①スルスルしたスマートな加速が魅力
( ;゚ω゚)……あれ? あれ? あれ?
このスルスルした加速感は一体全体……


いえてっきりあのBASSOモデルらしい大剛性を生かして、爆発的に加速するかと思っていたのですが。
スル、スル、スル、スル、スル、スル、スル、スル、スル……永遠にスピードのループ。
踏み込むと実にスマートに、連続した加速が加わります……効率がいいな……
公式にはダウンチューブのネジレ剛性は上位モデルDIAMANTE譲りの剛性感を持ち、ペダリングパワーを瞬時に推進力へと変換……とありますが。効率的に推進力へと変化が正しいですよね。


②脚力をそれ程必要としない
これ効率が良すぎるエアロフレームだ……速度を乗せるのにそれ程脚力を必要としないし、ゼロ加速からサーキット場を巡行するのに一貫した速度に乗せるのが得意。

DSCN3146nhf.jpg
高剛性ではないが、効率良く剛性を発揮するフレーム。
かなり一定のペースで、速度をフレームが供給してくれます。
爆速という訳ではないですが、周回コーススタート時から終了時まで変わらない走りでしたね。
DSCN3151hrrh.jpg
快適性や衝撃吸収性は?
平坦サーキットですから衝撃吸収性は分かりにくかったですが、標準クラス?
すくなくとも縦剛性などが先行した、硬いエアロフレームではありません。
スマートな加速を一定のペースで供給してくる、長距離ランナーみたいなエアロフレーム。

アストラディスクはパワーを瞬時に推進力に変換するというよりは、スマートに推進力へ変換する能力に長けている
(´・ω・`)ある意味エアロフレームとしては、王道路線の走りをしてきます。
FUJI TRANSONIC 1.1はサーキットにおいて速度に乗せるまでが大変だったけど。
2020 BASSO ASTRAディスクは際最初から、速度に乗せるのが得意。


サーキット登り下りでの走りは?
フレーム重量が960gと軽量なだけあって、登りは結構楽が出来たし速度も落ちにくい印象。
下りのスピード感も楽しかったけど、登りが楽だった。
DSCN3148h4.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-R8070
ディスクブレーキは?
油圧アルテグラグレードのお蔭で、雨天時においても確実にスピードコントロールが可能。
巡行時における速度調整や、下りなどで出番が多かった。
サーキットはウェットコンディションだったが、ブレーキ性能などにおいて特に問題無し。

王道路線のエアロロードではあるけど、扱い易い
割と何でもこなせそうなエアロフレームだ。
低速だろうが、高速域だろうが変わらない走りをするエアロフレーム。
スムーズな剛性感と軽量感を最も優先させている。
もちろんレーシングフレームではあるけれど。走りにおいて抵抗感を削っていエアロフレームですね。
乗り手の実力を何番にも増幅するタイプのハイエンドエアロフレームではなく、乗り手の実力に寄り添いサポートしてくるタイプ。
少なくとも剛性一辺倒ではないのは確か。
DSCN3145hy.jpg
新型アストラディスクのエアロフレーム形状は、走りの効率を追求した方向性
DSCN3150hr.jpg
ハンドルバー C-C400MM
ステム BASSO ORIGINAL


DSCN3149nfh.jpg
DSCN3144rhrt (2)
フロントディレーラー  SHIMANO FD-R8000
チェーンホイール SHIMANO FC-R8000 50-34T 170MM
DSCN3155hrt.jpg
BB SHIMANO SM-BB72-41B

DSCN3152nffn.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R8000
カセット SHIMANO CS-R8000 11-28T
ストレートフォークとリアトライアングルは、ハイエンドモデルDIAMANTE SVの技術を流用。
とはいえ……ハイエンドモデルの様に加速性を高めているというよりは……
長距離での使用の際快適に走る事を重視している印象。
おそらくハイエンドモデルDIAMANTE SVなどは、新型BASSO ASTRAの性能を踏まえ高剛性に仕上がっているんでしょうね。
DSCN3144rhrt (1)
ホイール SHIMANO WH-RS171
タイヤ VITTORIA ZAFFIRO 25C

快適なアルテグラ油圧ディスクブレーキの恩恵もあるだろうけど。
操作系において、負荷が少ない。
スプリント系エアロロードというよりは、一定のペースで疾走可能な巡行を得意とするエアロロードという感がありました。
変に快適性を重視しているわけではなく、どんだけ乗り手の負荷を減らせるかに心を砕いているかのようなエアロロードだった。
特に豪脚ではくても、するする走れてしまうエアロロードなので脚力に自信がない場合でもそれなりの走りをしてしまうのでは?
バッソ ヴァイパー 105 MAVIC KSYRIUM PRO EXALITH (ダークブルー) 2020 BASSO VIPER 105 ロードバイク

スポンサードリンク

2019年12月15日 トラックバック(-) コメント(-)