新色マットネイビー登場 2020 COLNAGO A2-R 105 A2NS(マットネイビー) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > 新色マットネイビー登場 2020 COLNAGO A2-R 105 A2NS(マットネイビー)

新色マットネイビー登場 2020 COLNAGO A2-R 105 A2NS(マットネイビー)

a2r1050_5.jpg
2020 COLNAGO A2-R 105 A2NS(マットネイビー)
(´・ω・`)ふむふむ。コルナゴのハイエンドアルミモデルCOLNAGO A2-R 105についてですが。
2020年モデルから新色のA2NS(マットネイビー)が登場したのですね。
2020年モデルも105とTIAGRA仕様の2グレード展開。
A2-r 105 価格 185,900円 (税込)
A2-r TIAGRA 価格 152,900円 (税込)

結局旧モデルのA1-rより、リーズナブルになった事で人気が出た訳で。
a2r1050_8.jpg
フォーク COLNAGO C-RS Carbon
ホイール COLNAGO ORIGINAL(ALEX CX28)
タイヤ CONTINENTAL ULTRA SPORT II 700×25C


フォークコラムに関しては105仕様はカーボン。TIAGRA仕様はアルミ。
105仕様にはカーボンモデル「C-RS」のフロントフォークを採用する路線は継続。
DSCN7408swqcds.jpg
Colnago C-RS ULTEGRA
最近のコルナゴモデルはモデル別にフォーク形状に個性が出ていまして。
例えばCOLNAGO CLX Carbonフォーク部はエアロ形状だけど、C-RS ULTEGRAのフォーク部は剛性を重視した形状。
C-RSはそもそも爆速な剛性&パワーフレームを有したマッチョななカーボンモデル。
一見インテグレートシートクランプを採用しているのでエアロ効果を有したカーボンモデルに見えますが。
(´・ω・`)剛性を重視しまくったパワーモデルです。
ダウンチューブに星形断面形状コルナゴ伝統のジルコ加工を施してある点からも分かるけど。
文字通りエアロロードに対抗する為に剛性を重視しまくった、コルナゴのパワー系ミドルグレードがC-RSですな。
カーボンコラムなので振動吸収性を強化しつつ、軽量化も図っています。
そんなC-RSのフォークを、アルミモデルのA2-Rが引き継いでいる訳ですよ。
a2r1050_13.jpg
フロントディレーラー SHIMANO 105
また上位アルミモデルA1-rのアルミフレームをA2-Rは引き継いだだけあって、ダウンチューブがかなりの極太です。
カステラ箱位? の太さはあるのでは?
フルカーボンモデルC-RSのダウンチューブ形状は角断面化させて剛性を稼いでいる形状ですが。
A2-rアルミフレームはカステラ箱の様な巨大なボリュームを用意して、剛性面を稼いでいる傾向。

A1-rアルミフレームはアルミ剛性を発揮して推進性を強化した、アルミフレームでして。
特に巡行中、軽快にグッ、グッと引っ張っていくフレームパワーは相当なもの。
レーシング性能を意地でもコルナゴは持たせたかったのでは? そう思わせる程、推進性が高い一台。
快適性や衝撃吸収性はたまた、エアロ性能よりは剛性面や推進性を持たせている点が特徴。

(´・ω・`)そう考えるとA2-Rって、今までのコルナゴモデルの流れを上手く引き継いだアルミモデルとも言えますね。
a2r1050_1.jpg
ブレーキ R4700
ただしフレームが飛びぬけて良質な分、パーツ面のグレードを多少落としている点が残念
コンポーネントは105をベースにしているとはいえ、ブレーキはティアグラ。
ブレーキ面でダウングレードしています。
(´・ω・`)だからこそ、これだけリーズナブルな価格設定が出来たのだろうけど。
a2r1050_15.jpg
リアディレーラー SHIMANO 105 11S
スプロケット SHIMANO 105 11-28T
フレームサイズは400S、430S、460S、490S、520S、550S、580Sと用意されているのですが。
A2-rは各フレームサイズごとにチェーンステー長もきちんと設定されています。
(特に推進性などにチェーンステー長が重要になってくるので、サイズ別にきちんと設定してある)
アルミモデルと言えど生産性やコスト面よりも、フレームサイズをサイズ別にきちんと調整するコルナゴの姿勢が伺えます。
a2r1050_11.jpg
フレーム COLNAGO A2-R ALLOY6011
コルナゴアルミモデルは以前からフレームの溶接面に関してこだわりがあります。
AL-6061アルミフレームをスムースウエルディング加工で仕上げているので、溶接面が目立ちません。
a2r1050_14.jpg
クランク SHIMANO FC-RS510 50/34T
BB BB-RS500-PB
アルミモデルながらワイドなシェル幅 86.5mm TIAGRAグレードのプレスフィットBBを採用。
BB周りの剛性も、重視した設計になっている。
ペダリングを受けとめ、推進性に転換する事を重視。
a2r1050_12.jpg
見ての通りA2-rは、シートチューブの接合部付近あたりのシートステー形状が四角形。
A1-rのアルミフレームを流用した、COLNAGO MONDO2.0 TIAGRAのシートステー部も同様の形状。
衝撃吸収性というよりは、シートステー部まで剛性を重視したとしか思えない。
リア三角に生じるねじれやたわみを抑え、推進性を重視した設計になっている。

またトップチューブ後方には「Ernesto Colnago」のサインがあしらわれています。
a2r1050_16.jpg
サドル KAPPA RS VL1917
シートポスト COLNAGO ORIGINAL ALLOY2014

a2r1050_.jpg
2020 COLNAGO A2-R 105 A2MB(ガンメタリック)
a2r1050_1.jpg
a2r1050_2.jpg
a2r1050_3.jpg
a2r1050_4.jpg
COLNAGO A2-Rって、どちらかというとコルナゴらしく走り重視のレーシング系アルミモデルだと思っていたのですが。
コルナゴにしては珍しい、ネイビーカラーを採用。
V3-RSに代表されるコルナゴVシリーズのように、最近のコルナゴはカムテール形状などのエアロ化が進んでいますが。
COLNAGO A2-Rの様にエントリーアルミモデルとはいえ、剛性重視の姿勢はずっと貫かれています。
(´・ω・`)どちらかというとストイックなレーシング系デザインが多い印象でしたが、ちょっと珍しいネイビーカラーなどを採用してデザインやカラー面に力を入れてきたのかも。
やはりコルナゴの試乗会においても、 COLNAGO A2-Rを求めて真剣に試乗される方が多いそうだ。
数が出ていて手に入り易い分、COLNAGO A2-Rの性能を実際に体験したいというのも良く分かります。
表示価格より割引/要確認  A2-R 105 2020モデルCOLNAGO(コルナゴ) ロードバイク  送料プランC 23区送料2700円(注文後修正)

スポンサードリンク

2019年12月20日 トラックバック(-) コメント(-)