コルナゴより新型グラベル2020 Colnago G3-X登場  影のCOLNAGO V3-RSグラベルモデルか? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > コルナゴより新型グラベル2020 Colnago G3-X登場  影のCOLNAGO V3-RSグラベルモデルか?

コルナゴより新型グラベル2020 Colnago G3-X登場  影のCOLNAGO V3-RSグラベルモデルか?

colnago-g3x-gravel-bike14_0.jpg
2020 Colnago G3-X
最近グラベルロードの普及が著しいですが。
( ;゚ω゚)……とうとうコルナゴ初のグラベルロード「Colnago G3-X」が登場ですよ……
あのコルナゴが? グラベル? 
確かにコルナゴ ワールドカップなどの競技用シクロクロスなどを長年送り続けているイタリアンブランドですが……。
遂にコルナゴまで……

これ、海外だと最大700Cx42および650bx47タイヤに対応したフルカーボンフレーム&フォークという話ですが。ほんと?
しかもシマノグラベル専用コンポGRXを採用した本格グラベルですよ。
なんかコルナゴって一番GRXと縁のないイタリアンブランドだと、勝手に思っていましたよ。
20191221134807a22deq.jpg
COLNAGO V3-RS
しかも新型グラベルColnago G3-Xは、この新型COLNAGO V3-RSと同時期に開発されたそうだ。
(´・ω・`)そう言えばCOLNAGO V3-RSって剛性面が強化されていて、コーナーリングや機動性がやたら高かったですけど。
Colnago G3-Xにも剛性面や機動性など共通するポイントが多いそうだ。
更にはグラベルにもエンデュランスにも使える新型グラベルモデルか。

COLNAGO V3-RSのグラベル版と考えていいの?
確かに両モデル共にコンパクトリア三角形状だけど。
colnago g3x 2 (1)
チェーンステイをチェーン暴れによる傷から保護するためのラバーガードが用意されている。
BB下にもシールドが用意されているので、最新の悪路対策を打った新型グラベルだ。


G3-Xは砂利道やアドベンチャーライディングに使用する為に、いくつかのジオメトリがグラベル向けに考慮されています。
①ロングチェーンステーと低いBBの位置
悪路でのバイクの走行安定性を目指したもの。

②短いステムの使用に合わせて設計された長いフロントセンターが特徴。
長いフロントセンターと、短いステムの使用はマウンテンバイクからきたアイディア。
Cervelo ASPERO を始め、いくつかの新型グラベルバイクが採用している路線です。
フロントセンターが長いとホイールベースが長くなり、ハンドリングやコーナーリングなどが安定し易くなります。
20190918153106994cacax.jpg
2020 Cervelo ASPERO DISC APEX 1x ハンドル部
短いステムの使用に合わせて設計された長いフロントセンターというアイディアは、最新のグラベルロードに頻繁に採用。
(´・ω・`)確かにCervelo ASPERO は、長距離の快適性のために快適なフィット感を維持しながら、優秀なハンドリング性能を極めた過酷な環境向きなグラベルロードという印象でした。
MTBの技術が既に、各ブランドの新型グラベルに流用されていた訳か……
やはりロードのMTB化の波が、強くなっているんだな。
colnago-g3x3.jpg
CARBON MONOCOQUE SEATPOST
なんとグラベルモデルながらエアロシートポスト付き内部シートクランプを採用?

なんとV3-RSからヘッドチューブとトップチューブなどのフレーム形状が似ている。
V3-RSってカムテール形状を取り入れたエアロ性能が特徴の、エアロロードでもあるから……
( ;゚ω゚)……という事はColnago G3-Xはエアロ性能を取り入れた、新型コルナゴグラベルモデルって事?
MTBのテイストとエアロロードのテイストの合体!?
Colnago-G3X-Disc-Adventure-Road-Bike-2020.jpg
colnago g3x 2
ステムはDeda製、シートポストはColnago独自のもの、サドルはPrologo製。
タイヤはPirelli Cinturato Gravel 40mm。
(´・ω・`)あ、トップチューブマウントも用意されている。
とはいえ、余分なマウントを必要とする冒険的なバイクパッキング系グラベルモデルではないそうです。
高速グラベルライディングの為に、設計された新型グラベルという所がコルナゴらしいですね。。
ですので、マッドガードなどの取り付けは想定していないとの事。
colnago g3x 2 (2)
ケーブルはダウンチューブに用意されたポートに入る、センターインテグレーションタイプ。
ブレーキには160mmローターを採用したBR-RX810を採用。
12mmスルーアクスルを備えています。
colnago g3x
フロントディレーラー FRONT DERAILLEUR, FD-RX810, GRX, FOR REAR 11-SPEED
クランクセット DFRONT CHAINWHEEL, FC-RX810-2
Rear Derailleur
リアディレーラー RD-RX810, GRX, 11-SPEED, TOP NORMAL, SHADOW PLUS DESIGN, DIRECT MOUNT TYPE, BULK
フリーホイール DCASSETTE SPROCKET, CS-R8000, ULTEGRA, 11-SPD, 11-13-15-17-19-21-23-25-27-30-34T

ドライブトレインには48/31Tと11-34Tカセットを備えた、シマノ新型グラベルコンポGRX 810が用意されています。

ラバー素材のBBプロテクターを用意。
また悪路を走行中路面からの小石などの跳ね返りを防ぐために、岩の衝突から保護するために、ダウンチューブにラバー素材のガード「BBプロテクター」を追加しました。
(´・ω・`)英国Orro系カーボングラベルモデルにも、BB下、チェーンステーとフォークブレードの内側にIシールドを配置していますが。
なんと新型コルナゴグラベルモデルにも、プロテクターを用意してきたとは……
これ、完全に仕様の面においても、最新鋭グラベルロードの仕様になっていますね。
気になる……
COLNAGO 「コルナゴ」 C-RS 105 2019 ロードバイク

スポンサードリンク

2019年12月26日 トラックバック(-) コメント(-)