2019年スポーツバイク業界の傾向について振り返る。 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 未分類 > 2019年スポーツバイク業界の傾向について振り返る。

2019年スポーツバイク業界の傾向について振り返る。

DSCN9602hyehki.jpg
CHAPTER2 AO
2019年って、スポーツバイク業界においてどんな年だった??
2019年スポーツバイク業界の傾向について振り返ってみました。

(´・ω・`)うーん。各試乗会場の傾向として、やはりグラベルが強かったかな……。
ピナレロやキャノンデール、しかもサーヴェロなど各ブランドが一斉にグラベルジャンルに乗り込んでくるんだもの。
去年までマイナーなジャンルだったのに、いきなりメジャー化して戸惑いました。
会場内の意見としては「セカンドバイクにグラベルが欲しい」という声があったかな。
普段ロードに乗られている方が、セカンドバイクでグラベルを物色していました。
DSCN0144grvzd.jpg
キャノンデールなど、売れ筋のグラベルロードを前面に出してサイクルモードに復帰。
DSCN9435hc.jpg
シマノブースではグラベル専用コンポGRXを大々的にお披露目するなど、グラベルが一気に人気ジャンルに躍り出ました。
(´・ω・`)やはり米国や英国、欧州でのグラベル人気が遂に日本上陸してきた訳で。
2020年も人気は続きそう……てか拡大するんだろうか?



DSCN3213vfs.jpg
やはりアウトドア系のジャンルが、ジワジワ人気になってきています。
あと自転車バッグブランドの「OSTRICH」の方に伺った所、やはりバイクパッキングの分野が伸びているとか。
最初はバイクパッキングから入ってくるそうですが、どうしてもバイクパッキングだろ積載量が短期間になってしまいます。
20171213103840edafewcds.jpg
20171213103838410fewcds.jpg
ですのでバイクパッキングを入口として入ってきたユーザーは、後日本格的なバニアバッグなどを搭載したツーリング仕様になってくるそうです。
これなら、1週間分の荷物を積載する事も可能。


201911131631066a1bcv.jpg
ebikeの人気は、ほぼ2019年度を持って日本に定着しましたね。
特にデローザ E-Bikeの展示は、驚きを持って日本において公開される。
(参加者のみならず、業界関係者の視察が多かった様だ。やはり気になるのだろう)
DSCN8053fcewcd.jpg
あと昔MTB乗っていた方が、eMTBに戻ってきている傾向があるそうです。
以前MTBに乗っていたけど、体力が無い。
だからeMTBなら……とか。
息子さんと一緒に走りたいから、e-roadでとか。
(´・ω・`)かつての自転車乗りをカムバックさせる力が、ebikeにはあるのですね。
DSCN9957vds.jpg
あとサイクルモードで気が付いたのですが、初心者などの受け入れ先がebikeや電動自転車の方に流れていたんですよ。
以前ならロードブランドにクロスバイクなどが用意してあったので、初めてスポーツバイクを挑む方はクロスバイクが受け入れ先になっていたのですが。

所がクロスバイクなどの試乗車は、ロード系ブランドには現在ほとんど用意されていない場合が多いです。
となると初めて乗って見たいという方はロードではなく、乗り易そうな電動自転車の試乗コーナーの方に流れていました。
この人の流れは、いままでなかったので。
見学していてなかなか興味深かったです。


DSCN0025ds.jpg
小径車部門は、折り畳み系ebikeが現在人気です。
特にその分野で先行しているのは、やはりTERNですね。
ドイツBoschと提携し、いち早く折り畳み系ebikeを、日本で販売展開していた事から一周リードしている印象です。
DSCN9830bd.jpg
あのBESVも折り畳みebike PSF1を日本市場へ投入。
DSCN9892vds.jpg
とうとうあの英国ブロンプトンまでBrompton Electricをサイクルモードでお披露目。
(´・ω・`)恐らく、2020年は折り畳み系ebike市場が激戦になると予想。


201911061107229b4grs.jpg
20191102183352a32few.jpg
ロード系ジャンルは、やはりエアロロードが人気でした。
それも「エアロード&ディスク」
各試乗会場において聞こえてくる声はやはりこんな感じでした。
「お前何欲しいの?」
「エアロード。それもディスクのな」
「だよなw」

エアロロードだけではなく、必ずディスク仕様という声が多かったです。
しばらくエアロロード&ディスクという形で、2020年モデルも人気は継続していくのでは。
DSCN9844fege.jpg
2020年にMTBは流行るか??
どうなんだろう?
様子見ですが、なんとなくじわりじわりグラベルやMTBの勢力が復活しつつある空気感。
正直ここまでebikeやグラベルが流行るなんて、去年の2018年時点では想像も付かなかった訳で。
20190218094828166cds.jpg
2019年2月16日に開催された、埼玉サイクルエキスポ2019において全ビアンキモデルがディスクモデルとして試乗車が用意されていた事には、当時参加者から驚きの声が上がりました。
(´・ω・`)今では、試乗会場はほとんどディスクモデルばかりになってしまいましたからね…・・・・・
逆にディスク完成車が当然の事の様に、受け入れられています。
キャリパーブレーキ仕様の試乗車を見つける事が、今では難しくなってきましたよ。
今までにない凄いスピードでバイクが変化していった年が、2019年の特徴だったのかもしれません。

本年一年、このブログをご覧いただき有り難うございました。
来年も何卒よろしくお願い申し上げますとともに、来る年が皆様にとってよい年となりますよう、心よりお祈りいたします。

(`・ω・´)ノシ ではでは、皆様、良いお年を!
pc-qbei-fuku10000_1.jpg
2020年 QBEI(きゅうべえ) 5万円福袋【10個に一個wahoo サイコンがあたる!!】令和一発目福袋は何かが違う!!

スポンサードリンク

2019年12月30日 トラックバック(-) コメント(-)