2020 Cube Agree C:62 ドイツパーツアクセサリーブランド「Newmen」のパーツをハンドル部やホイールに採用 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > CUBE > 2020 Cube Agree C:62 ドイツパーツアクセサリーブランド「Newmen」のパーツをハンドル部やホイールに採用

2020 Cube Agree C:62 ドイツパーツアクセサリーブランド「Newmen」のパーツをハンドル部やホイールに採用

jyuf57e.jpg
2020 Cube Agree C:62 Race ロードバイク 8.2kg

ドイツエンデューランスレーシングモデルCube Agree C:62の2020年モデルをチェックしてみました。
(´・ω・`)やはり2020年モデルも26万円台で、アルテグラグループセットと、油圧ディスクブレーキShimano Ultegra BR-R8070を実装した驚異のコスパを誇ります。
ミドルグレードエアロロードながら、ロードレース用に特別に設計されており、8.2kgと驚くほどの軽量性と強度を確保。
C:62 Advanced Twin Moldテクノロジーを備えた、超軽量かつ堅固なカーボンフレームを採用している点が特徴になっています。

2020 Cube Agree C:62の主な変更点は、ドイツパーツアクセサリーブランド「Newmen」のパーツをハンドル部やホイールに採用してきた点ですね。2019年モデルまではフルクラム製ホイールを採用していましたが、一気にドイツブランドパーツを2020年モデルから取り入れています。

2019年モデルホイールセット Fulcrum Racing 44 Aero

2020年モデルホイールセット Newmen Evolution SL R.32


NEWMEN-43ec8cd03a948769b7f7f0ea6dc805c0.png
Bild3_cropped-jpg-e7418928729d2e3926564e71f21b2b92.jpeg
ドイツパーツアクセサリーブランド「NEWMEN」のエアロホイールを2020年モデルより採用。
Die-neue-Marke-NEWMEN-von-Michi-Graetz-und-Fabo-Me-6fe78e444f4a477bc80ccfba0b159bfa.jpeg

NEWMEN という名前の由来はMichi Gräz氏とFabo Merz氏が立ち上げた比較的若いブランドの名前です。
素材と製造技術と組み合わせ、アルミニウムとカーボンで作られた革新的なハイエンドのバイクコンポーネントを製造。
NEWMENホイール、ハンドルバー、ステム、およびシートポストはドイツで開発および広範囲にテストされており、NEWMENが開発および組み立てたホイールのハブは社内で製造されています。
MTBライダーだけでなく、ロードサイクリストやEバイクサイクリスト向けの、最大限の安全性と快適性を備えた軽量構造に重点が置かれています。
evolution-sl-r32-wheel@2xcdsvf.jpg
EVOLUTION SL R.32ディスク ホイールセット重量1650g
エアロ性能を重視し、硬めのスプリンター系ホイール。
32mmのリム高さを備えた、ハイエンドアルミニウムディスクホイールセット。
道路からシクロクロスまたはグラベルライドまでの使用に最適です

(´・ω・`)おおっ……ドイツCubeと言えば、関税対策として海外パーツを輸入し、ドイツ国内工場で一気に組み上げる生産工程を採用していますが。
2020年モデルからドイツ系NEWMENホイールを採用し、パーツ面においてドイツブランドにこだわってきたか。
いずれにしてもドイツ大手のバイクブランドCUBEは、生産体制を国内回帰に戻しているのかもしれませんね。

hjyf5777773.jpg
dq314.jpg
ハンドルバー Newmen Advanced wing bar, Carbon
ステム Newmen Evolution 318.4, 31.8mm

シフター Shimano Ultegra ST-R8020
ヘッドセット FSA I-t, top integrated 1 1/8", bottom integrated 1 1/4"

Cube LITENING……レーシングモデル
Cube Agree……エンデューランスレーシングモデル
Cube ATTAIN……コンフォートモデル

2020 Cube Agree C:62はエンデューランス系レーシングモデルなので、レースまたはトレーニングに使用可能。
ハンドル周りにも「NEWMEN」のパーツをフルセットアップしています。
ホイール周りだけではなく、コックピットもドイツ系NEWMENパーツを採用。
先細のヘッドチューブと12mmスルーアクスルは、特大のダウンチューブと連携して非常にシャープなハンドリングです。
gyu7779.jpg
uiy7y7.jpg
ディスクブレーキ Shimano Ultegra BR-R8070, hydraulic disc brake, flat mount (160/160)
ブレーキ  Shimano Ultegra BR-R8070, hydraulic disc brake, flat mount (160/160)
シマノUltegra油圧式ディスクブレーキ、そして軽量かつ硬く、強度を兼ね備えたNewmen Evolution SL R.32ホイールセットを備えています。
huiu98.jpg
フレーム Carbon, C:62 Advanced Twin Mold technology aero frame, flat mount disc, road aero endurance geometry, AXH, 12x142mm
フレームには完璧なエアロ形状の、軽くて硬いAdvanced Twin Moldカーボンフレームを採用。
エンデューランスレーシングモデルながら空気抵抗を最小限に抑えるように設計されている。

ハイエンドの CUBE LITENING C:68X PROも「速く」「硬い」フレームという話だったけど。
やはり「速い」「硬い」「軽い」というキーワードがCUBEエアロモデルには必ず出てきますね。
huih98.jpg
フォーク Cube CSL Evo Aero, C:62 technology, 1 1/8" to 1 1/4" tapered, flat mount, 12x100mm

また、細いシートステイとカーボンフォークブレードは、最も荒い路面でもライダーの疲労を軽減するように設計。
難しい登りは軽量化と卓越したパワー伝達が前面に。下りはアルテグラ油圧ディスクブレーキが担当。
登りも下りも強い最先端のエアロカーボンモデルです。
huiy9y9.jpg
PressFitボトムブラケット、テーパーヘッドチューブダウンチューブとチェーンステーは、ペダル入力を瞬時に推進性に変換する、非常に剛性の高い構造になっています。
一方快適性は細いシートステーと小径シートポストおよびカーボンフォークブレードを組み合わせることで確保。
エンデューランスモデルらしくスピーディで快適なバイクに設定されています。
ui7y8.jpg
フロントディレーラー Shimano Ultegra FD-R8000-F
リアディレーラー  Shimano Ultegra RD-R8000-DGS, 11-Speed
クランク Shimano Ultegra FC-R8000, Hollowtech II, 50x34T, 170mm (50/53cm), 172.5mm (56/58cm), 175mm (60/62cm)
カセット Shimano Ultegra RD-R8000-DGS, 11-Speed


Shimano Ultegraドライブトレイン
レーシング性能を重視し、最高のパフォーマンスを提供するようにShimano Ultegraを採用しました。
Shimano Ultegra FC-R8000クランクセットを搭載した Cube Agree C:62は、数秒で最高速度まで加速できます
シマノアルテグラBR-R8070油圧式ディスクブレーキは、コーナリングと下降で驚くべき安定性を実現し、ゴール向けて集中している間まで勢いを維持できます。
guygui79.jpg
ホイールセット Newmen Evolution SL R.32
タイヤ  Conti Grand Sport Race SL, 28-622

dq314jggj.jpg
サドル Selle Royal Asphalt
シートポスト Newmen Advanced, Carbon, 27.2mm

gyu7779.jpg
Agree C:62の超軽量エアロフレームは、見ての通り高速に強そうに見えますが。
実際に速いです。ドイツCUBE設計チームが細部にまでこだわってこのミドルグレードのエンデューランスモデルを高速化した訳です。
彼らは可能な限りバイクの空気力学を改善し、軽量化に挑み8.2kgという数字を叩き出しました。
Cube Agree C:62 Race Road Bike (2020)

スポンサードリンク

2020年01月06日 トラックバック(-) コメント(-)