2020 COLNAGO VORREI CLARIS コストを抑えてつつ「最速」を目指した、コルナゴらしいストイックなクロスバイク スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > 2020 COLNAGO VORREI CLARIS コストを抑えてつつ「最速」を目指した、コルナゴらしいストイックなクロスバイク

2020 COLNAGO VORREI CLARIS コストを抑えてつつ「最速」を目指した、コルナゴらしいストイックなクロスバイク

voclaris0_1cds (2)
COLNAGO VORREI CLARIS  ホワイト
COLNAGO VORREIは最速のフラットバーロードを目指しているのと同時に、「いかにパーツのコストを抑えて走行性能を引き出すかをテーマにしたクロスバイクでもあります。
ロードを意識したレーシーなクロスバイク(フラットバーロード)と言うべきですね。
ですので以上の3つの点がポイントになります。
①重量をロードバイク並みに抑える(車重9.8kg)
②塗装やデザインをロードに近い形にする。
③コストを抑えつつ高速で走る事を追求。

(´・ω・`)とはいえロードバイクよりも硬さを抑えて、乗り易さも追及しています。
COLNAGO VORREI SORAの場合はブレーキにSHIMANO BR-R3000。
タイヤにCONTINENTAL ULTRA SPORT II 700×25Cを採用し、ロードに近い足回りを再現しています。
vcasasca.jpg
COLNAGO VORREI CLARIS  ガンメタリック
基本ロードバイクではなくフラットバーで最速を目指したモデルですね。
ロードバイクではなく、フラットバーで高速性を求めているユーザーは実は一定層存在しており、そういう方々の為にロード譲りの走行性能を提供する事を目的としている。
また、コルナゴのストイックな方向性に寄る点も多いけど。

他ブランドはタイヤサイズを太目にし、街乗りでの乗り易さ、扱い易さを追求しているクロスバイクが現在主流です。
しかしコルナゴはロードブランドとして、いかにクロスバイクと言えど自社色(ロード色)を出す事かをテーマにしています。
コルナゴA2-rなどを見て見ると、アルミモデルながらスポーツ性を追求しているモデルが多い。
そんな流れをエントリー系クロスバイクですね。
voclaris0_1cds (1)
ハンドルバー COLNAGO ORIGINAL
ハンドルバーステム COLNAGO ORIGINAL

ステムを逆にヒックリ返す事で、ハンドル位置を高くしたり、逆にサドルよりに低くすることも可能。
アップライドかつ、スポーティーなポジションが取れる様になっています。
voclaris0_3cs (2)
ブレーキ TEKTRO R340
ロードの様に細かい制動が出来るキャリパーブレーキを採用。
ロードの様なスポーティーな走行を想定している。
voclaris0_4cds.jpg
COLNAGO VORREIはCOLNAGO JAPAN企画の国内流通モデルです。
(´・ω・`)元々従来のコルナゴ系クロスバイクは、COLNAGO JAPANが10年以上も前から独自に開発&設計を行っており、海外では決して手に入らないコルナゴクロスバイクを楽しめます。
以前は街乗り系クロスバイクやシティコミューター系クロスバイクも出していましたが。
現在ではロードを意識したクロスバイクモデルと、クラシカルデザイ路線の2つに分かれています。
voclaris0_3cs (1)
フォーク CARBON
フレーム COLNAGO ALLOY AL-6066
フレーム重量が8.9kgと軽量な秘密は、軽量6060系アルミ素材を採用しているからです。
またクロスバイクらしくアップライドなポジショニングが可能な点に注目です。
パーツでコスパが高いクロスバイクというより、高速操作性、加速性に関して性能が高くコスパが高いモデルと言えますね。
voclaris0_6cds (1)
フロントディレーラー SHIMANO FD-R2000
チェーンホイール SHIMANO FC-R2000 50×34T
VORREIはロードバイクを意識したクロスバイクですが、このツーリング系パーツを採用したCLARISスペックはロングライド向きと言えます。
ジオメトリーもホイールベースを長めに設定してあるので、ロングライドを視野に入れています。
voclaris0_6cds (2)
スムースウェルディング加工で仕上げたフレーム
フレームインターナルのケーブル仕様。
見た目もロードを意識した出入り口になっています。
voclaris0_9cds (1)
ホイール COLNAGO ORIGINAL
タイヤにONTINENTAL ULTRA SPORT II 700×25Cを採用
25Cサイズのタイヤで、最初から高速性を追求したスピード系クロスバイクモデル


タイヤにONTINENTAL ULTRA SPORT II 700×25Cを採用。
25Cサイズのタイヤで、最初から高速性を追求したスピード系クロスバイクモデル。
老舗高級ロードバイクブランドの世界観を10万円台で再現したモデルだ。
voclaris0_9cds (2)
リアディレーラー SHIMANO RD-R2000
ギア SHIMANO CS-HG50-8 11-28T

COLNAGO VORREI CLARISの2020年モデルは、ホワイトとガンメタリックの2色展開。
COLNAGO VORREI SORAはマットネイビーとマットブラックの2色展開になっています。

ちなみにドロップハンドルへのカスタムが可能な拡張性の高さもあります。
恐らくCOLNAGO VORREIを入口として、ロードバイクの世界にユーザーを取り入れたいという思惑もあるのでは?
通常のコルナゴ系ロードモデルよりも、COLNAGO VORREIの方が色々な意味においてスポーツ性を重視してきているとも言えますね。
もちろん、予算の許す限りのスペックではありますが。
VORREI CLARIS(ヴォレイクラリス) 2020モデルCOLNAGO(コルナゴ) クロスバイク

スポンサードリンク

2020年01月20日 トラックバック(-) コメント(-)