2020 BESV TRS2 XC  アルミフレーム仕様のクロスカントリーハードテール スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > 2020 BESV TRS2 XC  アルミフレーム仕様のクロスカントリーハードテール

2020 BESV TRS2 XC  アルミフレーム仕様のクロスカントリーハードテール

trs2-xc-2.jpg
2020 BESV TRS2 XC


BESV(ベスビー)は日本仕様MTBモデルとして、アルミフレームのクロスカントリーハードテール。
日本市場においてeMTB TRシリーズは、3モデル。
カーボンフレームeMTB BESV TRS1、フルサスペンションアルミeMTB BESV TRS2 AM、

そして本日紹介するBESV TRS2 XCはアルミフレーム仕様のクロスカントリーハードテールという位置づけですね。
BESVは日本国内だけではなく欧州にも進出している電動バイクブランドなので、やはりデザインが洗練されているのが特徴。

このBESV TRS2 XCはフルサスペンションモデルTRS2 AMに、リアサスペンションを抜いた様な形状ですね。
ハードテール化した事によりフロント150mmトラベルフォーク(Wサス)➝130mmトラベルフォーク(ハードテール)に。
27.5×2.6(Wサス)→27.5×2.35(ハードテール)タイヤサイズを採用し、路面における走行性と、悪路の走破性双方を獲得しています。
(´・ω・`)やはりハードテールという事で、オフロード寄りというよりは万能性を優先させてきましたか。

意外な注目点ですが2020 BESV TRS2 XCには、オプションでフェンダーやキャリア取り付け可能。
なんとツーリングでの使用を視野に入れたeMTBになっています。

trs2-xc-gallery_10_largendg.jpg
フェンダー・キャリア・キックスタンド・ライトが純正オプションとしてラインナップ(公式HPより)
この様にフェンダーや、キャリアーを取り付ければツーリング使用として楽しめるeMTBなんですよ。
しかもBESVはシマノ製ドライブユニットながら、バッテリーはBESVオリジナル。
504wh/14.0Ahの大容量を確保したバッテリーなので、実に140km走破可能。
バッテリーはダウンチューブに収納されたインテグレートデザインなので、eMTBにありがちな露出したバッテリーとは無縁のスタイリュシュな形状になっています。
更に注目すべきはBESV TRS2 XCの軽量性ですね。20.8kg(S) / 20.9kg(M)と20kg台というeMTBとしては驚異の軽量性を誇ります。
この数字はフルカーボンeMTB BESV TRS1 19.3kgに迫る、軽量性を獲得しています。
これだけ軽量ですと、登りの際バッテリーの減りなどを抑える効果も期待できそうですね。



参考までにカーボンフレームeMTB BESV TRS1、フルサスペンションアルミeMTB BESV TRS2 AMをチェックしてみましょう。
20181118110453e1bcds.jpg
BESV TRS1 カーボンフレーム採用電動アシストMTB
BESV TRS1はフルカーボンフレームならではの軽快さが前面に出たeMTB。
アルミフレーム系eMTBとは違ったカーボンフレームの滑らかさを楽しめる。
軽さや走りの滑らかさを、重視したeMTBですね。
20191119154825bfecds.jpg
BESV TRS2 AM eMTBフルサスペンションアルミ
フルサスペンションがショックや路面状態の変化を吸収してくれるので、オフロードコースや、ラダーコースなど特にテクニックが無くてもある程度走りがこなせますね。
タイヤも太くて150mmトラベルもサスペンションを確保してあるだけあって、相当な悪路でもこなせる。
SHIMANO STEP8080のアシストパワーが強大でして、特に登りでそのパワフルなアシストパワーを開放してきます。
(´・ω・`)基本平地もいけるけど、やはりオフロード向きの仕様ですね。
実はBESV TRS2 AMもTRS2 XCと同じくバッテリー内蔵型。
Wサスモデルながら、スタイリュシュデザインなeMTBだ。


trs2-xc-7.jpg
モーター SHIMANO STEPS E8080
Stepsモーターに適合したオリジナルバッテリーは、504wh/14.0Ahの大容量で140kmのロングライドが可能
ドライブユニットにはシマノeMTB用ドライブユニットSTEPS E8080シリーズを採用。
悪路走破用のWサスモデルBESV TRS2 AMと同様のアシストユニットで、特に登りにおいてのアシストパワーは強大。
trs2-xc-9.jpg
ドロッパーシートポストを導入する為の穴が用意されていますね。
オフロード仕様としてBESV TRS2 XCを導入する際の仕様も、既に用意されています。
(´・ω・`)最近メリダなども、ドロッパーシートポストを初期搭載したeMTBがありますからね。
まあWサスモデルなどの、本格オフロードコースを走破する為の仕様ですが。
trs2-xc-n1.jpg
電源ボタンはダウンチューブ上部右側に配置されております。
trs2-xc-n2.jpg
Steps専用小型ディスプレイSC-E7000を採用
アシストモード、時速、バッテリー容量など走行中必要最小限の情報を表示。
小さいディスプレーですが、視認性が高い。
(´・ω・`)かえって情報が最小限度の表示に抑えられていて見易いです。
またコンパクトな小型ディスプレーなので、ハンドル周りのスペースを確保。
ツーリング系フロントバッグなど設置し易い仕様になっています。
trs2-xc-n3.jpg
フロントフォーク Suntour XCR34-AIR BOOST . 130mm
trs2-xc-n4.jpg
TRS2 のアルミクロスカントリーハードテールモデルという事ですが。
フレームはアルミモデルでも、まるでカーボンモデルの様に流麗で、華麗な塗装が特徴。
trs2-xc-n5.jpg
バッテリー 36V 14.0Ah リチウムイオンバッテリー
バッテリーをダウンチューブ内に収納。フレームバッグなどツーリングアイテムを取り付けし易いフレーム形状になっている。
充電時間は4時間程度。
最大走行可能距離 エコモード140km / ノーマルモード130km / ハイモード95kmとなっています。
基本BESVのE-MTBはノーマルモードでも、かなりの強アシスト力を誇るのでハイモードの出番はよほどの過酷なコースになりますね。
trs2-xc-n6.jpg
ギア SHIMANO Deore 10speed
trs2-xc-n8.jpg
タイヤ 27.5X2.6(仏式)
ブレーキ Shimano SLX油圧ディスクブレーキ
BESV(ベスビー) TRS2 XC 電動自転車・E-bike(イーバイク)

スポンサードリンク

2020年01月28日 トラックバック(-) コメント(-)