イタリア製競技用eMTB FANTIC イタリア名門オートバイクブランド日本上陸 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > イタリア製競技用eMTB FANTIC イタリア名門オートバイクブランド日本上陸

イタリア製競技用eMTB FANTIC イタリア名門オートバイクブランド日本上陸

DSCN9868feq (1)
イタリアオフロードモーターサイクルブランドFANTIC Motor社が日本に上陸。
(´・ω・`)イタリアのオートバイクブランドが製造したE-MTBというだけあって、造形の美しさが今までのeMTBと違う点にショックを受けました。

ファンティック……オードバイクブランドの中においても、かなりマニアックな通好みのブランド
1968年イタリアのバルザゴで創設。モトクロス競技やオフロード競技においてタイトルを獲得したイタリア名門ブランド。
特にイタリアトライアル競技において著名な名門ではあるが、日本での知名度はあまりない。
現在のファンティックモーターサイクルの国内販売も2019年から始まり、主にオフロード走行を目的としたモデルが主流になっている。
DSCN9874fw (2)
国際モトクロス選手権などにも参加。
数々のレースシーンで記録を残してきた、欧州の古参モーターサイクルブランド。
イタリアの老舗名門オフロードバイクブランドが2019年に本格的に日本上陸した事に合わせて、eMTBも日本上陸という形に。
DSCN9882feq (2)
FANTIC XF1 150 TRAIL(トレイル)
基本的にオフロードモーターサイクルのギミックを、上手にeMTBに落とし込んだんですね。
これはエントリーモデル。
FANTIC eMTBの特徴
①前後異形タイヤを採用フロントが29er、リアは27.5インチを最小した前後異形タイヤを採用している。
前輪は大径、リアが小径かつボリュームのあるタイヤサイズを採用。
②トラクション重視のリンク式リアサスペンション

DSCN9882feq (1)
バッテリー リチウムイオン電池(36V、630W)
③バッテリー内臓のフレーム。
(´・ω・`)特に気になった点は、製造がイタリア製という事ですね。
てっきり中国か台湾で製造かと思っていたら、メイドインイタリー製。
特にこの華麗なフレームはイタリアで製造したもので、高級路線のeMTBとして欧州や北米にて好評を博しているとか。

ちなみに日本においての公道走行は規格の違いから不可。
(正確には公道走行には保安部品の装着が必要)
MTBレース専用として、競技志向のモデルとして販売する事になる。
DSCN9880et42 (2)
グループセット Sram SX Eagle e-click 12 Speed
DSCN9877few.jpg
フォーク Rock Shox Recon +150mmトラベル
ディスク (F/R)Sram Level 2ピストン油圧ディスクブレーキ、CleanSweep 200mmディスクローター
DSCN9875feq (2)
ショック RockShox Duluxe Select+
モーター Brose S (36V、最大出力 250W、トルク 90Nm)
アシストユニットも注目で、ドイツブローゼ製アシストユニットを採用。
世界第四位の自動車サプライヤーブランドが製作した、軽量&大パワーのアシストユニットを採用している。
このドイツブローゼ製アシストユニットも、なんと日本初上陸。
ドイツボッシュだけではなく、遂にブローゼも日本上陸してきたか……むむむ。
ブローゼドライブユニットは、ドイツブランドらしくモーター駆動音も静寂らしいですが。
しかし競技にも使用されるドライブユニットなので、高トルク設定にしてあるとか。
DSCN9880et42 (1)
ホイール Fantic by GPM with Sram hubs 29’’ / 27.5’’ TLE
タイヤ Schwalbe Smartsam 、フロント 29 “x2.35-リア 27.5”x2.6

やはりリアの方がタイヤが太い理由は、大パワーのアシスト力を受け止める為のギミックでしょうか?
確かに通常のeMTBとはテイストが違いますね。
DSCN9875feq (1)
FANTIC LIVING(URBAN)
このFANTIC LIVING(URBAN)タイプの場合は、前後ホイールは同一規格で27.5×2.8サイズを採用しています。
前後にフェンダーを取り付け、リアキャリアーも初期搭載。
DSCN9874fw (1)



DSCN9872few (2)
FANTIC XF1 INTEGRA 160 エンデューロモデル
ハイエンドモデルのXF1 CARBON RACEには、非常にスポーティなeマウンテンバイク向けに設計された、新しいBROSE S-MAGエンジンが搭載。最大トルク90 Nmを保証。

なんとドライブユニットにBrose S-Magと呼ばれるマグネシウム製ドライブユニットを採用。
Brose Drive S Magは、よりコンパクト設計で軽量(わずか2,8Kg)。
スイッチを切ったときにペダルを踏む抵抗を落とし、急な坂道でより瞬時に対応する事が可能。

振動がほとんどない非常に静かに動作し、適切な量の追加のパワーを提供します。
DSCN9872few (1)
バッテリー リチウムイオン電池(36V、630W)

モーター Brose S-Mag (36V、最大出力 250W、トルク 90Nm)
フォーク Rock Shox Recon +160mmトラベル
ショック RockShox Duluxe Select+
グループセット Sram NX Eagle e-click 12 Speed
ブレーキ(F/R) Sram GUIDE-T 4ピストン油圧ディスクブレーキ、Centreline 200mmディスクローター

フレームシールドを採用しフレームの損傷を防ぎます。
またモーターカバーに通気口を設置し、モーターの過熱を防ぐ措置がとられている。
DSCN9871few (2)
ホイール Rodi Blackjack ASY 29’’ / 27.5’’ TLE
タイヤ Schwalbe Nobbynic 、フロント 29x2.35-リア 27.5x2.6


DSCN9871few (1)
FPS(FANTIC PROGRESSION SYSTEM)
FPS(FANTIC PROGRESSION SYSTEM)テクノロジーを採用したリアサスペンション システムを採用。
リアタイヤはあらゆる地面の地形に沿って、対応できます。

イタリアFANTIC Motor社はプレミアムな高級eMTBブランドとして、欧州にて認知されている。
欧州仕様の本格レーシングeMTBというところだ。

FANTIC社はeMTBの全てを社内で設計、設計、および組み立てることを重視。
(´・ω・`)個人的には機能性も気になるけど、カーボンフレームの流麗なデザインがいかにもイタリア製らしいと感じました。
【対面販売品・店頭受け取り限定】 MERIDA / 2020年モデル eONE.SIXTY 27.5インチ E-BIKE 電動マウンテンバイク MTB

スポンサードリンク

2020年01月30日 トラックバック(-) コメント(-)