2020 Ragley Trig Adventure(アドベンチャーバイク) 軽く、速く、楽しいと感じることが出来る英国アドベンチャーロード スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > グラベルロード&シクロクロス > 2020 Ragley Trig Adventure(アドベンチャーバイク) 軽く、速く、楽しいと感じることが出来る英国アドベンチャーロード

2020 Ragley Trig Adventure(アドベンチャーバイク) 軽く、速く、楽しいと感じることが出来る英国アドベンチャーロード


Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-15.jpg
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC.jpg
2020 Ragley Trig Adventure(アドベンチャーバイク)

楽しく、速く、快適な英国クロモリRagley Trig Adventureでアドベンチャーロードの世界へ

英国MTBブランドRagleyは、非常に手頃な価格のスチールグラベルバイクである
「Ragley Trig 」で2019年にロード市場に参入しました。
その成功を受けて2020年モデルは、グラベル仕様とアドベンチャー仕様の2つに分かれます。
①Trig 2.0 Gravel スチールフレームにフルカーボンフォークと700Cホイールを装備
2x10スピードのTiagraドライブトレイン
②Trig 2.0 Adventure スチールフレームにフルカーボンフォークと650Bホイールを装備
40tチェーンリングを備えた1x SRAM Apexグループセット

Ragleyは2020年この2つのオフロード系ロードを市場に投入する形になります。
(´・ω・`)Trig 2.0 グラベルがロード系コンポティアグラ仕様で、Trig 2.0がよりオフロード向けに1x SRAM Apexグループセットという方向性が面白いですね。
どちらもカーボンフォーク仕様。
両方のグラベル&アドベンチャーモデルとも、同様のフレームを使用しているので購入後好きなホイールサイズに交換可能。
つまり、後でラインを変更したい場合は、ホイールを交換できます。
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-0.jpg
Ragley Trig Adventureはアドベンチャー仕様のスチールモデル
特にワンバイ&650B仕様という事もあって、どこにでも探検出来る汎用性があります。
ちなみにGravelとAdventureの両モデル共に、フロントとリアのスルーアクスル、直径27.2シートチューブ、68mmのネジ付きボトムブラケットを採用。
リアキャリアーとフェンダーマウント、フレーム内に2つのボトルマウント、フォークにラックマウントを搭載。

ワイドなタイヤクリアランスを確保。27.5および700cホイールとの互換性があります

最新のアドベンチャーロードとしてのジオメトリを備えており、人里離れた場所でのアドベンチャーライドを想定しています。
特にRagley Trig Adventure Bikeは英国のみならず、地球上におけるありとあらゆる場所に適した信頼できるツーリングモデル。
地球上のあらゆる場所の走りを楽しむ為の、壮大なアドベンチャーロードモデルです。
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-18.jpg
itkir6u4.jpg
英国オフロードRagleyは2008年に創設されました。
英国で設計およびテストされたRagleyは、英国人向けのオフロードブランド。
品質、信頼性、および日々のパフォーマンスを英国人ライダー向けの製品を製造。

Ragleyの設計理念はシンプルでありながら効果的な走破性を目指しています。
コンポーネントやジオメトリーは最新の物を採用しておりますが、ハンドリング、乗り心地、そして何よりも楽しいことに焦点を当てて設計。
(´・ω・`)英国人向けの製品ということで、英国の小道や、山登り、地元のシングルトラックなどありとあらゆる地形で使える仕様になっています。
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-16.jpg
Ragley Trig は英国Ragley初の非MTBモデルです
特に英国Ragleyはスチールフレームの経験が豊富であり、英国市場においてはスチールフレームが有名で好まれています。
だからこそRagley Trig は、よりRagleyの魅力を発揮出来る。スチールフレームを採用してきたのでしょうね。
またコストを抑えた価格設定も、魅力の一つになっています。
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-1.jpg
ホイールセット  WTB Serra - 12mm front / 142mm rear
ホイールサイズ  650b
フロントタイヤ WTB Resolute 650x42c TCS Light/Fast Rolling, Tan Sidewall Dual DNA Compound, Lightweight Tubeless Casing, UST Aramid Bead

WTB Resolute 650x42Cを装着した650BWTB Serraホイール仕様で、より悪路を重視した走破性になっています。
特に過酷なオフロードコースや、悪条件の地形に卓越した耐久性を重視。
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-2.jpg
ハンドルバー 6061 Alloy, 50cm 420mm, 52/55/58cm 440mm
ステム 6061 Alloy, 50cm: 70mm, 52cm: 80mm, 55/58cm: 90mm

シフター SRAM Apex 11-Speed
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-3.jpg
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-6.jpg
ヘッドセット FSA NO.9 (ZS44/28.6 | ZS44/40)
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-4.jpg
フォーク Ragley Carbon 12mm
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-5.jpg
ブレーキ SRAM SB HRD APX
ブレーキローター 160mm Front and Rear


Trigは発売当初から、スルーアクスル仕様とフラットマウントを備えたクロモリアドベンチャーモデル。
最初からクロモリといえど、最新規格の仕様にこだわりたかったそうだ。
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-7.jpg
フレーム 4130 CrMo
Trigフレームセットは44mmヘッドチューブ、複数のボトルケージマウント、700c / 650b XC / Gravel / Adventure用タイヤ、または幅2.1インチまでの27.5インチマウンテンバイクタイヤとドロッパーポストの互換性を実現するタイヤクリアランスを備えています。
更にはドロッパーポストを導入可能なスチールフレームです。

このフレームは、カスタムトリプルバテッド4130クロモリスチールチューブで構成。
クロモリの乗り味を生かしたフレームですが、軽量で柔軟性があり、トレイルでの長時間のライドでも快適に使用できます。
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-8.jpg
サドル Ragley Brown
シートポスト Ragley 27.2x400mm
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-10.jpg
クランク  SRAM APEX 1 XSYNC 40t - 170mm
チェーン SRAM Powerchain 1110

BB 68mm BSA

SRAM Apex 1x11ドライブトレイン

SRAM Apex 1x11-Speedドライブトレインを搭載
幅広い11-42Tカセットのおかげで、クロモリといえど最も急な登りでも効率的にこなせます。
(´・ω・`)個人的には登り下りの際の、変速のシンプルさが結構効いてくると思う。
クロモリフレームといえど、SRAM Apexなら実際に登りは楽でしたし。
特にワンバイは、平地においても適度な変速段数を用意に設定できるのがいいですね。
ある意味、変速操作があまり負荷になりにくい。
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-11.jpg
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-9.jpg
タイヤクリアランス 700x40c/27.5x2.2”
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-12.jpg
リアディレーラー SRAM Apex 1 Long Cage (11-Speed, FOR 42T)
カセット SRAM Powerglide 1130 11-42T, 11-Speed

Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-13.jpg
Ragley-Trig-Adventure-Bike-2020-Adventure-Bikes-Sage-2020-TRIGADV20LCRC-14.jpg
通常のロードバイクは、はるかに軽量で速く走れる訳ですが。
Ragley Trig Adventureの方向性は軽く、速く、楽しいと感じることが出来るアドベンチャーロードです。
流石に岩場などでの未舗装路は、サスペンションが付いたMTBの出番になります。
ですがそれ以外の過酷な路面では、走行する際特に問題はありません。
ただRagley Trig Adventureで過酷な悪路を走破するなら、タイヤの空気圧を下げるかタイヤを太くするかで対応出来ます。

だからこそフレームにおけるタイヤの最大クリアランスは、余裕を持って設計されているんですね。
Ragley Trig Adventure Bike 2020

スポンサードリンク

2020年01月31日 トラックバック(-) コメント(-)