2020 BREEZER RADAR PRO  700×50cを用意し、世界の未舗装を走破可能なツーリングアドベンチャー仕様 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > グラベルロード&シクロクロス > 2020 BREEZER RADAR PRO  700×50cを用意し、世界の未舗装を走破可能なツーリングアドベンチャー仕様

2020 BREEZER RADAR PRO  700×50cを用意し、世界の未舗装を走破可能なツーリングアドベンチャー仕様

radarpro_.jpg
2020 BREEZER RADAR PRO

米国オフロードプランドBREEZERハイエンドアドベンチャーモデル「2020 BREEZER RADAR PRO」

(´・ω・`)BREEZER RADARシリーズは、ツーリングを目的としたアドベントチャーバイク。
BREEZER Inversionは、マウンテンバイク乗りのためのロードバイクになっていますが。
BREEZER RADARはツーリングに的を絞った、クロモリアドベンチャーロード。
なんとタイヤにWTB Nineline TCS, 700×50cを用意し、世界の未舗装を走破可能なツーリングアドベンチャー仕様に。
このRADAR PROは、本格的にバイクパッキングに挑みたいというユーザーの為に開発されたアドベンチャーモデル。
タイヤサイズも走破と荷物の積載性ありきのサイズですね。


BREEZER RADAR PROはスルーアクスルをあえて見送り、パーツの調達のし易さを重視してクィックリリースを採用。
理由は世界規模での使用を考えている為。
20年以上も前から流通している135cmのディスクハブの方が入手しやすいというのがその理由。
radarpro_7.jpg
リアディレーラー SRAM GX, long cage
ギア SRAM PG-1130, 11-42T, 11-speed
リアディレーラーはMTB系コンポ「SRAM GX」のミックス。

SRAMのディレイラーはアームのスプリングが強く、ダートなんかでもチェーンが暴れる事が少なく、チェーン外れトラブルにも安心。
更にスプリングが強いお蔭で、カッチリとした変速操作をアドベンチャーツーリング時に楽しめる。
BB位置も低重心設計でBB下がりが75mm。
チェーンステーは457mmと長めに設定してあるので、バニアバッグを取り付ける為のクリアランスを確保。
更にロングホイールベース設計なので、重心が安定しているのも特徴。
主に旅の荷物を積載する事を優先したフレーム形状だ。
radarpro_1.jpg
ブレーキレバー SRAM Apex
radarpro_2.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25 degree flare, 4 degree sweep
ステム Breezer B-Road, 3D-forged 6061 stem body, +/-7 degree

ハンドルはスイス創業のOval製
Oval Concepts 325というタイプで、FUJI JARIシリーズにも採用されています。
エンドが広がっているフレアタイプ。
(´・ω・`)あの踏ん張りが効くハンドルか……なんか頼もしいな。
radarpro_3.jpg
フォーク Chromoly disc, 1 1/8", QR w/rack, fender & side bottle mounts
タイヤ WTB Nineline TCS, 700×50c (29 x 2.0), TCS Tubeless Ready, Lightweight Casing, Dual DNA Compound
ブレ-キ SRAM Apex 油圧 disc
フレームとフォークはフルクロモリ仕様。見ての通りフロントフォークを含めて五か所のボトルケージ台座を用意。
前述した通り、12mmや15mmなどのスルーアクスル仕様ではなく、世界中で調達し易いクイックリレース仕様になっています。
なんとタイヤにはWTB Nineline TCS, 700×50C(29 x 2.0)!

2020 BREEZER RADAR PROのタイヤクリアランスは、最大29×2.1インチに設定してあるので29erタイヤとしては相当太目のサイズになっています!
radarpro_4.jpg
フレーム Breezer butted chromoly steel, BSA Threaded BB, 135mm QR
ツーリング志向のRADARシリーズの魅力は、ダブルバテッドクロモリフレーム&フォークを採用している点ですね。
(´・ω・`)やはり重量よりはツーリングにおける、整備性やパーツの調達の用意さ、そして耐久性を重視しています。
もちろんフレームはバテッド仕様なので、クロモリフレームの肉厚をコントロールし耐久性と軽量性双方を両立。

またフレームデザインは街乗り~ツーリングまでを意識した、さわやかなデザインになっている。
ツーリングやアドベンチャー一辺倒ではなく、街乗りなどの際のカジュアル性なども重視しているのだ。
radarpro_6.jpg
クランクセット Breezer 2-pc w/ hollow axle, 46/30T
カセット SRAM PG-1130, 11-42T, 11-speed
ワンバイイレブンで、フロントは46/30T。カセットはワイドな11-42T,に設定。
ツーリングにおいて荷物を限界まで積載する場合でも、対応出来るギア比になっている。
急坂も対応可能とあるが、実際700×50Cサイズのタイヤにクロモリフレームで登りに挑んだ事はないので。
実際どんな走りになるんでしょうね?
radarpro_5.jpg
1443331505_ca604ce5c1_z.jpg
BREEZER……MTB生みの親ゲイリーフィッシャー氏の、MTBフレーム制作を担当していたのがJoe Breezeジョー・ブリーズ氏。
世界初のMTBを生み出したJoe Breeze氏が立ち上げた老舗オフロードブランド「BREEZER」。
ジョー・ブリーズ氏が製作したMTBは、オリンピック正式種目になる。

BREEZERブランドの長所は、クレームにクロモリを採用する事により長く愛用でき、快適性が高い点が特徴。
出来るだけ楽しく乗れることと共に、高く自動車の代わりになるだけの機能性や、拡張性の高さを重視している。
(´・ω・`)つまりBREEZERは、レーシングモデルや速度を競う為のロードは製作していないんですね。
日常性を高くし、ツーリングやアウトドア色の濃いバイクを製作しているのが特徴。
BREEZER RADAR PROはワンバイイレブン仕様のSRAMコンポーネント仕様で、長距離の林道や悪路、多少の雪道などを走破するアドベンチャーロードとしての機能を重視している。
radarpro_8.jpg
サドル WTB Volt Comp 142×265, steel Rail
シートポスト Breezer Setback, 6061 alloy, 27.2mm diameter

サドルは米国WTB製WTB Volt Compを採用。
アドベンチャーライドで乗り易く、クッションが効いたサドルになっています。
RADAR PRO(ラダープロ) BREEZER(ブリーザー) グラベルロード/シクロクロスバイク

スポンサードリンク

2020年02月03日 トラックバック(-) コメント(-)