海外Fuji Jari Carbon 1.1 フルカーボンアドベンチャーロード  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 海外Fuji Jari Carbon 1.1 フルカーボンアドベンチャーロード 

海外Fuji Jari Carbon 1.1 フルカーボンアドベンチャーロード 


prod192231_Carbon_NE_03.jpg
海外Fuji Jari Carbon 1.1 Adventure Road Bike (2020)
ガクガク((( ;゚Д゚)))ブルブル すっげー
海外FUJI JARI 1.1って、フルカーボンに、Shimano Ultegra仕様なんだ!?
一部日本国内には、入って来ているそうだが。

国内版2020 FUJI JARI 1.1の仕様は、105(油圧ディスク)にフレームはアルミ(A6-SL Super Butted Aluminum)。
それはそれで、カーボンに似た走りをするアルミグラベルフレームで、かなり凄いモデルなんですが。

このFuji Jari Carbon 1.1は、元々欧州市場向けのFUJIグラベルロードなんですよね。
現在欧州ではグラベル人気が過熱しており、いち早く最新のFuji Jari Carbon 1.1を市場に投入。
オールロードバイク&アドベンチャーバイク&グラベルロードのカテゴリーにおいてFUJIは、競争力を強化。
フジは最軽量かつ最高のカーボンファイバーを使用して、カーボングラベルバイクを生み出しました。
prod192231_Carbon_NE_01.jpg

俊敏性、快適性、そして何より「軽量性」を重視して設計されたFUJIのJari Carbon 1.1 Adventure Road Bike。
フルカーボンフレームセット、Shimano Ultegra 2x11スピードドライブトレイン、Shimano Ultegra 油圧ディスクブレーキなどフジのアドベンチャーロードシリーズにおいて、フラグシップモデルとして君臨している!


Fuji Jari Carbon 1.1の特徴
クラス最高の超高弾性C15カーボンモノコックフレームの重量は1,000グラム未満
Shimano Ultegra 22スピードドライブトレイン
WTB KOM Light i23チューブレス、32スポークF / Rホイールセット
Panaracer Gravelking SK 700x43タイヤ
フロントとリアに160mmのローターを備えた油圧ディスクブレーキ
ダウンチューブアーマーシールドがフレームセットを破片から保護
prod192231_Carbon_NE_03feq.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 325, 6061 Alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25 Deg flare, 4 Deg sweep
ステム Oval Concepts 707, 3D-forged 6061 stem body, +/- 7 Deg

Fuji Jari Carbonの使用目的は、アルミモデルと同じで、レーシングパフォーマンスや日常での汎用性など。ありとあらする使用目的にFuji Jari Carbon 1.1は対応可能。
グラベルレース、軽めのツーリング、バイクパッキングなど、何でもこなせるように設計されたJariは、必要に応じ変化するカメレオンの様なアドベンチャーロードだ。
地形に関係なく安定した自信に満ちたライドを実現し、1日中快適にグラベルライドを堪能する事ができます。ツーリングのお供としても。
(´・ω・`)アルミモデルと同じくハンドル部は、FUJIが好むOval Concepts 235フレアドロップバーですね。
幅広なOVALのアドベンチャーバーですか……おおっ。
FUJI JARI 1.5に試乗した際、まるでMTBの様な安定がありましたし。変に軽量化するよりも頼もしい感が。
prod192231_Carbon_NE_03gr.jpg
フレーム C15 One-Piece Ultra High Modulus Carbon
トップグレードのC15ウルトラハイモジュラスカーボン素材を使用することで、フレーム重量は1000gアンダー!

このJari Carbon 1.1のフレームは、Jariアルミモデルに近づけた形状になっています。
更に軽量な乗り心地のために、C15高弾性カーボンでフレームを構成。
このカーボンフレームは、ボトル、ラック、フェンダー用の多数のねじ山付きボスを備えており、全体の形状はアルミモデルの影響を受けています。
ただしフレーム重量は950gと、重量面における軽量化に成功。
フレームが軽いので、走りも相当軽い点が自慢。
ツーリングや輪行時においても、この軽量性はかなり力を発揮します。
「軽さ」においては、相当FUJIも自信を持っているとか。
prod192231_Carbon_NE_02.jpg
ブレーキ Shimano Ultegra, hydraulic disc, 160mm rotors
( ;゚ω゚)は予測可能な悪路で強力なブレーキングを提供出来る様に、油圧アルテグラディスクブレーキを用意。
す、凄い……遂にFuji Jariシリーズに油圧アルテグラが……。
gtegewrgwrgt24t523ty.jpg
フォーク FC-440 Cross Carbon monocoque
ホイールセット  WTB KOM Light i23 TCS 2.0, 32/32h, 12mm thru-axle cartridge bearing hubs
タイヤ Panaracer Gravelking SK, 700 x 43c

同じく海外フジカーボングラベルモデルFuji Jari Carbon 1.3 Gravel Bikeと同じく、タイヤにはPanaracer Gravelking SK, 700 x 43Cを採用。
フジはカーボンアドベンチャーモデルのタイヤサイズは、700 x 43Cで統一してくる路線か……
国内版Fuji Jari 1.1タイヤサイズはPanaracer Gravelking SK, 700×38Cでしたが。
ボリュームを徹底的に持たせていますね。
20191105103018493deq.jpg
2020 CANNNONDALE TOPSTONE CARBON FORCE ETAP AX タイヤサイズ700×40C
もしかして海外Fuji Jari Carbon 1.1って、CANNNONDALE新型グラベルロード「TOPSTONE CARBON 」に対抗する為に、タイサイズを拡張したのかな?
なんとなくタイヤサイズが似通っているというか、対抗意識が垣間見れる。
ちなみに欧州ではCANNNONDALE TOPSTONE CARBONもかなり人気を博しているらしいし……ライバル?
prod192231_Carbon_NE_03frw.jpg
クランク FSA Energy Modular, 46/30T
ドライブトレイン Shimano Ultegra RX 11-Speed, long cage
カセット Shimano Ultegra, 11-34T
ダウンチューブ下部には、ダウンチューブアーマーシールドが用意されています。
フレームセットを破片から保護するシステムを採用。

しかもリアディレーラーには、チェーン暴れを抑制するスタビライザー機能を搭載したシマノ アルテグラRX仕様ですね。
(´・ω・`)なるほど……グラベル用コンポ―ネントGRXに次ぐ、グラベルロード向けのシマノコンポーネントを用意してきましたか。
105グレードよりは確かにアルテグラRXの方がグラベル向きですし。
ドライブトレインはフロント46/30T、リアは 11-34Tの組み合わせ。
ローギアは最大ギア比1.0以下になるので登りや、更に荷物を積載した際の登りにおいても対応出来るギア比設定になっています。

チェーンステーは、クリアランス確保するためにユニークな形状になっていますね。
付属の700×43Cタイヤは、余裕のある十分なタイヤクリアランスに収まります。
prod192231_Carbon_NE_03feqw.jpg
シートポスト Oval Concepts 905, carbon & alloy, 27.2mm diameter
サドル Oval Concepts X38 with pressure relief zone, CrMo rail

prod192231_Carbon_NE_03fceqw.jpg
アルミモデルFUJI JARI 1.5に用意されたPanaracerのグラベルキング700×38Cで走った際も、それなりの速度に乗せる事が出来ましたが。
タイヤサイズが700 x 43Cということは、走破性をも重視してきたか。
ただ、FUJI JARIシリーズのフレームって速度に乗せる事を得意としていますので。
案外43Cでも、速度に乗せる事に長けているかもしれませんね。

CANNNONDALE TOPSTONE CARBONの場合においても、タイヤサイズは40Cと太目ながら、かなりスピードの伸びが良好でしたし。
しかも未舗装路や舗装路双方において、きちんと速度が伸びてくれるんですよ。
つまり700×40Cでも、路面状態に関係なく速度に乗った後の維持力が高く、そのままどんどん速度が伸びてくれます。
要はグラベルカーボンの出来次第で、かなりのスピードを路面状態の影響を受ける事なく出せる訳ですよ。

Fuji Jari Carbon 1.1は幅の広いタイヤを備えた、シクロクロスバイクのように感じるという感想もありますが。
確かに低速時はMTBに近い走りもするので、低速時の走りも期待出来そうです。
(´・ω・`)特にグラベルロードって、低速時と高速時においてまるで走りが異なりますし。
Fuji Jari Carbon 1.1 Adventure Road Bike (2020)

スポンサードリンク

2020年02月21日 トラックバック(-) コメント(-)