2020 FELT VR ADVANCED ULTEGRA  多目的型ロードとして、なんとヒルクライムから、シクロクロスまで視野にいれたロードモデル スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FELT > 2020 FELT VR ADVANCED ULTEGRA  多目的型ロードとして、なんとヒルクライムから、シクロクロスまで視野にいれたロードモデル

2020 FELT VR ADVANCED ULTEGRA  多目的型ロードとして、なんとヒルクライムから、シクロクロスまで視野にいれたロードモデル


ci-921815_5.jpg
2020 FELT VR ADVANCED ULTEGRA
FELTの快適な乗り心地を目指した、エンデューランス系多目的型マルチロードバイクFELT VRシリーズ。
悪路だろうが平地だろうがどんな環境下においても、乗り心地を実現しつつロードとしてのスポーツ性も実現させたモデルです。
この2020年モデル「FELT VR ADVANCED ULTEGRA」は油圧アルテグラスペックに、Felt Variable Road UHC Advanced + TeXtreme カーボンモノコックを採用。

UHC Ultimate+TeXtremeカーボン(トップグレード)
UHC Advanced+TeXtremeカーボン(セカンドグレード)

(UHC Advanced……UHC Performanceカーボンにハイモジュラスカーボン層を加えたセカンドグレードカーボン)

(´・ω・`)セカンドグレードと言っても、TeXtremeカーボンを採用しているだけで相当剛性、軽量性を強化してあるんですけどね。
快適性を重視した多目的型ロードとは言っても、レーシング性能も相当怖い事になっているはず。
TeXtremeカーボンを搭載しただけで、実際にゼロ加速時前方に跳躍したかのような推進性が生まれるんですよ。
しかもその推進性が激軽っ! という。
超軽量なバネが効いた感が。ところでこのFELT VR ADVANCED ULTEGRAはトップグレードですが。
2020年モデルから遂に、105ミドルグレードモデルにも同様のカーボンが使用されています。
ci-921814_9.jpg
2020 FELT VR ADVANCED 105 ミドルグレード
実は旧2019 FELT VR5(105油圧ディスク)の後継機、2020 FELT VR ADVANCED 105もフレーム面でグレードUPしていまして。

旧2019 FELT VR5……UHC Performance Carbonフレーム

2020 FELT VR ADVANCED 105……UHC Advanced+TeXtremeカーボン


(´・ω・`)旧モデルは、UHC Performance Carbonフレームだったのですが。
記念すべき2020年モデルより、UHC Performanceカーボンに、ハイモジュラスカーボン層を加えたUHC AdvancedにTeXtremeカーボン仕様のフレームにグレードUP。
105スペックとはいえ、フラグシップの2020 FELT VR ADVANCED ULTEGRA と同等のフレームを採用しているという事ですよ。
フレーム自体を見て見ると、かなり剛性や軽量性などにおいて性能面が激変している可能性があります。

実際同じ「UHC Advanced +TeXtreme カーボン」を2020年モデルから使用した「2020 FELT FR Advanced 105」に試乗した時、走行性能が一変していましたし。
個人的にはこのミドルグレードモデル2020 FELT VR ADVANCED 105も、フレーム性能の面で注目した方がいいと思います。
ci-921815_8.jpg
ステム Devox SL、-7° ライズ、Ø31.8mm、47cm: 80mm、51cm: 90mm、54cm: 100mm
ハンドル Devox Road Endurance、Ø31.8mm(c-c)、47cm: 380mm、51cm: 400mm、54cm: 42

ci-921815_17.jpg
シフター Shimano Ultegra R8020 11スピード
ci-921815_12.jpg
ci-921815_9.jpg
ヘッドセット FSA インテグレーテッド、47cm: IS-21、1.125″、51 – 54cm: No.42、1.125 – 1.5″
ci-921815_20.jpg
ブレーキ Shimano R8070 油圧式ディスク、160/140mm ローター
フロントハブ  Reynolds Series 1、12 x 100mmスルーアクスル、センターロック
Shimano R8070 油圧式ディスクを搭載する事により、どのような天候下で安定かつ細かいブレーキ操作が可能。
タイヤクリアランスも拡大している点がVRシリーズの特徴です。
レースのみならず、ツーリングなどにおける路面状態の変化や天候の変化にも対応。
荒れた路面から、ヒルクライム、下りまで全てこなせる設計になっています。

高剛性な12mmスルーアクスルハブに加え、VRには世界トップレベルのカーボンを採用する想いがFELT開発スタッフにはあるようで。
ですので今回ミドルグレードモデルフレームのグレードUPに繋がったのでしょう。
ci-921815_11.jpg
フォーク Felt Variable Road UHC Advanced + TeXtreme カーボンモノコック、カーボンコラム、フラットディスクマウント、12 x 100mmスルーアクスル
リム/ホイール Reynolds AR29 DB Custom カーボン、チューブレスレディ
タイヤ Vittoria Rubino Pro GRAPHENE2.0 G+ folding、700 x 28c

米国ホイールブランド、レイノルズミドルグレードのカーボンクリンチャーホイール「All Roadsシリーズ」を採用。
数多くのカーボンリムのOMEも手掛けるレイノルズ社のオリジナルカーボンホイール。
レイノルズオリジナルハブを使用した、ディスクブレーキ専用のオールロードカーボンホイールセットです。
ワイドなチューブレス対応のリムが特徴。
快適性を高める大容量な太目のタイヤにフィットします。
(28C推奨なので、エアロ性能を利用して速度を追求したい、またはグラベルやツーリングを求めてどこにでも自信を持って走れる)
リムハイトが30mmと低めかつ軽量なので、ヒルクライムにも向いているホイールだ。
正に多目的なVRシリーズにピッタリのカーボンホイールと言えるでしょう。
ci-921815_13.jpg
フレーム Felt Variable Road UHC Advanced + TeXtreme カーボン、カーボンBB386シェル、12 x 142mmスルーアクスル、フラットディスクマウント、機械式電動式両対応
VR ADVANCED ULTEGRAは、様々な仕様目的に対応した、ロードバイクと言うべきですね。
レース専用のロードバイクではなく、多目的型。
ですのでVRシリーズは、乗り心地や多目的性に重点を置いています。
またVRは通常のロードバイクとは異なり、路面環境の変化に対応出来る点が特徴。
0.1ミリ単位でフレームの構造解析を実施。チューブ形状を最適化し快適性を向上させたフレーム形状だ。
ci-921815_14.jpg
ci-921815_19.jpg
クランク Shimano Ultegra R8000、50/34T、47cm: 165mm、51cm: 170mm、54m: 172.5mm
BB Token BB386 with 24mm bearings

ci-921815_16 (1)
フロントディレーラー Shimano Ultegra R8000
ci-921815_21.jpg
リアディレーラー Shimano Ultegra R8000 11スピード、ロングケージ
スプロケット Shimano 11スピード、11-34T

フェンダーマウントや1:1のスーパーコンパクトローギアなど、様々な新しい試みをエンデューランスロードに行ったユニークなバイクでもあります。
ツーリングの際の急坂やロングライドも視野に入れたギア比設定。
ci-921815_7.jpg
ci-921815_15.jpg
VRシリーズ最大の特徴は、やはりシートチューブ部分です。
ブリッジを取り払い、シートチューブ全体がしなる事により快適性を高めています。
ブリッジを取り払った形状で快適性を稼いでいる、現在他ブランドでも流行している形状ですね。
更UHC Advanced +TeXtreme カーボン仕様により、理想の剛性と推進性を実現。
ci-921815_22.jpg
リアハブ Reynolds Series 1、4 pawl、24T ratchet、11スピード、12 x 142mmスルーアクスル、センターロック
ci-921815_7.jpg
(VRには42mmのフレームタイヤクリアランスがあります。最大35Cサイズのタイヤまで装着可能)
元々VRは多目的型ロードとして、なんとシクロクロスまで視野にいれたロードモデルでもあります。
ですので、VRには実に最大42mmのタイヤクリアランスを確保してあるのです。
(シクロクロス競技における33CタイヤサイズをVRに装着する事を、最初から視野に入れている。その為シクロクロス競技などにおいて、急な下り坂や泥汚れに見舞われる事も想定。最高のブレーキ性能が必要不可欠だと開発スタッフは考えたそうです。ですので油圧アルテグラの導入に積極的だった模様)

えらく拡張性が高いロードだとは思っていましたが……泥対策やブレーキ性能の確保まで視野に入れていた訳ですね。
(ですので、より悪路に対応出来る様にドロッパーシートポストも導入可能)
その為タイヤクリアランスを拡大しても、剛性が落ちない設計を施している。
(´・ω・`)しかし、実際にはどの程度いけるのだろう? 
気になる……
ci-921815_18.jpg
サドル Prologo Dimension Space T4.0
シートポスト Devox UHC Performance カーボン、Ø27.2mm x 344mm

つまりVRは通常のロードでは走れない未舗装路やトレイルでの探検も視野に入れているという訳か。
農道での走行すらも視野に入れているという事は、タイヤサイズ次第でグラベルロード風の使い方も。
今後エンデューランスロードモデルは、グラベルロード寄りの性能が求められてくる時代に入ったのかもしれませんね。
2020年モデル VR ADVANCED

スポンサードリンク

2020年02月22日 トラックバック(-) コメント(-)