海外2020 Fuji Supreme 2.3 Road Bikeを、2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISCと比較 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 海外2020 Fuji Supreme 2.3 Road Bikeを、2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISCと比較

海外2020 Fuji Supreme 2.3 Road Bikeを、2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISCと比較


prod192464_Satin Storm Silver_NE_03 (1)xZ
海外2020 Fuji Supreme 2.3 Road Bike
スピード性及び軽量性を重視した女性用エアロロードバイク「Fuji Supreme 2.3」
(´・ω・`)その海外2020年モデルをチェックしてみましたが……それ程国内仕様と変わらないですね。
今回は以前試乗した新型2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISCと、 Fuji Supreme 2.3について簡単な比較をしてみました。

この女性用世界最速エアロロードFuji Supremeは、さまざまなデータソースを使用して女性ライダー向けに開発されたもので、デザインと仕様は女性のプロチーム及びアスリートに供給されています。
Fuji Supremeの主な特徴は以下の通り↓
①最新のエアロチューブなので、優れたスピード性を発揮。ディスクブレーキで細かいブレーキ操作が可能。
実に速くスピード性主体の生き生きした乗り心地。
②急坂は登りにくい。他のブランドのエアロロードほど登りは軽くはない。

DSCN3116f4cabf.jpg
2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISC
世界最速仕様女性用エアロロードFUJI SUPREMEを参考に、2020年モデルからモデルチェンジしたFUJI TRANSONIC 1.1 DISC。
確かにゼロ加速性性能が重くて「軽い」という印象はなかったけど……

一度速度に乗ると急激に加速していって、無敵の高速性を発揮。
低速域から速度に乗ると、一気に高速域に切り替わる過程……というか圧倒的なパワーはちょっとショックを受けますよ?
速度に乗せてしまえば、TRANSONIC 1.1 DISCは無敵の高速性で他のエアロードを圧倒。
色々な意味で、世界最速にこだわったエアロロードという印象を受けました。

速度が乗っている分には、それ程登りに弱いという印象は無かったけど。
ああ……確かに急坂だと分からないですね。
prod192464_Satin Storm Silver_NE_02
Fuji Supremeもただひたすら早く、攻撃的な走りという海外の感想です。
ただし女性用の為に設計されているので軽快でありながらコントロール性が高く、グリップを利かせながらコーナーをハイスピードでこなせます。
快適性に関しては、やはりSupremeの方がより重視しているのか。

長く平坦な路面で発生する速度の変化の感想は、FUJI TRANSONICと近いですね。
Fuji SupremeはFUJI TRANSONICと同じく、平坦な路面における爆発的な速度の伸びが期待できるということか。
乗り手が望む限り強力な推進性によって、高速域での走行性能にずば抜けている点など。
やはり両モデルは走りにおいて、近い走行性能なんでしょうね。

ただし、速度重視のギア比設定なのでより長い登りを苦手とするそうです。
(´・ω・`)うーん、FUJI TRANSONIC個人的には速度さえ乗っていれば何とかこなせる感があったけど。
確かに登りが得意というと、そうでもなかったかな。
prod192464_Satin Storm Silver_NE_01
prod192464_Satin Storm Silver_NE_03hiuyi
ハンドルバー Oval Concepts 310 Ergo, 6061 Alloy, 31.8mm clamp, 133mm drop, 4 Deg sweep
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7 Deg

アルミ製Oval Concepts のドロップハンドルを使用して、コストを低く抑える事に成功しています。
将来カーボン製ハンドルに交換することで、よりスムーズな乗り心地と更なる軽量化のためカスタマイズする余地を残してあります。
Fuji Supremeのジオメトリを女性用に設計することでポジション設定が容易になり、ハンドリング性能が向上。
prod192464_Satin Storm Silver_NE_03ye5w
フォーク FC-440 Carbon monocoque with tapered Carbon steerer, 12mm thru-axle dropout w/ flat-mount disc system
ブレーキ Shimano Ultegra Hydraulic, 140/140 rotors
やはり女性用モデルということで、手の小さな女性が長時間ブレーキをかけ続けても疲れを感じにくい様に、油圧ディスクをいち早く導入したという開発経緯がある。
prod192464_Satin Storm Silver_NE_03 (1)dwq
フレーム C10 high-modulus Carbon, integrated head tube w/ 1 1/2" lower, PF30 BB, double water bottle mounts, oversized ETC chainstays, flat-mount disc system, Carbon dropout 12mm thru-alxe and replaceable hanger
フレーム全体に高弾性ハイモジュラスカーボンで構成。
更にフレーム全体にエアロ形状を取り入れています。


フレームはカーボンモノコックフォークを備えたハイモジュラスC10カーボンで構成。
カラーはサテンストームシルバーと呼ばれる薄紫色です。
2020 FUJI TRANSONIC 1.1 DISCは、アグレッシブなライドポジション。更にレーシーなギアリングなどが特徴。
確かに以上に速く感じるエアロロードでした。
その 2020年モデルよりモデルチェンジした新型FUJI TRANSONICの開発コンセプトの元になったのが、このFuji Supremeなのです。

フレームとフォーク全体にカムテール形状
フレームとフォークの両方で使用されるカムテールは、他ブランドのエアロードよりもヨー(横風)角での抗力が小さく、性能が優れたカムテール形状を採用したエアロフレームです。
prod192464_Satin Storm Silver_NE_03feq
ドライブトレイン  Shimano Ultegra 11-Speed
クランクセット Oval Concepts 500, Praxis rings 52/36T


当然のことながら、高速性を重視したFuji Supreme 2.3らしく、ギアはスピードを重視。
カセットはShimano Ultegra, 11-28T。11-28Tカセットは、登りよりも高速性に重点を置いています。

フロントには52/36Tオーバルコンセプト500クランクセットが付属しています。
prod192464_Satin Storm Silver_NE_03g3tg
ホイールセット Oval Concepts 524 Disc
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro

エアロ形状のカーボン製シートポストは、女性用エアロロードということで、乗り心地をスムーズにする為に十分な衝撃吸収性を持っています。
ただFuji Supremeは快適さではなく、やはり速度に重点を置いているとか。
prod192464_Satin Storm Silver_NE_03
カセット Shimano Ultegra, 11-28T

prod192464_Satin Storm Silver_NE_03iuhuix
Supreme 2.3はスピードを出す為のスペシャリストなエアロロードであり、世界最速のスピードクイーンとしてその機能は非常に優れています。逆に長い距離を走る為に快適性を重視しているなら、ロングライドモデルのFuji Sportif などが向いているという事になります。
しかしFuji SupremeにもFUJI TRANSONICにも言えることですが、エアロロードによる熱狂的なスピード性を愛しているならこの2モデルはチェックした方がよいかと。
確かにスピード性能において、世界レベルの性能なのは間違いないですし。
Fuji Supreme 2.3 Road Bike (2020)

スポンサードリンク

2020年02月23日 トラックバック(-) コメント(-)