12万円台で130kmアシスト可能! 通勤通学用電動クロスバイク ブリヂストン TB1 E(ティービーワン e/TB7B40) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > 12万円台で130kmアシスト可能! 通勤通学用電動クロスバイク ブリヂストン TB1 E(ティービーワン e/TB7B40)

12万円台で130kmアシスト可能! 通勤通学用電動クロスバイク ブリヂストン TB1 E(ティービーワン e/TB7B40)


tb7b40_1hj.jpg
ブリヂストン TB1 E(ティービーワン e/TB7B40)

(´・ω・`)これが噂のブリヂストン新型電動アシストモデル TB1 E。気になる……
12万円台の電動アシストクロスバイクながら、なんと最大航続距離が130kmを叩き出している訳ですね。
スポーツ用のシマノeSTEPや、eBIKE用電動アシストドライブユニットなら130kmのアシストは可能ですが。
通勤通学用電動アシスト用自転車で130kmとは……しかも価格もeBIKEに比べて抑えていますよね。
tb7b40_2.jpg
元は通勤通学用クロスバイクらしく、実用性を重視した電動クロスバイクだ。
電動クロスバイクにはないサークル錠やドロヨケ、サイドスタンドといったママチャリに必要不可欠なパーツを取り付けてある。
クロスバイクに、ママチャリの要素を落とし込んでいったかのようなデザイン



ブリヂストン TB1 Eの特徴
①充電の持ちの良さ。
12万という価格帯で、エコモードの場合130km走れる電動自転車はあまりないはず。
流石に130kmとなると、充電回数が減らせますよね。
一日4km通勤通学に使用するとした場合、一か月に一回程度の充電で済む訳で。
基本毎日使用するのに適した、電動クロスバイクだ。
その秘密は走りながら自動充電(回生充電)するギミックが用意されており、減速エネルギーを利用して充電する機能が備わっている。(エコモードなら、自分でペダルを回す感覚を残しながらサイクリングを楽しめる)
②ベースは通学用クロスバイク(自転車なので)使い勝手の良いパーツ構成
元々ブリヂストン TB1 E(は通勤通学用クロスバイクブリヂストン TB1を電動アシスト化したモデル。
チェーンガード、泥除け、スタンド、鍵まで用意されているので追加費用が必要ない。
③前輪がモーター駆動、後輪が人力なので、車で言うところの4WD仕様。
基本ペダルを踏みだす力と一緒にアシストが加わるので、かなりスムーズな加速が楽しめるバイクだ。
特に両輪駆動を生かした坂道のアシストは相当楽が出来る。
④元々通勤用クロスバイクがベースになっているので、ママチャリにはないスポーティーなデザインも特徴。
つまりあまりママチャリな電動自転車デザインをしていない。
あくまで、クロスバイクベースの電動モデル。
img_tb1_2020_bk@2x.jpg
通学・通勤向けクロスバイクTBI(ティービーワン)
元々はブリヂストン TB1は過酷な環境下で走行する事を考えた、通勤通学用クロスバイクなんですよね。
ホイールもシティサイクル向けの27インチ。タイヤは27×1-3/8。
発売は2019年で、この度2020年モデルより驚きの電動アシスト化をした訳です。
tb1e_exp1.jpg
電動アシスト距離は、通常の電動アシスト自転車に比べて40%UP!
(´・ω・`)最近は100kmまでアシスト可能距離を伸ばした電動自転車が増えてきたけど。
やはり130kmという数字を叩き出したTB1 Eは驚異的。
わずか1回の充電でそこまで走れるとは……

ブリヂストンの両輪駆動は、走っている間にモーターが発電して自動で充電がされる「回性充電」機能付き。
つまり走行中における減速の力を利用して、充電する仕組みだ。
回復充電機能条件
ブレーキ回復充電機能➝左ブレーキをかけた時
下り坂自動回復充電機能➝ペダルを漕がない状態で、ペダル停止時の速度または左ブレーキレバーを離した時の速度を上回る場合
平地自動回復充電機能➝ペダルを停止した場合

tb7b40_9.jpg
バッテリー  リチウムイオンバッテリーB400   容量361Wh 9.9Ah 36.5V
だから自宅での充電回数も減り、アシスト可能距離も伸ばせる
正に走りながら充電してしまう点が、距離を伸ばしているポイント。

また走りながら充電を繰り返すので、バッテリーの負荷になるバッテリー残量0%と100%を防ぐことが可能。
つまりバッテリーの寿命が、通常の電動アシスト自転車よりも1.5倍も伸ばせる訳だ。
何気にバッテリー寿命を延ばす事に成功した、電動クロスバイクですね。
tb7b40_3.jpg
ショートシリンダータイプLEDオート点灯ランプ
暗くなると自動で点灯するLED。
コンパクトながら、もちろん光量は充分に確保。電源はバッテリーから供給されます。
tb7b40_10.jpg
この70%という意味は、バッテリー残量のパーセンテージ(%)
下の方の3つの丸は、アシストモードを表示。
つまりアシストモードとバッテリー残量を確認出来るパネル形式になっている。

7段ギアだがギア比を高くしても、グイグイ登れるアシストが加わるのでアシスト力はかなり強力。
更に移動中に回生充電すると、モニターに「充電中」の表示(模様)が出るギミックが備わっている。
走行中「充電してくれる」という安心感も得られるのだ。
tb7b40_8.jpg
電動アシストモーター
走りながら自動充電する機能を搭載し最大130kmのアシスト可能距離を実現。
つまりブリヂストン TB1 Eは前輪はフロントモーターによる駆動。後輪は人力による駆動によって両輪駆動タイプの電動アシスト自転車。登り坂に強いタイプですね。
tb7b40_4.jpg
デザインに関して、スマートな点が特徴。Ebikeの様に大型ではなく、クロスバイクの様なスマートなデザインとサイズになっている。
移動中に汗をかきにくく、坂道もスムーズに走るのでスーツを着てもスイスイ移動出来る点がポイント
tb7b40_7.jpg
パンクに強く長寿命な高耐久タイヤ、ブリヂストンロングレッドを採用。
空気が少ない状態でも、ひび割れしにくくパンクしにくい。
tb7b40_6.jpg
リアブレーキはローラーブレーキになっている。
tb7b40_5.jpg
変速はリア7段変速。
TB1 E(ティービーワン e/TB7B40) ブリヂストン電動自転車・E-bike(イーバイク)

スポンサードリンク

2020年02月25日 トラックバック(-) コメント(-)