2020 Fuji Gran Fondo 1.3  長距離ロングライドイベントモデルがディスク化へ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2020 Fuji Gran Fondo 1.3  長距離ロングライドイベントモデルがディスク化へ

2020 Fuji Gran Fondo 1.3  長距離ロングライドイベントモデルがディスク化へ


prod192474_Onyx_NE_03.jpg
2020 Fuji Gran Fondo 1.3

長距離ロングライドイベント「グランフォンド」の為のフルカーボンロードモデル「Fuji Gran Fondo 1.3」。
(´・ω・`)おおっ……Fuji Gran Fondoのアルテグラディスクモデルだ……出ていたのか……。

FUJIはレース用フレーム性能を犠牲にすることなく、非常に不快な乗り心地を望まない人の為にグランフォンドモデルを製作しました。
スムーズな乗り心地を最重要視したロードモデルでもあります。
路面からの振動は疲労を引き起こすので、それをフレームで押さえる事にFUJIは腐心。
また乗り手の体力を節約出来るロードなんですね。
prod192474_Onyx_NE_01.jpg
いずれにしてもFuji Gran Fondoは路面からの振動を抑えるためにカーボン素材を選択しています。
セカンドグレードカーボンの「C10ハイモジュラスカーボンフレーム」を採用。
フレームの重要な箇所に、ポリウレタン処理されたファイバー繊維が含まれています。これにより、振動が解消され、よりスムーズで快適な乗り心地が得られます。

同じ理由で、シートステイには誇張された曲線が確認できます。更にタイヤサイズは一般的な25Cではなく30Cタイヤが標準装備されており、粗い舗装路をさらにスムーズに走破可能。
ハードな高速&加速中においてはそれほどきびきびしていないかもしれませんが、山の登りや下りにおいてバイクは安定しているように感じられ、アルテグラスペックのブレーキは非常に簡単に調整可能です。
prod192474_Onyx_NE_02 (1)
前述した通りFuji Gran Fondo 1.3は、乗り心地を著しく滑らかにする走りが特徴です。
走りに慣れてからは、リラックスした走行感を楽しめます。

Gran Fondo は急勾配を登ったり、終日のライドでスムーズに、速く、快適に走れるように設計されています。
道路状態に左右される事なく、自分の都合で走れます。
乗り易く アグレッシブなライドポジションのおかげで、スリルを十分に楽しむ為のバイクでもあります。

2020 Fuji Gran Fondo 1.3の特徴

VRTechを搭載したC10高弾性カーボンフレームにより、振動を低減し、耐久性のあるジオメトリにより快適性を実現
FC-440カーボンモノコックテーパードカーボンフォーク
Shimano Ultegra 11スピードコンポーネント、コンパクトなクランクセットと11-34カセットにより、ワイドなギア比。
平地や山岳コースなど様々な状況下で景色を楽しんで走行する、グランフォンド系イベントに適している。
Praxis PF30変換ボトムブラケット
Oval Concepts 524 Discチューブレス対応ホイールセット
160/160ローター付きShimano Ultegra油圧ブレーキ

prod192474_Onyx_NE_02uihoui.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 310 Ergo, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 133mm drop, 4° sweep
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-7°

ブレーキレバー Shimano Ultegra Hydraulic
シフター Shimano Ultegra Dual Control Hydraulic, 11-speed

prod192474_Onyx_NE_02hiu.jpg
ヘッドセット FSA, 1 1/8" upper - 1 1/2" lower, integrated
FUJIグランフォンドは、背の高いヘッドチューブが特徴
レーシングモデルFUJ ISLとFuji Gran Fondoのジオメトリと比較すると、チェーンステイの長さ、ホイールベース、シート角度は比較的同じままであり、同様に高い反応のハンドリングをより快適なポジションで乗り手に提供します。
prod192474_Onyx_NE_02ojip.jpg
フォーク FC-440 carbon monocoque w/ VRTech, tapered carbon steerer, flat-mount disc system, 12mm thru-axle dropout, hidden fender eyelet
ブレーキ Shimano Ultegra Hydraulic, 160/160 rotors
フォークは、インターナルケーブル仕様で、すっきりしたシンプルな外観になっています。
フォークといえば、FUJIはこのディスク化した2020年モデルにおいてスルーアクスルを使用。
スルーアクスルを15mmではなく12mmにした理由は、重量を少しでも軽量化する為です。
prod192474_Onyx_NE_03td.jpg
ホイール Oval Concepts 524 Disc, centerlock hubs, 100x12mm & 142x12mm thru axles, 700c 24/28H rims
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro, 700 x 30, 60tpi, folding
prod192474_Onyx_NE_03tgrst.jpg
フレーム C10 high-modulus carbon w/ VRTech, integrated head tube w/ 1 1/2" lower, internal cable routing, PF30 BB shell, double water bottle mounts, oversized ETC chainstays, flat-mount disc system, 12mm convertible thru-axle system w/ replaceable hanger & hidden fender eyelet
VRTECHについて
VRTech [Vibration Reduction Technology]は、高周波数振動を放散する事を目的としたGran Fondo独自の機能です。
Gran Fondoの高弾性カーボンレイアップ内に戦略的にPU [ポリウレタン]繊維を配置。
VRTechによって強化されたGran Fondoフレームは、非VRTechフレームと比較して24.6%道路の振動を低減します。
prod192474_Onyx_NE_02.jpg
prod192474_Onyx_NE_03gyiy7.jpg
フロントディレーラー Shimano Ultegra, braze-on mount
リアディレーラー Shimano Ultegra GS
クランク Shimano Ultegra, 50/34T
BB Praxis PF30 conversion bottom bracket
カセット Shimano HG-700, 11-34T

Fuji Gran Fondo 1.3 はスルーアクスル化及びディスク化に伴い、ディスクブレーキの力に対抗するために非対称のチェーンステイ形状を取り入れました。
Shimano HG-700, 11-34Tは、上り坂、下り坂、平坦なローリングロードに十分なギア比を提供。

隠しフェンダーアイレット
フロントとリアのドロップアウトには、フェンダー機能用の隠れたアイレットが用意されています。
FUJIはこのバイクにツーリング目的などに使える様に、柔軟性を持たせる為。
どこでも好きなようにフェンダーをセットアップできます。
prod192474_Onyx_NE_03jf.jpg
サドル Oval Concepts 544 with pressure relief zone, steel rail
シートポスト Oval Concepts 905, carbon & alloy, 27.2mm diameter

サドルは非常にクッション性があり、シートステイは機能的に弾力性があります。
カーボンシートポストも路面からの振動の量を減らす効果が期待できます。

2020 Fuji Gran Fondo 1.3はバランスの取れたパッケージ
Fuji Gran Fondo 1.3は、長距離の乗り心地を提供するバランスのとれたグランフォンドモデル。
最軽量の自転車ではありませんが、急勾配の登りをこなし、滑らかな走りを提供するので走行可能なルートが急拡大します。
Fuji Gran Fondo 1.3 Road Bike (2020)

スポンサードリンク

2020年02月26日 トラックバック(-) コメント(-)