2020 MASI CATALINA CLARIS 2×8SPEED (マジ カタリナ)  フロントダブルのSHIMANO CLARIS を採用した、ツーリング寄りのグラベルロード スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MASI > 2020 MASI CATALINA CLARIS 2×8SPEED (マジ カタリナ)  フロントダブルのSHIMANO CLARIS を採用した、ツーリング寄りのグラベルロード

2020 MASI CATALINA CLARIS 2×8SPEED (マジ カタリナ)  フロントダブルのSHIMANO CLARIS を採用した、ツーリング寄りのグラベルロード


ci-918253_3.jpg
2020 MASI CATALINA CLARIS 2×8SPEED (マジ カタリナ)

イタリアンデザインのクロモリフレームに、フロントダブルのSHIMANO CLARIS を採用したツーリング寄りのグラベルロード「MASI CATALINA CLARIS」。

アドベンチャーロードながら輪行やツーリング寄りだけではなく、日常性も考えた一台になっています。
フレームはダブルバテッドのクロモリフレームなので、漕ぐごとに加速するタイプ。
ツーリングの際、悪路などの振動をクロモリが確実にコントロール。
ツーリング系シマノ製クラリスパーツと、軽いギア比設定のギアがアドベンチャーツーリングに適した設定になっています。
ci-918253_10 (1)
ブレーキレバー  Shimano Claris
MASI CATALINA CLARISはツーリング系グラベルロードとは言っても、カンチブレーキにレバー変速仕様ではなく、STI仕様です。
(シマノ CLARIS ST-2400-Rデュアルコントロールレバー 8スピード)

和製ツーリングモデルに見られる様なカンチブレーキに、レバー変速仕様ではありませんが。
その代わりレザー風のデザインなどで、レトロ性を重視したハンドル周りのデザインです。
ci-918253_9.jpg
ハンドルバー  HL X-RACE 31.8 Flared 8°
ステム  Kalloy AS-007N

ブレーキレバー部はハの字形状で、フレアータイプのグラベル用ドロップバー。
見た目クラシカルですが、ツーリングだけではなく悪路時におけるグラベルライドにも適した形状になっています。

Kenda Flint Ridge 700×35C
カンザス州グラベルの鋭利な岩のネーミングに由来した、グラベル専用セミブロックタイヤ「Kenda Flint Ridge」 を採用。
転がり速度とグリップに長け、クロスカントリーやオールマウンテン用向けのタイヤですね。
DSCN7355xdeqvsd.jpg
丸石自転車 Touring Conductor (丸石 エンペラー ツーリングコンダクター)
(´・ω・`)参考までに、通常のクロモリツーリングモデルと比較してみましょう。
ツーリングモデル「丸石 エンペラー ツーリングコンダクター」の場合、パナレーサーパセラの700×35Cサイズを採用。
グリップも効いていたし、路面追従性も強力。
まるで路面を、タイヤが噛みついているかの様な強烈な安定感がありました。
推進性や加速性よりも、一定のペースで走るのに適したタイヤサイズという印象。
確かに長時間乗った際、体を預けやすいサイズが700×35Cですね。
MASI CATALINA CLARISも、本格ツーリングモデル丸石 エンペラー ツーリングコンダクターと同様に700×35Cサイズが採用されています。
セミブロックタイヤなので、走破性も確保している点が通常のツーリング系タイヤと違う点ですね。
ci-918253_4.jpg
フォーク  1-1/8″, Cr-Mo
リム Alex DP23 32H
フロントハブ Formula CL-51N 32H Center Lock QR

タイヤ Kenda Flint Ridge 700×35C
フォークもストレートではなく、ツーリングに適したベントを施したクロモリフォーク。
ツーリング中、路面から上半身に来る振動をフォーク部でもコントロールする為の形状です。
フレーム、フォークに多数装備されるダボ穴で、拡張性も十分確保。バイクパッキング系ホルダーも収納し易い設計に。
泥除けやリアキャリアをつけて通学、通勤にも使える多目的性もあります。
なんとトップチューブ上部にもアイレットを用意し、トップチューブバッグを設置可能。
価格こそは抑えていますが、バイクパッキングの為の機能性は十二分に確保してあります。
ci-918253_11.jpg
ブレーキ Promax DSK-300R
ローター Shimano SM-RT10 160mm

ハブはQR方式。
ブレーキはメカニカル方式のPromax DSK-300R。
販売価格は106,700円(税込)
MASI CATALINA CLARIS はシマノクラリススペックで10万円台というかなり価格を抑えています。
FUJI FEATER CX、KONA ROVE、JAMIS RENEGADE A1などクロモリ・アルミ&クラリススペック系グラベルロードは大体99800~100000程度の価格帯で販売されています。

(´・ω・`)やはりこの価格帯のグラベルに対抗する為に、106,700円という価格設定になったのでしょうね。
何気にジェイミスやFUJIなどの米国系ブランドが頑張ってくれているお蔭で、大分10万~10万アンダーのグラベルモデルが増えてきました。嬉しいですよね。
ci-918253_8.jpg
フレーム Double Butted Cr-Mo
ci-918253_14.jpg
チェーンホイール SAMOX AF37M-255AS 46X30T
BB FSA BB-7420ST 68-113mm
ci-918253_12.jpg
Catalinaのロゴはトップチューブ後部に筆記体であしらわれている。
Catalina=南カリフォルニア沖にあるカタリナ島。
どうも「カタリナ」というネーミングの由来は、その島から来ている様です。
イタリア工房からアメリカ工房にMASIが移転してきたMasi USAを意識したデザインかな?
クランクがシルバーではなく、あえてブラックカラーですし。
ci-918253_15.jpg
フリーホイール  Sunrace CSM55 8speed 11-34T
リアディレーラー  Shimano Claris

ci-918253_13.jpg
サドル  WTB Volt Sport
シートポスト HL SP-D286 27.2X 350mm

サドルには最近グラベル系&アドベントチャーロードで勢力を増す、米国オフロードブランドWTB製サドル。
通常のロード系サドルよりもクッション性やコンフォート性を重視。
終日のライディングで快適性を保つことのできる十分な厚みがあり、しかも軽量。
クロスカントリー競技に適したサドルを、グラベルロードに持ってきた訳ですね。
しかもレザー風のカラーで、クラシカル感を重視。
ci-918253_6.jpg
ci-918253_5.jpg
ライトカギプレゼント MASI マジー/マジィ 2020年 CATALINA カタリナ CLARIS 2×8SPEED

スポンサードリンク

2020年02月29日 トラックバック(-) コメント(-)