2020 GIOS MITOはジオス伝統のツーリングシクロクロスの流れを汲むグラベルロード スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GIOS(ジオス) > 2020 GIOS MITOはジオス伝統のツーリングシクロクロスの流れを汲むグラベルロード

2020 GIOS MITOはジオス伝統のツーリングシクロクロスの流れを汲むグラベルロード


ci-230251_1.jpg
2020 GIOS MITO
クロモリグラベルバイクのMITOです。クロモリのSORA完成車で、なんとグラベルモデルながらフロントトリプル仕様。
機械式ディスクブレーキを採用しています。
GREENカラーというちょっと珍しい水色のカラーリング。
このGREENカラーの外にもブラックとジオスブルーの3色展開になっています。

後で説明しますが、伝統的なGIOSモデルの後継機的なモデルなのでその流れを引き継ぐダボ穴も用意。
特にツーリングを重視したダボ穴構成になっています。
ちなみに同じクロモリのジオスナチュールは、105油圧ディスクブレーキを採用していますが。このGIOS MITOの場合はメカニカルディスク路線です。

上位モデルのジオスナチュールの場合は、手組ホイールを始め105スペックとなかなかパーツ面が充実していますが。
GIOS MITOの場合は伝統的なGIOSモデルの流れを汲むモデルですので、やはりツーリング寄りのグラベル構成になっていますね。

pure_drop.jpg
GIOS PURE DROP(ピュアドロップ)

フレーム アルミ
フロントフォーク Cr-Mo
リアディレーラー ShimanoRD-3400
ブレーキ TEKTRO922AGカンチブレーキ

グラベルモデルGIOS MITOは、このかつてのツーリング系シクロクロスモデルGIOS PURE DROPの発展型です。


2009年GIOS PURE DROPモデルはツーリング系。
2011年モデルはシクロクロスモデルという扱いのアルミモデルでした。
一応シクロクロス扱いですがどちらかというと、ツーリング目的のユーザーが多かったですね。
ですので、フェンダーやキャリアーなども取り付け可能。
このGIOS PURE DROPフルクロモリではなく、フレームが7000系アルミでフォークがクロモリ。

グラベルロードGIOS MITOがフロントトリプルなのは、このGIOS PURE DROPの流れを汲むグラベルロードだからなんですよね。
ちなみにGIOS PURE DROPの仕様も、リーズナブルさを重視してシマノSORA仕様。
確か価格は当時8万円程度。
pure_drop-1cdcds.jpg
あと元祖GIOS PURE DROPはSUGINO製クランクセットを採用し、ツーリング色を強化したビジュアルが特徴。
タイヤサイズはGIOS MITOと同じく700X35C。
見ての通りカンチブレーキ仕様ですが、なんとインラインブレーキまで用意されていてどこからでもブレーキ操作出来るお気楽クロスバイクモデルでした。
ci-230251_5.jpg
こうして見て見ると、GIOS MITOはGIOS PURE DROPの細身のフレームデザインを、上手く引き継いだ形になります。
フレームそのものは7005系DBアルミ➝クロモリに変更になった訳ですが。
デザインがより近い感じがします。
GIOSとしては伝統のクロモリフレームで、スリムなシルエットと乗り心地を重視したグラベルモデルとしてGIOS MITOを設計。
更にGIOS PURE DROPのフロントトリプルギアを引き継いでいるので、ツーリングの際の勾配の急な登り坂に強いグラベルに仕上がっています。
あとやはりGIOS PURE DROPと比較するとカンチブレーキ➝メカニカルディスクに変更になった点ですね。
ツーリングにおいても、全天候に強いディスクと700×35Cタイヤを組み合わせる事により、ツーリング向きながらも高い走破性を獲得したグラベルロードです。
ci-230251_6.jpg
ハンドルバー GIOS ORIGINAL φ26.0
ステム GIOS ORIGINAL 80/90/100mm

GIOS PURE DROP(ピュアドロップ)はツーリング用途を意識して、シルバー系パーツが目立ちますが。
このミトの場合はグラベルロードらしく、ブラック系パーツで統一している点がデザイン上の特徴になっています。
(どちらかというとジオスは昔から、シクロクロスモデルなどにブラックを好み傾向にある)
ci-230251_19.jpg
チェーンホイール SUGINO XD-350T 48/38/28T L170mm
2011モデル GIOS PURE DROPって、クランクセットにSUGINO RD500T 48/38/28T 170mm(シルバー)を採用していたんですけど。
実は2020年モデルGIOS MITOも同じく、SUGINO製クランクを採用。
(´・ω・`)先程説明した通り、クランク部はグラベル向きのブラックカラーになっています。
ギア比も近い形になっているのか……
GIOS PURE DROP長い間ツーリングモデルとして愛されてきた「実績」があるモデルなんです。
その辺を意識してGIOS MITOもより近い仕様にしてきたと推測されます。
ci-230251_11.jpg
フォーク GIOS ORIGINAL CR-MO FORK
ブレーキ MD-C500 Φ160
リム ALEX GD26 700C 32H
フロントハブ SHIMANO HB-M475 32H
タイヤ KENDA K-1047 700×35C
ただしGIOS MITOとGIOS PURE DROPの異なる点は、フロントフォーク形状ですね。
同じクロモリ系フォークですが、GIOS PURE DROPはツーリング向きのベントフォーク仕様。
GIOS MITOは悪路でのコントロール性を意識してストレートフォーク形状になっています。
ci-230251_7.jpg
フレーム  4130 CR-MO SPECIAL TUBING FOR GIOS
また両モデルともケーブル配置は、ツーリング時メンテし易い外付けですね。
ci-230251_12.jpg
シフター SHIMANO ST-R3030
ci-230251_14.jpg
ci-230251_15.jpg
ci-230251_16.jpg
ci-230251_20.jpg
フロントディレーラー SHIMANO FD-R3030
ci-230251_24.jpg
BB TH-7420 (BSA)
ci-230251_17.jpg
ci-230251_23.jpg
ディスク用ハブにアレックスリムを組み合わせたジオスオリジナル。
エンド形状はかなり個性的で、リアキャリアーを取り付ける際のダボ穴も用意されています。
ci-230251_21.jpg
リアディレーラー SHIMANO RD-R3000GS
フリーホイール SUNRACE 12-25T
ci-230251_18.jpg
サドル GIOS ORIGINAL
シートポスト GIOS ORIGINAL φ27.2

ライトカギプレゼント GIOS ジオス 2020年 MITO ミト ロードバイク グラベル 通勤通学

スポンサードリンク

2020年03月05日 トラックバック(-) コメント(-)