2020 FUJI JARI1.3(ジャリ1.3) が9kg台に軽量化出来た訳 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2020 FUJI JARI1.3(ジャリ1.3) が9kg台に軽量化出来た訳

2020 FUJI JARI1.3(ジャリ1.3) が9kg台に軽量化出来た訳

jari130_cad.jpg
2020 FUJI JARI1.3(ジャリ1.3)
こいつはすげぇ……遂に2020年モデルから遂に9kg台に軽量化ですよ。
元々2019年モデルはワンバイイレブンのSRAM APEX 1×11に、ディスクブレーキは軽量性を重視してメカニカルディスク路線でしたが。
それでも重量10.08 kgとかなり抑えている印象でした。
遂に2020年モデルより重量9.8kgと、かなり軽量に抑えています。
(´・ω・`)なんだろう……塗装面においても、アルミカラーを採用して塗装面においても重量を抑えているのか……。
かといってFUJIのロゴをグリーンにしたり、アメサイドカラーのグラベルタイヤを採用したりとデザイン面においても変更が加わっていますね。
今回は、どうして9.8kgと軽量化に成功したのかポイントをまとめてみました。
jari130_5.jpg
フレーム A6-SL Super Butted Aluminum, semi-internal cable routing, flat-mount disc & convertible axle dropout
①軽量化の為にアルミフレームを細身に
元々FUJI JARIシリーズのアルミフレームは細身で、重量を抑えたパイプでした。
カーボンの軽さとクロモリの快適性が合体したかのような、アルミフレームなんですけどね。
前三角に振動吸収性に長けた6061番アルミ
リア後三角に強靭な6066番アルミが採用。
アルミ素材をフレーム各所に使い分ける事で、推進性や独特の軽快感のあるフレームになっている。
(´・ω・`)つまり細くて軽量性を稼いでいるだけではなく、走行性能に関しても考え抜かれたフレーム。
ま、2020年モデルはとうとう塗装にまでこだわって重量を更に抑えてきた訳だ。
jari13_ju6vs.jpg
2019 FUJI JARI1.3 マットネイビー
2019年モデルはFUJIが得意とするカラーリング「マットネイビーカラー」
タイヤはPanaracer Gravelking SK, 700 x 38cのブラックを採用し、精悍な雰囲気でした。
jari130_6.jpg
フォーク FC-440 Cross carbon monocoque, 12mm thru-axle w/ flat-mount disc tabs, tapered steerer, rack/water bottle mounts
②軽量化の為にフロントフォークをフルカーボンフォークに
あとはフルカーボンフォークなどでFUJI JARIは重量を稼いでいますね。
とはいえ実際乗ってみると実に極太で、やたらコントロール性が高かった印象。
エアロフォークよりは明らかに、堅牢性や積載性を重視した設計でした。
(フォーク側面にボトルケージやラックなどマウント可能。実際使用する利便性を考えた設計になっています)

jari130_9.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25° flare, 4° sweep
ステム Oval Concepts 313, 3D-forged 6061 stem body, +/-6°

シフター SRAM Apex 1X, 11-speed
OVALのアドベンチャーバーなんですけど。グラベルモデルでは流行の下広がりタイプのフレアドロップバー。
ライダーの手首の角度を最適化しドロップ部分をより有効的にする為に一般的なロードタイプより20mm 幅が広く、125mm ドロップ、4 度バックスウィープ、25 度アウトスウィープ仕様となっており未舗装路でのバイクコントロール性が向上。
シフターはSRAM Apex 1X, 11-speedのダブルタップ仕様。変速操作は右側だけなので走りの際、変速操作の負荷を減らすことが出来る。
変速レバーを押すストローク量によってアップにもダウンにもギアチェンジ可能。
基本変速操作の負荷が少ないタイプですね。
jari130_8.jpg
ヘッドセット FSA No. 42, 1 1/8” - 1 1/2”, integrated cartridge
jari130_7.jpg
ブレーキ Tektro MD-C550 mechanical disc, 160mm rotors

③軽量化の為に、メカニカルディスクブレーキ仕様
通常このクラスのワンバイグラベルは、最近油圧ディスクが多いけど。
FUJI JARI1.3にはあえて、軽量化の為にテクトロのメカニカルディスクを採用。
TRP Spyre対抗ピストン仕様で軽量性とブレーキ性能を稼ぐ計算。
jari130_3.jpg
クランクセット FSA Omega Adventure BB386 EVO, 40T
BB FSA BB386 EVO sealed-BSA thread

④軽量化の為にワンバイイレブン
フロントシングルびクランクはFSA BB386規格。ギアはチェーン落ちしにくいナローワイドの40T。
BBはJIS/BSAのスレッドタイプ。
フロントシフター、フロントディレーラー、チェーンリングを1枚減らす事により9.8kgという軽量化に貢献。
更にチェーン落ちを防止したり、グラベルライド時におけるフロントディレーラーへの泥づまりも防ぐことが出来る。
つまり軽量化だけではなく、トラブル防止に貢献した変速システム。
チェーンリングがコンパクトになった事で、路面とのクリアランスを確保。悪路を走行する際、障害物に接触しない点もありがたい。
jari130_4.jpg
リアディレーラー SRAM Apex 1X, long cage
カセット SRAM PG1130, 11-42T, 11-speed

スプロケットは11-42Tとワイド。1:1以下のギア比を獲得している。
急坂や重量物にも対応出来るスーパーワイドなギア比。
jari130_2.jpg
サドル Oval Concepts 438, steel rail
シートポスト Oval Concepts 300, 6061 alloy, 27.2mm diameter


jari130_1.jpg
ホイールセット WTB ST i23, 32/32h, 12mm thru-axle cartridge bearing hubs
タイヤ Panaracer Gravelking SK, 700 x 38c

重量 9.8kg
2020年モデルからブラウンサイドウォールタイヤ仕様のPanaracer Gravelkingになりました。
ホイールはWTBなのでチューブレス化も可能。
2020モデル FUJI(フジ) JARI1.3(ジャリ1.3) グラベル・シクロクロスバイク

スポンサードリンク

2020年03月08日 トラックバック(-) コメント(-)