Wiggle売れ筋エアロロードモデルまとめ(2020年3月14日) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 大特価情報 > Wiggle売れ筋エアロロードモデルまとめ(2020年3月14日)

Wiggle売れ筋エアロロードモデルまとめ(2020年3月14日)

Wiggle売れ筋エアロロードモデルまとめ(2020年3月14日)です。

思ったよりも60万円クラスの、ハイエンドのエアロロードモデルが人気で驚きました。
Wilier、De Rosaなどのハイエンドエアロモデルが動いていますね。

てっきり20万円台のリーズナブルなモデルが人気と思ったら、意外な結果に。
とはいえやはり30万円台エアロロード&Shimano Ultegra仕様モデルが、上位にランクインしています。

(´・ω・`)SRAM Red ETAP仕様や、Shimano Ultegra Di2など、エアロフレームだけではなくコンポーネントのクラスも電動系を求める層が多いって言う事か。
てっきり105油圧系ドライブトレイン搭載モデルの方が人気出ていると思い込んでいたのですけどね。
売り上げ1位
prod188064_White - Red_NE_01guy
Orro - Venturi Aero 8070 (2020)
定価 ¥419999➝9%オフ¥378000

電動アルテグラ仕様のVenturi Aero 8070が、エアロロード打ち上げ一位。

軽量で高剛性の高いエアロフレーム&Shimano Ultegra Di2を採用しているのに37万円台という格安価格が受けているのですね。

電動シフトを採用しています。
このOrro Venturi Aero 8070 の場合、レース時におけるサーキットでの使用を想定し。
レースでの使用を考えてShimano Ultegra Di2ドライブトレインを装備。
油圧Shimano Ultegra 8000 Hydraulic Discブレーキが付いてくるのも魅力的。
また英国Orroはパーツのコスパが高い点も特徴。
Fulcrum R400ホイール×Continental Grand Sport Race 28cの組み合わせです。

(´・ω・`)ちなみに105油圧スペックのOrro Venturi Evo 105 Hydro Team30 (2020) ¥229999も売り上げ5位にランクイン。
Orro Venturi エアロロードシリーズは好調ですね。



売り上げ2位
prod183348_Carbon-Fire Chameleon_NE_02
Vitus - ZX1 CRS ロードバイク (Ultegra - 2020)
¥349999
フランスVitus時代から続く、伝統的なエアロカーボンモデルVITUS ZX-1。
1991年から続く、Vitusオリジナルのエアロレースバイクです。

このZX-1ディスクは、Shimano Ultegra R8000 11スピードグループセット、Ultegra油圧式フラットマウントディスクブレーキ。
足回りには、Prime Black Edition 50mm Full Carbon Clincher TL、ドイツSchwalbe Pro One Microskin Tubeless 25c Foldingタイヤを組み合わせています。
レースに適したShimano Ultegra R8000 11スピードグループセット&油圧ディスクを採用し、¥349999と圧倒的なリーズナブルさが受けています。
特に英国市場においても、ZX1の手頃な価格は大きな魅力の1つ。
これは、CRC / Wiggleグループが、コストを重視する顧客を真剣に受け止めた結果これだけの仕様とリーズナブルな価格になっています。


売り上げ3位
Wilier-Cento10NDR-Road-Bike-SRAM-Red-ETAP-2018-Road-Bikes-Red-2018-E802TE-6R2-1.jpg
Wilier Cento10NDR Road Bike (SRAM Red ETAP - 2019)
定価 ¥1100400➝38%オフ¥675900
ウィリエールのエンデューランスロードWilier Cento10NDR。
カムテール形状のエアロフレームにエラストマーを追加した、ソフトテールエンデューランスロード。

パフォーマンスと快適さを提供するレーシングフレームで、最先端のActiflexシステムがミリメートル単位の距離で後方の振動を吸収。

このCento10NDRは、ハイエンドの軽量空力バイクCento10AIRから派生したレース対応フレーム。
Cento10AIRの場合と同様、Wilierの新型エアロエンデューランスロードは、最高の空力効率でフレームチューブを設計できる航空アルゴリズムに従って開発されたカムテール形状のエアロロードだ。
(´・ω・`)フレームシートポストとシートステーの間にエラストマーを挿入することで振動吸収性を確保したモデルですね。
更に電動ワイヤーレスコンポーネントSRAM Red ETAPを採用。
カムテール系のエアロエンデューランスロードが売り上げ3位とは、ちょっと驚きました。


売り上げ4位
prod180529_Terra Black_NE_01
De Rosa - SK Record カーボン (2019)
定価 ¥799999➝20%オフ ¥638900
デローザのエアロロードDe Rosa SK  Campagnolo Record 12スピードグループセットです。
(´・ω・`)モデルチェンジ前のDe Rosa SKフレームですが、ウィグルで流通しているCampagnolo仕様の完成車は今の所2019年モデルのみ。
だから人気が出ているのかな?
ホイールはFulcrum Racing Quattro カーボン。

ついでに60年も続く、デローザ伝統のロゴが楽しめる。(2020年モデルから、デローザは新ロゴ採用)
意外にハイエンドのエアロロードも人気が高いっていうことか


売り上げ6位
prod191768_Carbon - White_NE_01yo
Cube - Litening C:68X Pro (2020)
¥449999
CUBEの新型エアロロードLITENING C:68X PRO。
プロコンチネンタルチームのワンティというチームが使用しており、夏頃にツールに実戦投入されたばかりの新型。
TTモデルのエアロ技術を、ロードに投入したモデルこそがLITENING C:68X PRO。
TTの技術を投入しているので高速巡行に長けており、平地だけに強いという訳ではなく登りにも強い。

TT技術を投入したフル内臓エアロフレームに、Litening C:68Xカーボン(最先端素材TeXtreme®カーボン……F1カーにも採用されている超軽量&高剛性カーボンと推測)まで投入したハイエンド機種ですが。
Shimano Ultegraコンポーネントなので、44万円台で楽しめる仕様になっています。

(´・ω・`)日本国内仕様ですと、Sram Red eTap AXS™仕様で軽く100万オーバーする機体です。
油圧アルテグラとはいえ、ウィグルですと40万円台で購入可能な点が受けているのでしょう。

スポンサードリンク

2020年03月14日 トラックバック(-) コメント(-)