BREEZER RADAR EXPERT  米国でグラベル好きのオーナーが、勝手に組んだ様なユニークな仕様 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > グラベルロード&シクロクロス > BREEZER RADAR EXPERT  米国でグラベル好きのオーナーが、勝手に組んだ様なユニークな仕様

BREEZER RADAR EXPERT  米国でグラベル好きのオーナーが、勝手に組んだ様なユニークな仕様

radarexp_feq.jpg
BREEZER RADAR EXPERT
米国BREEZER BIKESのフルクロモリグラベルロード RADAR EXPERTなんですが。
このRADAR EXPERTって、まるで米国でグラベル好きのオーナーが勝手に組んだ様なユニークな仕様になっています。

何が凄いかってシフターはロード用コンポSORAスペック。
ドライブトレインはMTB用コンポーネントShimano Deore仕様になっている点です。
ロード系コンポとMTB系コンポを組み合わせている点が、まるでグラベルロード黎明期みたいですね。

radarexp_3.jpg
フォーク Chromoly disc, 1 1/8", QR w/rack, fender & side bottle mounts
ブレーキ Tektro Spyre C hydraulic caliper
ホイールセット WTB STP i23 TCS disc, tubeless compatible, Formula sealed bearing hubs, 14g SS spokes, 32H
タイヤ WTB Riddler Race, 700×45c, wire bead


販売価格は12万円台ですが、足回りとかベテランユーザーが組んだかのような凄まじさw
ブレーキは通常のSORA機械式レバーで操作できる、ハイブリッドタイプの油圧ディスクブレーキ。
(対向ピストンの油圧&機械式ディスクブレーキ)
ブレーキ本体にマスターシリンダーと対向ピストンが用意されており、それをワイヤーケーブルで引く事で強力な制動力を得る形になっています。
(´・ω・`)コストはかけずに、強力なストッピングパワーを得る為に考え抜かれていますね。
惹き心地はSORAのワイヤーではありますが、制動力は油圧か……。


更にタイヤサイズも通好み。元々BREEZER はMTB黎明期にJoe Breezerが立ち上げた名門オフロードブランドだけあって、タイヤサイズも山などでの使用も視野においているので700×45Cサイズを採用。

グラベル用タイヤWTB Riddlerは、舗装路での使用も視野に入れているグラベル用バイクで最小限の抵抗で舗装路においても上手く転がることができます。
(舗装路、泥道、砂利道、そして岩場を伴った悪路などどこにでも走破可能なグラベル用タイヤ)
幅広の45Cサイズ耐パンク性タイヤは、岩場などを走破しつつ過酷な悪路においても巡行する事を目的としたサイズ。
radarexp_1.jpg
ハンドルバー Oval Concepts 325, 6061 alloy, 31.8mm clamp, 125mm drop, 25 degree flare, 4 degree sweep
ステム Breezer B-Road, 3D-forged 6061 stem body, +/-6 degree

シフター Shimano Sora, 9-speed
更にハンドルバーはグラベル用フレアタイプ。米国FUJIと同じですね。
(´・ω・`)ロード系ハンドルではなく、最初からオフロード用ドロップハンドルを用意してくれたか。
SORAスペックのシフターなので、通常のドロップハンドルかもしれないと危惧したのですが。
やはりその辺はBreezerですね。
ハの字に開いたハンドルが特徴で、最初から非舗装路における安定性を保つためのハンドル形状をしっかり用意してあります。
案外注目点はSORAシフターより、このフレアハンドルかもしれませんね。
ハンドル形状で、全然グラベルって走行感が変わりますから。
radarexp_2.jpg
ヘッドセット FSA 1 1/8” Threadless, 6.5mm Aluminum Top Cover
最大で2.1インチのオフロードタイヤを装着することも可能なタイヤクリアランス。
radarexp_4.jpg
フレーム Breezer butted chromoly steel, BSA threaded BB, Apex disc mount 135mm QR
ダブルバテッドのクロモリで構成されるフレームとフォークには、ラックマウントはもちろんのこと全部で5つものボトルケージ台座が装備。
パニアをつけるクリアランスは充分にあり、チェーンステー長を長くしてたくさん荷物を積載した際の走行安定性を高めた設計。
radarexp_8.jpg
radarexp_5.jpg
ちなみにあえてスルーアクスルを見送り、クイックリリース式を採用。
あえてクイックリリース式にした訳は一応理由があって、ツーリング時において20年以上も前から流通している135cmのディスクハブの方が、入手し易いのでは? というのが理由。
BB下がりが75mmと低く、チェーンステー長は457mmと長めに取られており、低重心で直進安定性が高い。
radarexp_6.jpg
フロントディレーラー Shimano T4000
クランク Breezer 2-pc w/hollow axle, 46/30T
カセット Shimano HG, 11-36t, 9-Speed
リアディレーラー Shimano Deore, long cage
リアスプロケットはワイドレンジでフロントは46×30のチェーンリングを採用し、急な登り坂や下り、また目一杯荷物を積んだ状態であっても最適なギア調整が可能。

(´・ω・`)なんだかドライブトレインが凄い事になっていますね。
シフターはSORAですが、リアは11-36Tのスーパーワイドなギア比。
更にクランクはBreezer 2-pc wで、46/30Tになっていますね。
あ、そうか。これギア比1:1以下を実現しているやんか? ツーリング時における登板性能も重視している訳か。
コストかけなくても、ここまで面白いドライブトレイン構成って可能なんですね。
radarexp_9.jpg
サドル WTB Volt Sport, Satin Steel Rail
シートポスト Breezer Setback, 6061 alloy, 27.2mm diameter

サドルは米国WTB製WTB Volt。
MTBエンデューロやオールマウンテンなどに使用されるサドルです。
座り心地を重視。
radarexp_10.jpg

RADAR EXPERT(ラダーエキスパート) BREEZER(ブリーザー) グラベルロード/シクロクロスバイク

スポンサードリンク

2020年03月15日 トラックバック(-) コメント(-)