2020 GT GRADE ALLOY ELITE  新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」について スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > GT > 2020 GT GRADE ALLOY ELITE  新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」について

2020 GT GRADE ALLOY ELITE  新型トリプルトライアングル「フローティングステイ」について


ci-921768_5 (1)
2020 GT GRADE ALLOY ELITE
シフター Shimano Claris、2×8
ハンドル GT DropTune RS、アルミ、10°フレア
グリップ Velo Cork、3mm
ステム 6061 アルミ、31.8、7°

米国オフロードブランドGTのアルミクラリススペック グラベルロード「2020 GT GRADE ALLOY ELITE」。
元々は2019 GT GRADE ALLOY COMPがモデルチェンジしたモデルで、前後スルーアクスル化にフローティングシートステイを2020年モデルから採用してきたモデルですね。
つまりグラベル色が濃くなったと言えます。



cc-gt-graallclaris_2hgf.jpg
2019 GT GRADE ALLOY COMP
(´・ω・`)元々は 「GT GRADE ALLOY COMP」という名称でして、アルミフレームにコンポーネントはクラリス仕様、ブレーキはワイヤー式のメカニカルディスク仕様(前後160mmローター)。
ドイツシュワルベ「Schwalbe Road Cruiser、700 x 32c、K-guard」でした。
一応グラベルモデルでしたが、QR方式を採用したエントリー系グラベルですね。
cc-gt-graallclaris_13cds.jpg
トリプルトライアングル
で前年モデルのGT GRADE ALLOY COMPって、旧トリプルトライアングル仕様だったんですよ。
シートチューブの外側をシートステーが伸びていくことで、フレームの強度と剛性を確保しながらタイヤクリアランスを確保。
2本のシートステーを地面と平行にすることで、高い衝撃吸収性を発揮していたわけですが。

ただこの前年モデル2019 GT GRADE ALLOY COMPに関してなんですけど。
見ての通り、シートチューブとシートステーが接合しているんですよ。


ci-921768_6.jpg
フローティングシートステイ
サドル GT Pavement、スチールレール
シートポスト アルミ、15mm オフセット、27.2mm

これが2020年モデルのGT GRADE ALLOY ELITEとなると、シートステーがシートチューブが完全に離れて分離した形状になっています。つまり2020年モデルから「フローティングデザイン」によって快適性や乗り心地面を向上させている訳ですね。

この2020年モデルの新型フローティングデザインって、結構侮れなくてですね。
乗り心地も良くなる上に、明らかに路面からのショックや振動に強くなっている印象を受けました。
あくまで個人的には、MTBのリアサスが実際に装備されたグラベル……という感想。
ci-921768_4.jpg
タイヤ  WTB Riddler Comp、700×37c、tan sidewall

あとタイヤサイズ2020年モデルから拡張されたじゃないですか?
Schwalbe Road Cruiser、700 x 32c、K-guard(2019モデル)➝ WTB Riddler Comp、700×37c、tan sidewall(2020モデル)
よりタイヤサイズも、グラベル系に近い形に。

(´・ω・`)フレーム素材は違うんですが、GT GRADE カーボンシリーズでの試乗の感想だけど。
やはり32C➝37Cに拡張された事によって、MTB感が強まってました。
つまり、エントリーモデルですが、かなりMTB寄りのグラベルかな? 
流石に試乗時は悪路ではなかったけど、相当突き上げや過酷な路面に強そう。
更に新型のフローティングシートステーが、サスペンションの様に機能する訳ですから。
37Cサイズタイヤと、ショックに強そうな新型フレームのお蔭で間違いなく2019年モデルよりも、MTB寄りというか非舗装路に強い一台になっていますね。

旧2020年GT GRADE ALLOY COMPのタイヤサイズは32Cなので、どちらかというとツーリングやバイクパッキング向けの仕様だったかと。
ci-921768_3.jpg
GT GRADEシリーズのフレームって、まるでツーリング&ロングライドモデルをMTB化したかのような、乗り味なんですよね。
ですので路面を捕らえて離さない走行感が特徴。
その上で、走破性を発揮したり巡行する事が得意なんじゃないかと。
ですのでトレイルや山道で乗りこなすのにも向いているし、その場所まで移動するまで遠乗りに向いているかな。
ci-921768_10.jpg
All-New Grade カーボンフォーク、テーパードカーボンコラム、 フェンダー・パニアバッグマウント(4穴)
12×142 スルーアクスル
ハブ Formula、(F)12×100、(R)12×142

ブレーキ Tektro 機械式ディスク、160mm ローター
ですので、剛性を強化する上で前後スルーアクスル化したりしたのは、よりGT GRADEの悪路走破性やコントロール性を高めるうえでバックアップ的な効果があったのではないかと。

標準で37cのタイヤですし。タイヤクリアランスは最大42mmまで対応。ホイールを変更することで650BサイズタイヤもOK。
(´・ω・`)ただ、個人的には……やはり37Cクラスでちょうどいいかな?
これ以上タイヤサイズを大きくすると、完全にMTB寄りになってしまうような。
調度37C程度が、ロードとMTBの中間位でいい感じだったんですよね。
ci-921768_7.jpg
フレーム  All New Grade アルミ、EnduRoad Triple Triangle デザイン
見ての通りトップチューブにダボ穴が用意されています。アルミモデルにはシートステイにボトルダボまで用意。
確かにバイクパッキングやツーリングに使用する分には、これ以上もなく頼もしいモデルはないでしょう。
路面を捕らえるような、安定性も確保してある。
ci-921768_9.jpg
クランク FSA Tempo Adventure、48/32、170mm(510 Size)
ci-921768_8.jpg
リム WTB ST i23 TCS、28h、チューブレスレディ
ディレーラー Shimano Claris、フロント 直付
リアスプロケット Sunrace、11-34、8スピード

ちなみに悪路でも高速性やスピード性があるかどうかは不明ですが、悪路においての走破性とショック吸収性に関しては他のグラベルモデルを圧倒する性能を有しています。
やはりその辺は、MTB系発のグラベルモデルなんですよね。
仮にタイヤサイズを細くしロードとして使用するなら、振動減衰機能を装備したラピエールエンデュランスモデルPULSIUMみたいな走りをするんじゃないかと。
《在庫あり》ライトカギプレゼント GT 2020年 GRADE ALLOY ELITE グレードアロイエリート 700C グラベルロード

スポンサードリンク

2020年03月20日 トラックバック(-) コメント(-)