アウトドアやキャンプで使えるミニベロ&折り畳みebikeまとめ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > アウトドアやキャンプで使えるミニベロ&折り畳みebikeまとめ

アウトドアやキャンプで使えるミニベロ&折り畳みebikeまとめ

DSCN8141fdhkh.jpg

アウトドアやキャンプで使えるミニベロ&折り畳みebikeをまとめてみました。
最近の折り畳み系ebikeは電動アシストだけではなく、積載性や悪路走破性も確保したモデルが増えつつあります。
(´・ω・`)あまりに種類が多いで、全ての車種は紹介出来ませんでしたが。
個人的にアウトドアなどで実際に使ってみたい、ミニベロ&折り畳みebikeをピックアップしました。



DSCN8069fecnjljn.jpg
今回紹介した特に折り畳編み系モデルなどは、自家用車などで輪行し易いモデルになっています。
やはりアウトドアでの移動はキャンプ施設まで自動車での移動が多いと思いますので。
DSCN7125grnkie.jpg
Benelli MINI FOLD 16
Benelli MINI FOLD 16は16インチとタイヤサイズがコンパクト。
ですが折り畳み機能と、アシスト機能を有しながら悪路に強いebikeモデルってあんまりないのですよね。
重量も17.6Kgと押さえていますし。
(´・ω・`)個人的にキャンプ地まで車載するのに便利なモデルだと思いました。
DSCN7132vfshu.jpg
タイヤ KENDA K841 16×2.25
フロントモーターはBarfang製。イタリアデローザやFUJIのebikeにもアシストユニットを供給している。
どうしても16インチ系折り畳み系ebikeは、タイヤサイズが細くなる傾向がありますが。
Benelli MINI FOLD 16は走破性を高めてきているのが印象的。
悪路に強いタイプの、フォールディングモデルなのは間違いないのですが。
踏み込むと、それなりに速度も出てしまうのですよ。

DSCN7135htdgejio.jpg
オートライトも付いているので、夜間の走行にも強い。
フレーム内部にバッテリーが用意されており、最長80km走行可能。
(´・ω・`)あと注目したいのがデザイン性も高い点。
イタリアブランドべネリのデザインなので、欧州色が強い。
キャンプ地などで、デザイン性にこだわりたい折り畳みebikeならこれかな。
DSCN7138cdshuo.jpg
折りたたみサイズ 全長890×全幅450×全高585mm
折り畳みeBIKEにおける、SUVモデルといった感想。
折り畳みサイズそのものはかなりコンパクト。更に重量17kgという折り畳み系ebikeにしてはかなり重量は抑えている。


DSCN8111ca.jpg
LOUIS GARNEAU ASCENT e-sports
カナダ ルイガノのミニベロebike「ASCENT e-sports」
本来はeMTBなどに使用されるこのパワフルさが自慢のアシストユニット「SHIMANO STEPS E8080」を、ミニベロに搭載しちゃった反則みたいなモデル。
(´・ω・`)個人的には、出先でツーリングに使うのにもってこいだと確信しています。
スピード感とパワフルさが、前面に出た走りでして
とことん安定性が高いスポーツミニベロeBIKEなので、一番荷物が載せやすいタイプですね。
DSCN8112cxz (1)
タイヤ KENDA K-1079 20"X1.95"
ブレーキ  SHIMANO BR-M395 HYDRAULIC DISC
ヘッドチューブに、フロントキャリアーを取り付ける為の台座も用意。
フロントキャリアーを取り付けてツーリングもいける。
DSCN8115gr.jpg
バッテリーShimano BT-E6010 Steps バッテリー

eMTBに使用される大容量バッテリーを採用しているのでECOモード使用時 115kmも走破可能・
実際にメーカーの方がアセントスポーツが琵琶湖一周もこなした事があるそうで、実際は150kmまで走破出来たそうだ。
(´・ω・`)ミニベロ系ebikeの中において、ツーリング及びスポーツ性が高いモデルですね。

収納性に関しては、それなりにスペースが必要
18kg台のLOUIS GARNEAU ASCENT e-sportsを持ち上げてみましたが。
積載などの乗り下ろし程度の動作は、特に問題なさそうです。
あとはどれだけワゴン車などに、どれだけ収納スペースを確保できるかが鍵になりそう。
後部座席なら、いけるかな?
ぶっちゃけ、機動性が高い分収納性は折り畳みebikeの方が優位です。
逆に走行性能はトップクラスなんですけどね。
ルイガノ アセント Eスポーツ 電動アシスト自転車 LOUIS GARNEAU LGS ASCENT E-SPORTS


DSCN0025cdasbfx.jpg
TERN HSD P9
小径折り畳みカーゴE-bike「TERN HSD P9」
本来大型であるはずの荷物運搬用カーゴバイクを、電動化と小径タイヤを使用する事によって上手くコンパクトにまとめた一台。
キャンプ時における運搬性に関して大いに期待できるモデルです。
20190808111257f14huo.jpg
見ての通りリアキャリアーを標準搭載。
長くて丈夫なラックAtlas H Rackはチャイルドシートを積載可能。
週末には1週間分の食料品やキャンプ用品を運ぶことができます。
(´・ω・`)車載どころか、キャンプ地に直接TERN HSD P9で移動しても楽しそうだ。
こうやって、オストリーブのバニアバッグを積載すれば水すらも運搬可能。

タイヤは406サイズSchwalbe Big Apple20×2.15ですが、巡行時かなりの安定感を見せつけます。
荷物を積載しても、安定性を稼ぐ計算なんでしょうね。
201908081112416d4fs.jpg
縦型の折り畳み機能を搭載しているので、ハンドルを折り畳めば収納性もなくはない。
折り畳み専門ブランドが設計したebikeなので、収納性も考慮されている。
201912111637427f5vd.jpg
Bosch Active Line Plus電動ユニット搭載
300 Wh batteryで長距離100km走行が可能
ミニベロ系ebikeながら、かなり巡行性が高いです。
ギア比を高めにして、アシストモードを TURBO(最大)クラスに設定すればスピードを継続しながら疾走します!
どのアシストモードでも、脚力と同調しながら速度を維持する事が得意。
201912111639012e4vf.jpg
(´・ω・`)やはりホイールベースが長い事が効いていますね。
これ、かなりの長距離やツーリング向けに使える。街乗りや短距離に使うには勿体ない走行性能だ。
前後にライトを標準装備しているので、夜間においても強い。
TERN ターン 2020年モデル HSD P9 BOSCH製ユニット搭載電動アシストe-Bike ミニベロ


201912111655273afbc.jpg
TERN VEKTRON S10
ドイツボッシュ製ドライブユニットを搭載した、強力なスポーツ性能を持つ電動折り畳みeBIKEです。

面白い事にスポーツ性というか運動性は、折り畳みモデルTERN Vektronの方が上ですね。
スピード感やコーナーリングなど間違いなくTERN Vektronです。
小径折り畳みカーゴE-bike「TERN HSD P9」は、やは積載性が高いカーゴ系ebikeですから。
とはいえ、TERN VEKTRON S10にリアキャリアーを取り付けれれば、それなりにキャンプ地などで荷物を積載する事も可能。
DSCN8130vdsvs.jpg
折り畳みサイズ 41 x 86 x 68 cm (16.1" x 33.9" x 26.8")
見ての通りコンパクトに折り畳めるのも魅力的。
ただどうしても重量がかさむ。重量は22.1 kg あるので、やはり車などに積載してキャンプ地に持って行くことをお勧めしたい。
しかしながら、悪路での走破性、積載性、スポーツ性、ツーリング性など重量面以外で万能タイプの折り畳みebikeだ。

DSCN8132myhe.jpg
TERN VEKTRONって、小径タイプのeBIKEとしてはかなり悪路に強いタイプ。
小石が混じった軽い砂利程度なら、簡単に走破してしまう走行性能を持っています。

ドイツBosch社製のActive Line Plusというドライブユニットって、その場その場の状況に合わせた適度のアシストが可能。
(´・ω・`)こう見えても、坂も平地もその状態に合わせた適度なアシストをしてくれるので、実はキャンプ地向きのebike。
つまりキャンプの際に、そんなに体力を使わなくてもアシストを生かしてパワフルに走れてしまうんですよ。


DSCN6498trevsd.jpg
TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE(AL-FDB166E) 16インチ 重量12.9kg
(現在は新型TRANS MOBILLY ULTRA LIGHT E-BIKE AL-FDB163E NEXTに引き継がれている)
(´・ω・`)どうしても、eBIKExって折り畳みモデルでも重量がかさんでしまうのが難点。
ですので超軽量折り畳みebike TRANS MOBILLY ULTRA LIGHTの16インチという手もある。
持ち運ぶためにつくられた、最軽量クラスの折りたたみebikeです。

この16インチは舗装路などでの、走りを重視したモデル。
長距離&郊外向け。それも14インチサイズとは異なり、あらゆる局面に対応出来る万能タイプです。

多少路面状態の悪い場所でも、それなりにはいけますね。キャンプ地施設内での移動程度ならこなせるはず。
その代わり、
ルノーウルトラライトシリーズのホイールサイズは14インチと16インチがあり、この16インチは走行性能が安定した走りを見せます。
DSCN6512vfdcds.jpg
専用モバイルバッテリーは約480g。
約2時間の充電で最大12kmの走行が可能。

重量のある折り畳編みeBIKEではなく、軽量タイプの折り畳編みeBIKEを探しているならこれですね。
(´・ω・`)その代わり、悪路走破性は多少落ちますが。あとアシスト可能距離が、どうしても短い。
ですが折り畳んだ後の、車への車載などの作業がかなり楽出来るはず。
週末でキャンプ地内の移動程度なら、使えそうですね。
TRANS MOBILLY(トランスモバイリー) ULTRA LIGHT ウルトラライト E-BIKE AL-FDB166E シルバー 16インチ 折畳 電動自転車

スポンサードリンク

2020年03月22日 トラックバック(-) コメント(-)