オランダに展開しているBESVセカンドブランド「Votani」が日本上陸予定 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > 電動アシスト自転車 > オランダに展開しているBESVセカンドブランド「Votani」が日本上陸予定

オランダに展開しているBESVセカンドブランド「Votani」が日本上陸予定


DSCN9629gt5g.jpg
BESVセカンドブランドVotani(サイクルモードお披露目時)

ebikeで人気を拡大しているベスビーのセカンドブランド「Votani」が、日本上陸するんですね。
ドイツやオランダ周辺の販売店で、販売展開している様でして。BESVよりもリーズナブルな価格設定になっています。

Votani for BESV(サイクルモードお披露目時スペック)
1500×1050×590mm
重量19.5kg
フレーム アルミフレーム
ブレーキ Vブレーキ仕様
変速 シマノネクサス 3S
ホイール 20×1.75
モーター 250W フロントハブモーター
バッテリー 36V 7.0Ah
アシストモード 1、2、3 スマートモード
アシスト可能距離は最大80km



Votaniブランドのテーマ
Votaniブランドjは家族間で乗れるebikeを生み出すことを目指しています。
家族とのつながりを重視したebikeなので、家族間で誰でも扱えるようにトップチューブにバスケットが用意されています。

買い物の際の荷物や、ビジネスバッグをバスケットに収納し易くなっています。
ちなみに、これはサイクルモード時におけるお披露目バージョンでして。
バスケット前方にボトルホルダーまで用意されています。

87698749_3229137963781669_3135152764020064256_o.jpg
バッテリーはなんとシートチューブ後方に収納!
ちょっとバッテリー配置箇所がユニークでして。
シートチューブ後方にバッテリーが配置されています。

バッテリーの容量が大きいほど、バッテリーの寿命が長くなり距離が伸ばせる訳で。
シートチューブ後方なら、大型のバッテリーでもコンパクトに目立たず収納出来る訳か。

Votaniのバッテリー容量別のアシスト可能距離は
9Ahで65km
11Ahで80km
13Ahで95km
17Ahで130km

という設定になっています。
サイクルモードお披露目モデルのスぺックは、なんと7Ahで80kmという数字を叩き出しています。
80km行けるのか……
本格的な販売モデルは、実際その程度のバッテリー容量を設定してくるんでしょうね?
87751498_3229138623781603_8033222172338028544_o.jpg
Votani(テクニカルセミナー時)
サイクルモード時に見たバスケット内のボトルホルダーは無くなっていますね。
Votaniのe-bikesモデルは、ケーブルがフレームに収納されたスタイリッシュでクリーンなデザインが特徴。
(´・ω・`)オランダで受け入れられているだけあって、相当デザインに拘りがある様です。
ちなみにこのバスケットは取り外し可能の様ですよ。
バスケットを取り外せば、スポーティーなミニベロ系ebikeとして遊べるという事かな?

あと逆にフロントバスケットが取り付け可能だとしたら、フレームチューブのバスケットとフロントバスケットを同時に使用可能な訳で。
ちょっとした簡易な運搬用にも使えそうですね。
まあ、街でのお買い物メインになりそうな気がすますが。
でも80kmもアシスト可能だったら、ツーリング風にも使える?? 
87836135_3229139053781560_1991329396010516480_o.jpg
扱い易いように、コントロールパネルとディスプレーが一体型。
しかもデジタル表記が、カラー別ですね。
元々フルカラー系液晶パネルにこだわっていたBESVの特徴を引き継いでいる訳か。

内装3段変速仕様。にライトと泥除けを用意、街乗り系ebike仕様になっています。
87729880_3229138333781632_4862881660384837632_o.jpg
モーターアクティブライン
Votaniではモーター配置についてモデル別に、前輪モーターとBBに配置されたアシストモーターのどちらかにを選択できます。
Votaniとしてはオランダの販売店において、両方のエンジンを体験して、どちらが最適かを判断することをお勧めしているそうです。
この展示モデルは前輪モーター方式を採用。

どちらのエンジンにも、ギアトランスミッション付きのブラシレスモーターを用意。
スムーズな運転体験を提供。
80%を超える高収率により、航続距離を伸ばせるそうです。

(´・ω・`)ただ本モデルはeBIKEの様な強力なアシストパワーよりも、距離を伸ばす事を重視している様ですね。
アシストパワーも強いと言えば強いですが、どちらかというと電動アシスト自転車寄りかもしれませんね。

フロントライトにVブレーキを採用。家庭用ということで、ディスク化は見送った??
BESVブランドは小径モデルに、好んでフロントサスを取り付ける傾向がありますが。
Votaniもその傾向を引き継いでいます。
87556023_3229137547115044_2794145279979290624_o.jpg
価格は14万円前後の予定だそうです。
BESVのモデルよりリーズナブルな価格設定。
(´・ω・`)でも、生活向けのギミックが用意されているので、電動ママチャリ風に活躍が期待出来そう。
そして何より、デザインが洗練されていますね。
87526991_3229141567114642_5149598120694251520_o.jpg
87580469_3229141840447948_4928804009604546560_o.jpg
見ての通りBESV CF1などには、フロントサスが用意されています。
バッテリー部などのギミックがカッコよくて、楽しいのがBESVの面白い所。
(´・ω・`)現在でもSONY製バッテリーを使用していたりするんでしょうか??
87587652_3229140490448083_8903784735835160576_o.jpg
BESV JR1 NEWカラー
マットホワイトとマットブラック系カラーで販売展開していたBESV JR1にブルー系? のNEWカラーが登場するらしい。
スポーティーなホワイトやブラック系カラーよりもブルー系のカジュアルなカラーで街乗りでも使い易そうなデザインになっている。

BESVのe-ロードバイク BESV(ベスビー) JR1 電動自転車・E-bike(イーバイク)

スポンサードリンク

2020年04月14日 トラックバック(-) コメント(-)