2020 Ridley Helium SLX DISKのディスク化に当たり、課題となった製作テーマとは? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > RIDLEY(リドレー) > 2020 Ridley Helium SLX DISKのディスク化に当たり、課題となった製作テーマとは?

2020 Ridley Helium SLX DISKのディスク化に当たり、課題となった製作テーマとは?


prod194562_Blue Metallic_NE_01
Ridley Helium SLX DISK
リドレー超軽量オールラウンドモデル、Ridley Helium SLX DISK。
ヘリウムはリドリーの軽量レースバイクでもあり、2020年モデルよりフルモデルチェンジしディスクブレーキオプションを採用しました。

Helium SLX DiscはEurobike 2019でお披露目され、今年すでにレースでの成功を収めています。ロット・スーダルのJelle WallaysがParis-Toursで優勝しています。

リドリー内では「レーサーの王」と呼称される新型ヘリウムSLXディスクは、見た目リムブレーキモデル似ています。
しかし12mmスルーアクスル、リア三悪形状のシートステー、微妙なエアロの改良が追加されています。

Ridley Helium SLX DISKの製作テーマ
主に現場から上がって来た声を採用して、Ridley Helium SLXのディスク化にリドレーは挑みました。
ツールドフランスでの勝利に貢献できるロードバイクを製作。更に6.8 kgの重量制限にできる限り近づける。
ただし、100グラム単位の軽量化か? それとも剛性を優先させるを選択する場合は、剛性を優先させている訳です。
prod194562_Blue Metallic_NE_10
ブレーキ Shimano Ultegra 油圧式ディスク
ホイール  Fulcrum Racing Quattro カーボン
タイヤ Vittoria Rubino Pro


これにより、ヘリウムは剛性と重量比のバランスに重点が置かれました。
軽量である必要がありましたが、さらに重要なことに剛性を確保する為にフレームを硬くする必要に迫られました。
リドリーはディスク化にあたりカーボンフレーム形状を大幅に変更することな剛性を強化してきました。
Ridley Helium SLX DISKは12mmスルーアクスル化と、わずかにドロップされたシートステーデザインのおかげで剛性を高めています。

prod194562_Blue Metallic_NE_04
prod194562_Blue Metallic_NE_03
ハンドルバー Forza Cirrus
ステム Forza Cirrus Pro Aero Comfort Carbon


Noah Fastで使用されているのと同じF-Steererシステムを採用 
Ridley Helium SLXチューブの形状を変更することなく、Ridleyは他の場所でエアロ性能を得るためにケーブルを収納しました。
リドレーは、バー、ステム、フレーム内における全ケーブルを隠すことで、空力抵抗を14%減らしたと主張しています。

ボルトはカバーされ、すべてのケーブルがフレームとハンドルバーに組み込まれています。 これによ美しい外観と空力抵抗は最小限に抑えられます。
prod194562_Blue Metallic_NE_02
フォーク Helium SLX、60T-40T-30T HM UDカーボン

ヘリウムSLXディスクの特徴
①フレーム重量780g(塗装済み)
②塗装済みフォークの重量360g
③完全に収納されたケーブル
④リア三角形状のシートステイ
⑤エアロの改善
⑥28mmタイヤクリアランス


リドレーは、ヘリウムSLXディスクをラインナップにおいて万能オールラウンドフレームセットと位置付けています。
トップエンドの軽量ディスクバイクである訳ですが。
2020年モデルより、ロードユーザーが求める魅力的なオプションにするために、最新のスペックになっています。

prod194562_Blue Metallic_NE_05
新型Ridley Helium SLX DISKは、リムブレーキと同様のチューブを使用しています

新型Ridley Helium SLX DISKチューブはリムブレーキモデルと非常によく似ています。
新型ヘリウムディスクバージョンは、リムブレーキバージョンと同じダウンチューブとトップチューブを使用しています。

Ridleyは、Noah Fastに導入されているF-steererプロファイルを採用。
この四角いステアラープロファイルにより、Ridleyはすべてのケーブルを内部でヘッドチューブの前部に配線できるため、非常にクリーンなフロントエンドを実現。
リドレー氏は、ケーブルを隠すことでRidley Helium SLX DISKのエアロ性能の向上を図っています。
新型Ridley Helium SLX DISKではタイヤのクリアランスも拡大されており、最大28mm幅のタイヤに対応します。
prod194562_Blue Metallic_NE_07
新しいヘリウムSLXディスクフレームは、ミディアムサイズで重量は780gをマークしています。
驚くべき事にこれは塗装済みフレームの重量であり、リムブレーキ仕様よりも60g程重量増になっています。

フレーム形状をディスクブレーキ仕様もリムブレーキ仕様も形状は近づけてありますね。
リムブレーキを一斉に放棄しているように見える一部のバイクブランドとは異なり、リドレーはディスクモデルとともにヘリウムのリムブレーキバージョンを提供し続ける路線をとっています。
prod194562_Blue Metallic_NE_06
フレーム  Helium SLX、60T-40T-30T HM UDカーボン

フレームは60/40/30トンのハイモジュラスカーボンファイバーを箇所に応じて適切に使い分けています。
また、高速でのコーナーリングと下りにおいて、高い安定性を発揮


Ridley Helium SLX DISKは、剛性と重量の比率に関しては単に最高レベルです。
剛性を優先させつつ、できるだけ軽くなるように設計されており、最も長く急な登りに挑むのに理想的なバイクです。

スプリントの力を巧みに処理する為に、フレームには十分な剛性と耐久性を確保。
したがって、超軽量性とパフォーマンスがこの新型ディスクフレームに組み込まれているため、サイクリストの最も要求の厳しい要件を満たすオールラウンド的なモデルでもあります。
prod194562_Blue Metallic_NE_09
ドライブトレイン Shimano Ultegra 11スピード
クランクセット Rotor 3D+ 52/36T
カセット Shimano Ultegra 11-30T

prod194562_Blue Metallic_NE_08
シートポスト Forza Cirrus CArbon-Alloy
サドル Selle Italia

新型Ridley Helium SLX DISKはディスクブレーキを追加し、外部ケーブルを完全位排除しエアロ製を改善。
そしてわずかながら軽量性よりも、剛性を優先させてきた点が興味深いですね。
ふわっとした走行感→フレーム剛性を生かした加速

(´・ω・`)Ridley Heliumというと個人的には、実際乗ってみた感想は……うーん。
乗り易い超軽量モデルという印象。
超軽量ながら大出力で加速しますし。
軽快な中にも、しっかりとした剛性とパワーが内臓されているオールラウンダーなのは間違いありません。

剛性の高さを優先させた、超軽量ベルギーリドレーヘリウムの路線は継続していますね。
リドレーはどんなに快適性を追求しつつも、どこまでも剛性とスピード性の高さを追求してくる点は間違いありません。
Ridley - HeliumSLX ディスク (Ultegra - 2020)

スポンサードリンク

2020年04月17日 トラックバック(-) コメント(-)