2020 FUJI RAFFISTA  補強リブを仕込んで強度面での向上を図っています スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > 2020 FUJI RAFFISTA  補強リブを仕込んで強度面での向上を図っています

2020 FUJI RAFFISTA  補強リブを仕込んで強度面での向上を図っています


raffista0_1 (1)
2020 FUJI RAFFISTA

グラベルテイストとMTBテイストを導入したFUJIのクロスバイク「RAFFISTA」です。
650Bホイール仕様。しかもフロントシングルのワンバイという、まるでグラベルロードな仕様。

うーん、グラベル的なクロスバイクを再現する為に、上手くMTB系コンポを活用している感がしますね。
(´・ω・`)元々RAFFISTAはロード系を意識したクロスバイクでしたが、2019年モデルからはグラベルなどを意識した走破性の高いクロスバイクにモデルチェンジしました。何気に以前は700×32C仕様だったんですけどね。

現在の2020年モデルRAFFISTAは、太目のタイヤにフロントシングル(1×10)のアルミクロスバイク。
幅広い変速域のワイドレシオを採用。
リアがスーパーワイドレシオで坂道でも、平地でもOK。
RAFFISTAの面白い所はフジのクロスバイクながら、MTB系コンポで固めている点ですね。
フルリジットのMTBに近い仕様をクロスバイクに移管した可能様な、面白さ。
何気にブレーキもMTBテイストで、ブレーキはシマノ製油圧ディスクブレーキを採用。
raffista0_2.jpg
フォーク Fuji 1 1/8” Fuji CrMo streight fork w/ eyelets
raffista0_3.jpg
フレーム Fuji A2-SL alloy w/ aero top tube, double water bottle mounts
注目点がトップチューブですね。FUJIらしく補強リブを施したトップチューブ。
エアロシェイプされたトップチューブで強度を確保。

FUJIのカーボンロードは、SLシリーズなどフレーム内に補強リブを仕込んで剛性や強度を稼いでいますが。
このラフィスタにも、なんとアルミフレームながら補強リブを仕込んで、強度面での向上を図っています。
(´・ω・`)剛性面も確保して、結構速度が出るクロスバイクなのかな?
raffista_.jpg
raffista_1.jpg
raffista_13.jpg
ハンドルバー Fuji alloy
ステム Fuji alloy

raffista_11.jpg
シフター Shimano DEORE 10-speed
raffista_12.jpg
ヘッドセット Fuji 1 1/8” standard semi-cartridge
raffista_10.jpg
ブレーキセット Shimano MT200
ブレーキはSHIMANO ACERA M390 シリーズの油圧ディスク仕様。
何気に販売価格8万円程度ながら、油圧ディスクを実装したクロスバイクでもあります。
ディスクブレーキはセンターロック式のローターが入っています。
これで確実な固定が可能。
クロスバイクでセンターロック式というのも珍しいですね。
raffista_9.jpg
raffista_5.jpg
クランクセット FSA 1×10, 40T
ペダル Alloy cage w/ Boron axle

ナローワイドのチェーンリング搭載。フロント40Tにリアは11-42T  トータル10速仕様。
これ本当に? 街乗りを想定しているクロスバイク?? 
普通にグラベルとして採用されても、全然おかしくないドライブトレイン構成なんですが……

更に、更にナローワイドのチェーンリングなので、チェーン外れ対策も打ってある訳か。
しかもリアディレーラーにもチェーン暴れ防止用の、スタビライザー機能が用意されている訳でしょう?
フロント&リア双方にチェーン対策を徹底的に打っている点が、凄いですね。
しかもリア変速だけを行うワンバイ仕様なので、クロスバイクらししく変速操作の簡易化にも成功しています。
raffista_4.jpg
ホイールセット Fuji 650B 28/28H custom alloy clincher wheel
タイヤ Chaoyang 27.5×1.75

カラーはアメサイドの27.5×1.75(650B)タイヤを装備。
最大2.2サイズのタイヤも装着可能な点が凄まじい……

多少太さを抑えているそうですが、28Cや30Cよりもボリューム感が圧倒的ですね。
どことなくグラベルテイストを持ったタイヤサイズになっていて、たまりません。

タイヤのパターンは、オンロードを意識したフラットな形になっていますね。
ドライブトレインやタイヤサイズは、MTBスペックではありますが。
平坦な路面でも、走り易い様に配慮してあるわけですが。
raffista_7.jpg
リアエンドの形がアーチ状なのが特徴
ダボ穴なども多数用意され、フェンダーやキャリアーも取り付け可能。
フェンダーダボなども、きちんと最初から用意。
またボトルケージ用のダボ穴も用意されており、最初からグラベル的な使用法も想定しているのではないでしょうか?
長距離での移動を想定した、水分補強なども考慮にいれています。
raffista_6.jpg
リアディレーラー Shimano DEORE 10-speed(スタビライザー付きRD仕様)
カセット Shimano 11-42T, 10-speed
リアディレーラーも注目で、MTBコンポディオーレのスタビライザー付きですよ。
(´・ω・`)なんで、街乗りを意識したクロスバイクなのに、スタビライザー機能まで付けるんだ?

まるで、本格グラベルロードとしての用途を考えた仕様みたいじゃないか?
悪路などを疾走したりしても、チェーンが暴れにくいシステムが導入されていますね。
もしかして街乗りの際の段差などの対策を打っている訳だろうか?
元々MTBなどに導入されていたスタビライザー機能で、下りなどでチェーン暴れを防いだりするんですが。
raffista_3.jpg
サドル Fuji custom saddle
シートポスト Fuji micro-adjust alloy, 27.2mm

重量 11.4kg
raffista_2.jpg
シートステーやチェーンステー内のブリッジにも注目。
シートステーやチェーンステーにブリッジを設置し、フレームとしての強度を稼いでいます。
もちろんフェンダーを取り付ける為のギミックではありますが。
トップチューブの補強リブといい、かなり強度面においてこだわっている姿勢が見え隠れします。
2020モデル FUJI(フジ RAFFISTA(ラフィスタ) クロスバイク

スポンサードリンク

2020年05月04日 トラックバック(-) コメント(-)