2020 Vitus Substance V-2 Adventure SORAスペック高速仕様のロードプラスアドベンチチャー化へ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Vitus > 2020 Vitus Substance V-2 Adventure SORAスペック高速仕様のロードプラスアドベンチチャー化へ

2020 Vitus Substance V-2 Adventure SORAスペック高速仕様のロードプラスアドベンチチャー化へ


huohoi80.jpg
2020 Vitus Substance V-2 Adventure
650Bホイールのロードプラス仕様英国グラベルロードバイク「Vitus Substance」
(´・ω・`)その中でV2シリーズは、9万円台で格安なロードプラス仕様のアドベンチャーロードモデルでしたが。
なんとこの2020年モデルは、ダブルバテッド仕様のアルミニウム製フレームです。
元々Substanceシリーズはスポーツ性を重視した訳ではなく、ツーリングや通勤などを重視した格安グラベルシリーズな訳ですが。
タイヤも含めて、高速仕様のロードプラス仕様に打って出た点が興味深いですね。
Vitus-Substance-V2-Gravel-Bike-Apex1-Adventure-Bikes-Blue-Grey-2018-5057567011548.jpg
2019 Vitus Substance V2 Gravel バイク (Apex1)
この旧2019年モデルVitus Substance V2 Gravel バイク (Apex1)のフレームは、4130のダブルバテッドクロモリチューブから構成されていました。更にカーボンフォーク仕様で、タイヤはロードプラス仕様。
650Bホイールの、ロードプラス仕様クロモリグラベルロードバイクですね。
長時間におけるグラベルライドにおいて、乗り手を保護する為の仕様でした。
クロモリフレームとエアボリューム性の高いロードプラス仕様に持っていくことで、路面からの衝撃や振動に強い一台だったと言えます。
クロモリやスチールフレームは、アドベンチャーやツーリング系愛好者にとって長い間愛用されてきたフレーム素材なので。
そんなユーザーにも親しみ易い様に、クロモリフレームを採用したモデルだったとも言えます。
hu878iy.jpg
フレーム Substance ダブルバテッド 6061 T6 アルミニウム、内部ケーブルルーティング、ドロッパーポストの内部ルーティング (BB は外部配線)、リアエンド 142x12mm、マッドガードマウント、ボトルケージマウント x3

で今回の2020年モデル Substance V-2特徴ですが。
アルミモデルらしく、高速性を追求したアドベンチャーロードという形になっています。
ですのでコンポーネントも高速性を追求する為に、ロード系コンポーネントShimano Sora仕様に変更。
グラベルライドのために設計された頑丈なアルミ製ダブルバテッドフレーム仕様になっており、激しいライドでも堅牢性を発揮する点も期待されています。
(´・ω・`)カーボンフォーク路線も2019年モデルと同様に継続ですね。
カーボンフォークを採用することで重量を増やすことなく、剛性を高めています。
huohou89.jpg
フロントディレイラー  Shimano Sora R3000、バンドタイプ
チェーンセット  FSA Vero Pro 46-30T、24mm アクスル、堅牢な鍛造加工、 スクエアインターフェイス、クランク長 :XS:165mm、S: 170mm、M: 172.5mm、L: 172.5mm、XL: 175mm、XXL: 175mm

FSA Vero Pro クランクセット
興味深い事にこの2020年モデルはワンバイではなく、フロントダブル仕様のFSA Vera Pro クランクセットが用意されています。
素早い加速を実現すると同時に 、最大限の出力を可能とする点が2020年モデルの特徴です。
高速性を追求したと言っても、様々な地形で最高のパフォーマンスを発揮出来るギア比設定です。

2019年モデルはロードプラスタイヤに合わせて、ワイドなギア比設定が特徴のワンバイイレブン仕様(1×11)でしたが。
MTBの様な、圧倒的な安定感や走破性を重視していました。
2020年モデルは、よりロード寄りになった感じですね。
jhuoi989.jpg
フォーク UDカーボン、フルカーボンテーパーステアラー、100x12mm、マッドガードマウント
リム  WTB ST Light i23 TCS 2.0 650b、内径 23mm、32 H、チューブレステープ装着済み、チューブレスバルブ付属
フロントハブ  Alex Bear Claw、RD-50312F、12x100mm、シールド式ベアリング、 CentreLock
リアハブ  Alex Bear Claw、BRD-50412B、12x142mm、シールドベアリング、CentreLock|
アクスル  Vitus、フロント: 12x120mm/M12x1.5mmxL14mm 、リア : 12x161mm/M12xP1.5mmxL12mm
タイヤ WTB Byway 650bx 47 TCS Road Plus、Tan Sidewall、デュアル DNA コンパウンド、軽量チューブレスケーシング、TCS アラミドビード

WTB ST ホイールセットと WTB Byway タイヤ
WTB ST ホイールセットと WTB Byway タイヤを装備
WTB Byway タイヤは滑らかな乗り心地が特徴。センターのスリックパートは、舗装路での走行に対応しており安定的な軽やかさをもたらします。

横に配置されたノブはオフロードでの走りに対応。コーナリング時において安定感をもたらしてくれます。
(´・ω・`)BYWAY Road Plusタイヤはグラベル用ロードプラスタイヤとはいえ、舗装道路で速度が落ちにくい点が特徴。
だから今回の高速SORA仕様に対応する為に、採用されたと推測されます。
グラベルライドでは最高の快適を重視。
ホイールとタイヤはさらにチューブレスレディ仕様。 そのため、シーラントを加え、付属のバルブを取り付けるだけでチューブレスの利用が可能。
huhuiy8.jpg
ブレーキ  TRP Spyre C610C 機械式ディスクブレーキ、160mm CentreLock ローター
Vitus Substance V-2 AdventureはのSTIレバーは「Shimano Sora R3000」なので、ディスクロード化するにあたりワイヤー引きに対応可能な「TRP Spyre C610C」を採用しています。
しかも対向ピストン仕様の強力なメカニカルディスクブレーキですね。
TRP Spyre 機械式ディスクブレーキ仕様にすることで、急な下り坂でも優れた停止力を確保しています。
2019年クロモりモデルの場合、ロードプラスタイヤに油圧ディスク仕様でしたが。
今回の2020年アルミモデル仕様においても、数少ない対抗ピストン仕様の TRP Spyreを採用し制動力の強化を図っています。
jiuo8u98.jpg
シフター  Shimano Sora R3000
uturu753.jpg
huyu987.jpg
huo89u89o.jpg
リアディレイラー  Shimano Sora R3000、ロングケージ、 9 スピード
カセット Shimano HG400、11-34T
hu9y8.jpg
サドル   Vitus、チタンレール
シートポスト Vitus、6061 アルミニウム、27.2x350mm、25mm レイバック

Vitus Substance V-2 Adventure 2020

スポンサードリンク

2020年05月07日 トラックバック(-) コメント(-)