2020 Rondo Ruut ST1 クロモリグラベルバイク   新型TwinTip 2.0フォークについて スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > グラベルロード&シクロクロス > 2020 Rondo Ruut ST1 クロモリグラベルバイク   新型TwinTip 2.0フォークについて

2020 Rondo Ruut ST1 クロモリグラベルバイク   新型TwinTip 2.0フォークについて

RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_02.jpg
2020 Rondo Ruut ST 1 Gravel Bike


ポーランドRondoのプレミアムスチールグラベルバイク「2020 Rondo Ruut ST」
2020年モデル、人気のスチールバージョンのRondo Ruut STのフレームが新型フレームバージョンになりました。
Tange Prestigeチューブで作られたこの新型グラベルスチールフレームは、軽量性と快適性を両立させています。
軽量なベンドシートステーと、より薄い楕円形のトップチューブを組み合わせていますね。
更に新型 RUUT ST1には、FLYテクノロジーで作られたTwinTip 2.0フォークを装備。
このクラシックなスチールマシンは、重量、剛性、のバランスが取れており、使いやすさが最大化されたパッケージで提供。
更により高いSRAM スペックでより快適な走行性能を獲得しています。
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_01 (1)vdas
フォーク TWINTIP 2.0 CARBON
リム Rondo Aluminium 622-23 Tubeless compatible
タイヤ WTB Nano 700c x 40c

タイヤクリアランス  700c x 40/27.5 x 2.2 (622-40, 584-57)
先程述べた通りポーランドのオフロードブランドRondo2020年グラベルモデルは、アップグレードされたバイクモデルになっています。
主なアップグレード点はRondo Ruutシリーズにおいて、軽量フォークTwinTip 2.0フォークを採用してきた点ですね。
クロモリ、アルミ、チタンフレームにこの新型フォークが追加されています。



20200110155442b59casa.jpg
2020 Rondo Ruut ST2
これはセカンドグレードの2020 Rondo Ruut ST2です。初代TwinTipフォークを搭載したモデルですね。
多くのRondo Ruutライダーは、可変フォークフォークフリップチップを搭載した、初代TwinTipフォーク可変ジオメトリ機能を評価していました。
しかし初代TwinTipフォークは巨大な為、スチール、アルミニウム、チタンのRuut砂利バイクの細いチューブには視覚的にフィットしませんでした。
20200110154849b5axs.jpg

このセカンドグレードの2020 Ruut ST1は、旧型スチールフレーム「Ruut Tange」と旧型初代フォーク Twintip Carbon仕様です。
(´・ω・`)うーん、旧型初代フォークTwintip Carbonはボリュームがあるというよりは、エアロというかブレード形状だったのかな。
それが2代目になり、より細くなった印象。

つまり新型2020 Rondo Ruut ST 1 Gravel Bikeは、新型フォークTwinTip 2.0カーボンフォークに最新のベントしたスチールフレームを新たに採用した新型という事ですね。


RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_03.jpg
(´・ω・`)なるほど。今回新型TwinTip 2.0カーボンフォークに更新され、見た目がスリムで軽量化を図ったという訳ですね。
更に新しいTwinTip 2.0カーボンフォークは、フルフェンダーマウントと3ボルトケージマウントを追加。
更に新型曲線フレックスシートステーと傾斜の高いトップチューブデザインにより、凹凸のある地形に対するライダーの快適性が向上します。
新型に切り替わった RUUT 2.0 TANGEフレームは、ダウンチューブの下とトップチューブの上に追加のボトルケージマウントセットを追加しました。
Rondo SuperlightホイールとWTB Nanoタイヤ
WTB Nanoタイヤで包まれたRondo Superlightホイールに乗って転がり、あらゆる天候および地形条件で並外れた回転速度とグリップを提供します。


RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_07.jpg
ブレーキ SRAM Rival hydraulic disc
ハブ Rondo Superlight Sealed Bearings

トップスペックの2020 Ruut ST1は、軽量で快適な新型TwinTip 2.0カーボンフォークを備えています。
ロンドの新型TwinTip 2.0カーボンフォークは、2020年Rondoグラベルバイクにおける最大の注目点です。

Rondo Twintipカーボンフォーク調整可能なジオメトリ
Rondoお馴染みの可変Twintipフォークテクノロジーは、フォークとバイクのジオメトリを簡単に変更可能な機能です。
レースやスポーティなライディングポジションに最適化。
もしくはよりリラックスした乗り心地にジオメトリーを設定し、長距離のグラベルライドに最適な乗り心地を実現します。

SRAM Rival油圧ディスクブレーキの卓越したブレーキ性能を備えており、あらゆる天候および地形条件で信頼できるブレーキ力を保証。
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_08.jpg
クランクセット SRAM S350-1 X-SYNC 42T

(´・ω・`)流石にハイエンドクロモリグラベルモデルだけあって、SRAM Rival 11スピードドライブトレインと油圧ディスクブレーキを採用。
スチールフレームということで、コンポーネントの軽量化を狙ってスラムワンバイにしたのかな。
(ちなみにセカンドグレードの「2020 Rondo Ruut ST 2」は、エントリーグレードのSRAM Apex 1を採用)
幅広い11-42Tカセットを備えたSRAM Rival 1x11-Speedドライブトレイン仕様になっています。
ツーリングモデルにおいても人気があるコンポーネントですね。主にカーボン系グラベルや高級クロモリモデルに採用されていたりましますが。
このトランスミッションは、急な丘を急上昇するギアを提供し、森のトレイルに沿ってスピードを上げ、ターマックまたはトレイルに乗っている場合でも最適なギアを提供。
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_01.jpg
シートポスト RONDO 350 X 27.2
サドル  FABRIC SCOOP FLAT

RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_06.jpg
ハンドルバー RONDO FLARE 420MM(S), 440MM(M,L), 460MM(XL)
ステム RONDO 80MM(S), 90MM(M), 110MM(L), 110MM(XL)

RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_01 (1)
フレーム RUUT 2.0 TANGE

RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_11.jpg
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_10.jpg
RONDO_Ruut-ST-1-Gravel-Bike-2020_09.jpg
リアディレーラー SRAM Rival 1 TYPE 2.1, 11-Speed
カセット Sunrace Csms7 11-42T 11-Speed
この用途の広いトップグレードのクロモリアドベンチャーバイクは、遠出やグラベルライドに適しています。
地元の森の小道を走破したり、毎日の通勤で都心の交通をすり抜けたり。
快適性、俊敏性、信頼性の高いパフォーマンスが不可欠な長距離ツーリングに驚異的なコントロール性と安定性をもたらします。
Rondo Ruut ST 1 Gravel Bike (2020)

スポンサードリンク

2020年05月11日 トラックバック(-) コメント(-)