米国限定 Look765 Gravel RS Dirty Kanza Editionグラベルバイク  米国グラベルレースDirty Kanzaを記念した スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOOK > 米国限定 Look765 Gravel RS Dirty Kanza Editionグラベルバイク  米国グラベルレースDirty Kanzaを記念した

米国限定 Look765 Gravel RS Dirty Kanza Editionグラベルバイク  米国グラベルレースDirty Kanzaを記念した


uuiuy87.jpg
Look765 Gravel RS Dirty Kanza Editionグラベルバイク

Lookが米国限定の765 Gravel RS Dirty Kanza Editiongグラベルバイク(CorimaホイールとワイドフォースAXS付き)をお披露目しました。
米国において6月から、米国国内限定で販売される形になる。
米国グラベルレースDirty Kanzaを記念した超限定「Dirty Kanza Edition」モデルか。
(´・ω・`)タダでさえ数が少ないLOOKグラベルモデルの、更に限定版か。
なんとか日本に入ってきてくれると、嬉しいのですが……

Look765 Gravel RS自体も実にレアで。
フランス老舗ブランドLOOKの、希少な海外流通ハイスペックグラベルロードではありますが。
日本においても、何台か輸入はされている様ですね。(かなりレアなケースになりますが)
そんなレアなLOOKグラベルロードの、更に米国限定版ということで相当珍しい限定モデルですね。
なにせ欧州においてさえ、流通しない形になりますし。

特徴はSRAM Force AXSと、新型Corima Gravel G30.5ホイールを採用しています。
しかも通常版はワンバイ仕様になっていますが、今回の米国限定モデルはフロントダブル仕様。
米国限定仕様の、激レアカーボングラベルレースバイク専用モデルという事になります。
台数も数を絞って、なんと8台のみの超限定モデル。
giy8768tgiuyiupyfuth.jpg
現在米国を拠点に活動するLook&Corimaのチームによるコラボレーションモデル
フランスホイールブランド「コリマ」とフランスの老舗「Look」によるコラボモデルでもあります。
なのに、米国限定……(´・ω・`)

765 Gravel RS Dirty Kanza Editionは、米国ホイールまたはバイクのディーラーを通じてのみ提供されル形になります。
uhui77878.jpg
米国中西部カンザス州の予測不可能な風と天候にさらされる過酷なグラベルレース、ダーティーカンザレース。
カンザス州のフリントヒルズの荒涼とした田舎道で行われている、世界最大のグラベルレースを祝うこのモデルは、ライダーがダーティーカンザレースで活躍できるよう特別に設計されています。
765 Gravel RSは、3つのボトルケージとトップチューブバッグ用のスペースを備えており、遠距離でも水分を補給できます。
(Look X-Trackレースカーボンペダルのセットは、快適さとセキュリティを実現)
gyiyy7iy789.jpg
LOOKカーボンモデルの使用経験を活かして、765 GRAVEL RS専用の独自のカーボンレイアップを開発
カーボン繊維の向きとカーボンの特定の組み合わせ(HM 29%、IM 46%、HR 10%、特定繊維15%)を最適化することで、乗り心地を維持しながらペダリングパフォーマンスを最大化しています。
油圧ディスクは、フロントとリアに160mm SRAMセンターラインローターを備えたSRAM Forceフラットマウント仕様。

ハンドル周りはLOOK 795RSロードバイクまたは989/987 RSマウンテンバイクのコックピットスタイルに準拠。
Lookアルミニウムステムが特徴であり、ステムを反転してさまざまな高さを提供。
統合された美しい外観が特徴です。
huihu8998.jpg
SRAM Force eTap AXS 2×12ドライブトレインは、高速グラベルレーシング用の特別仕様
ワイドな10-36Tカセットと、限定フロントダブルの43/ 30Tチェーンリングを組み合わせることで、ワイドギア比を利用可能になります。
通常モデルのLook765 Gravel RS SRAM Force仕様は、11/36カセットにフロントシングル42Tチェーンリング仕様。
今回の米国限定モデルは、フロントダブル仕様に踏み切りました。

(´・ω・`)またカーボン765 Gravel RSフレームセット自体は、高速ロードバイク寄りの形状になっているので、過酷なグラベルレースにおいて風抜けの良さが特徴。
Look 765 Gravel RSには短いチェーンステーでもタイヤクリアランスを最大化するように設計された、ドロップ形状チェーンステーがいつ見ても大胆ですね(右側)。
イタリアオフロードブランドの3Tのグラベルモデル「3T Exploro」によって一気に普及した、ドロップチェーンステー形状ですね。
huiiuy8778.jpg
y7987997.jpg
3D WAVE STAYS
シートチューブを平らにすることにより、その垂直方向の動きを改善すると同時に、横方向の剛性を高めています。
これらのユニークな形状のシートステーは、フレームの重量を増やすことなく、荒れた地形でのトラクションとコントロールを向上させています。
yiyi68t.jpg
限定Dirty Kanzaエディション完成車は、新型軽量ワイドカーボンホイールCorima G30.5グラベルホイールを採用しています。
大容量40mm Goodyear Connectorタイヤと組み合わせて 、十分な快適性と浮遊感が得られ、厳しい砂利道を滑らかにする効果を練ったとか。
(タイヤクリアランスはテストにおいては40mmでもいけたそうだ)
元々765 Gravelは700x40または650x2.1タイヤのクリアランスを確保しています。
通常モデルの765 Gravel完成車は700x37mmタイヤを用意。
37mmの場合は、バランスのとれたロード性能とオフロードの快適性を重視。
(´・ω・`)つまり通常モデルの37mmは多少ロードとしての機能を重視しているけど。
今回の限定モデルに用意された、40mmタイヤサイズはDirty Kanzaグラベルレースを視野に入れているモデルという事か?
giyi788.jpg
米国限定 Look765 Gravel RS Dirty Kanza Editionグラベルバイク完成車は8000ドルで販売され、6月上旬に出荷が開始されます。
XSまたはSのいずれかで2台、Mでさらに3台、LまたはXLでさらに3台用意。
米国LOOKまたはCorimaディーラーが販売を受けつけているそうだ。
流石に台数が極小なので、日本に何らかの形で入ってきたら奇跡かも?
LOOK/785 HUEZ COMPLETED BIKE ULTEGRA 11速 完成車 ロードバイク 2020

スポンサードリンク

2020年05月16日 トラックバック(-) コメント(-)