軽量ebike louisgarneau AVIATOR-E(ルイガノ アビエーターE) SHIMANO STEPS搭載モデルで、ママチャリ化出来るという贅沢 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 軽量ebike louisgarneau AVIATOR-E(ルイガノ アビエーターE) SHIMANO STEPS搭載モデルで、ママチャリ化出来るという贅沢

軽量ebike louisgarneau AVIATOR-E(ルイガノ アビエーターE) SHIMANO STEPS搭載モデルで、ママチャリ化出来るという贅沢


yhu98.jpg
louisgarneau AVIATOR-E(ルイガノ アビエーター)
長距離ロングライドタイプのルイガノAVIATOR-Eですね。
新型SHIMANO社製ドライブユニットSHIMANO STEPS E5080採用モデルなので、1回の充電で100km以上の走行が可能!
( ※ECOモード使用時 105km)
特にロングライドで疲労しないようにエルゴノミックス形状のグリップや、快適性の高い幅広サイズのサドルなどパーツの面でもロングライドを意識した構成になっている。

(´・ω・`)しかし車重がとことん軽いな……しかもAVIATOR-Eはebike系クロスバイクながら17.6㎏を達成した、軽量モデルでもある。
BESV JF1も16.1kgだけど。最近ebike系クロスバイクの軽量化がどんどん進んでいきますね。

ちなみにebikeにおける軽量性って、アシストを利かせながら走っている時はそれ程体感的には感じません。
むしろ電源OFFにしてアシストを切った時に、この軽量性を発揮する場合が多いです。
(登りにおいて、軽量なのでバッテリーの減りが抑えられる効果も)
実際ebikeはアシストをOFFにすると、モロ重量感が体にきますが。
AVIATORフレーム自体は、元々軽量アルミ系スポーツクロスバイクモデルをベースにしています。
アシスト無しでも、それなりにいい走りをするのでは?
26647_08.jpg
ブレーキ SHIMANO BR-MT200 HYDRAULIC DISC
ハブ SHIMANO TX505 QR DISC 32H
リム ALEX MD19
タイヤ KENDA K-1185 700x35C

特に長距離に対応する為に、油圧ディスクブレーキ仕様。
下り坂もさることながら、軽めの握力で誰でも強力な制動力が発揮出来る。
26647_10.jpg
フレーム 6061 ALUMINUM
バッテリー  SHIMANO BT-E6010
36V/10.9Ah大容量バッテリーにより、1回の充電で100km以上の走行が可能。
フレーム本体に取り付けたまま充電も可能だし、バッテリーを取り外しても充電可能。
通勤通学路や、長距離ライドまで、対応出来るオールラウンドタイプの大容量バッテリー。
huo89y9yho.jpg
別売り専用オプションとしてカゴ、リアキャリ、泥除け、スタンドがが用意されており、通勤やママチャリ風に使えるebikeモデルでもある。
frwtwt4w.jpg
ルイガノ[louisgarneau]AVIATOR-E(アビエイター E)用 リア キャリア
huoo8o98.jpg
ルイガノ[louisgarneau]AVIATOR-E(アビエイター E)用 フェンダー セット
hoo878977iiyg.jpg
ルイガノ[louisgarneau]AVIATOR-E(アビエイター E)用 リア キャリア
(´・ω・`)つまり通常の電動アシスト自転車としても使えるし、スポーツ系ebikeとして使用も可能。
通勤用の日常用の脚としてもいいし、スポーツ用としても使える多目的型軽量ebikeでもあるのです。
専用リアキャリアーやフェンダーは別売りという形になりますが、最初から専用オプションが用意されているのでサイズ面などに悩む必要はないですね。
SHIMANO STEPS搭載モデルで、ママチャリ化出来るという贅沢。
gyiy8ouopiopi0p0.jpg
26647_07.jpg
ハンドルバー ALLOY FLAT (580mm)
ステム ALLOY A-HEAD ANGLE 10DEGREE EXT 90mm

ヘッドセット 1-1/8" ALLOY THREADLESS
26647_04.jpg
ブレーキレバー SHIMANO BL-M200 HYDRAULIC DISC
アルミフレームとアルミフォーク仕様になっています。
ベースとなったスポーツ系クロスバイク「AVIATOR 9.1」自体はカーボンフォーク仕様でしたが。
AVIATOR-Eはアルミフォーク仕様に。
26647_03.jpg
シマノ STEPS E6100 ワイヤレスサイクルコンピューター
大きく見やすいディスプレイが特徴。
最近シマノ STEPS E7000 ワイヤレスサイクルコンピューターなどに代表される様な小型ディスプレーも出ていますが。
大型ディスプレーでHIGH、NORM、ECO、OFF、WALKなどのアシストモードや、時速を見易い形にこだわっています。

シフターはSHIMANO ACERA(1×8)なので、リア変速だけ行う形になる。
シフター部で変速段数を目視で確認可能。
26647_09.jpg
クランクセット (LENGTH) ALLOY 44T (170mm)
B/B (B/B WIDTH) モーター内蔵

E5080シリーズは、ハイエンドE8080 の性能を継承したハイコスパアシストモデル。
シマノステップ E5080 シリーズの目玉はやはり、シマノステップモデル中最軽量アシストユニットという事ですね。
元々ルイガノ軽量クロスバイク「AVIATOR」をベースにしたebikeなので、軽量化を重要視したebikeとも言えます。

やはり通常の電動アシスト自転車とは違い、シマノステップは相当パワフルなアシストを体感出来ます。
更にスポーツ系クロスバイクをベースにしたモデルなので、フレーム&アシストユニット共にスポーツ性をかなり意識したebikeと言えます。
26647_06.jpg
メインコンポーネント SHIMANO ACERA (8 SPEED)
フリーホイール SHIMANO CS-HG200 12-32T 8SPD
26647_05.jpg
サドル  VELO for e-bike
シートポスト ALLOY 27.2mm (300mm)

サドル部分に工夫は施してありまして。サドル後方に手を引っ掛ける為の窪みを用意。
サドル位置の調整や、駐輪時に便利な仕様になっています。
26647_02.jpg
26647_01.jpg
AVIATOR-Eに関して個人的に多目的型ebikeでありながら、17kgと重量を絞ってきた点に注目しているのですが。
どうしてもeMTBですと20kg台になってしまいますしね。
ルイガノ系ebikeの場合、安定性の高さとスポーツ性、そして荷物などの積載性にこだってくる傾向にあるので。
別売りオプションを用意し、積載性や日常性も高めているんでしょうね。
ルイガノ[louisgarneau] AVIATOR-E(アビエイター E)フレームサイズ:470mm 電動自転車 クロスバイク
icon

スポンサードリンク

2020年05月22日 トラックバック(-) コメント(-)