FUJI DECLARATION  USA向けFUJIシングルスピードモデルが日本上陸 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FUJI(フジ) > FUJI DECLARATION  USA向けFUJIシングルスピードモデルが日本上陸

FUJI DECLARATION  USA向けFUJIシングルスピードモデルが日本上陸


ehakusen_declaration.jpg
FUJI DECLARATION
海外で販売展開されていたフラットバーシングルスピード「FUJI DECLARATION」が日本国内で販売展開が開始されたんですね。
カタログ未掲載の定番品ではない、かなりレアなスチールモデルになります。
FUJI DECLARATIONの製作目的は、プロのメッセンジャー、街乗り、通勤通学などのユーザーの為のシングルスピードモデルです。
都市環境を征服する為に最適なシングルスピードとして、トラックスタイルのフレームよりもやや攻撃的なジオメトリを採用。
スチールの快適性と耐久性を生かした細身のフレームで、固定またはフリーで乗ることが出来ます。

(´・ω・`)なるほど……なんだか、FUJIの国内販売モデルにおける原点に帰った様なバイクですね。
価格も良心的に価格 58,410円 (税込)とかなり抑えています。

FUJI DECLARATIONは軽快なアルミニウムホイールを備えた、扱いやすいスチールフレームシングルスピードでもあります。
車重は11.2kg。
つまり、近所をゆっくりとペダルを踏みながら流す目的でもOK。

(17Tのフリーコグ、固定コグを標準装備)
リムブレーキ、ストリートスマートなWTB ThickSlickタイヤ、鋲打ちのレトロなサドルが、このスタイリッシュなストリートマシンのデザインを磨き上げています。
今回限定というか、スポット的に日本へ上陸してきたFUJIシングルスピードモデルということで、台数そのものは限定という扱い。
ehakusen_declaration_9.jpg
フレーム Fuji Hi-ten steel w/ chromoly seat tube
海外においては「FUJI Elios 1スチールフレーム」をフレームに採用していますが。
主にFUJIのシングルスピードFEATHERの、フォーク部に採用されているスチールがFUJI Elios 1ですね。
(´・ω・`)ちなみにFUJI FEATHERのパイプには、ダブルバテッドのパイプ「Elios2 Chrome-Molydenum」を採用。
乗り心地が良い上に快速な、クロモリフレームになっています。
FUJI DECLARATIONは、多少リーズナブルかつ耐久性のあるパイプが使用されているのかな?
ehakusen_declaration_12.jpg
ホイールセット Alloy high profile, 28h / 32h, stainless spokes
タイヤ Thick Slick, 700 x 28c
タイヤはTHICKSLICKブランドですよ。
MTBパーツメーカー「WTB」が街乗りを意識して送り出したブランドですね。
しかもディープリムホイールに組み合わせています。
(細身のスチールフレームに相性がいいディープリムホイール仕様)

FREEDOM BICYCLE byWTB THICKSLICK
最初からストリートをグリップを利かせて走破することを念頭に置いている。
(´・ω・`)しかし、これは目立つタイヤになっていますよ。
トレッドパターンも無いので、路面に対する抵抗も最小減におさえている。
一時ビアンキのMTBや、クロスバイクの完成車に良くTHICKSLICKを見かけましたが。
海外都市における過酷な条件に耐えうる足回りを意識したそうだ。
ehakusen_declaration_4.jpg
ehakusen_declaration_7.jpg
クランクセット Single, 46T
BB Sealed cartridge
カラーはマットブラックにパープルを用意。
海外展開モデルFUJI DECLARATIONの2019年モデルカラーと同一のカラーですね。
つまり海外FUJIのデザインをそのまま楽しめる限定モデルになっています。
主に米国で人気を博しているFUJIモデルだけあって、デザインが米国で受けそうなカラーやデザインになっている。
BALLADの様な、レトロかつ女性的なFUJIデザインとはやはり違いますね。
ehakusen_declaration_10.jpg
ハンドルバー Alloy, 10mm rise
ステム Alloy, 17° rise

FEATHERを意識したフラットバーモデルという事ですが。
誰にでも扱い易いライザーバー仕様だったのか……
ehakusen_declaration_11.jpg
ヘッドセット FSA, 1-1/8” threadless
ehakusen_declaration_8.jpg
ブレーキ Alloy dual pivot caliper
ヘッドチューブのヘッドバッジデザインがいいな。
FUJI2015年モデル頃から採用されてきた復刻版のヘッドバッジデザインではないんですね。
あのブルー系富士山のカラーリングが印象的なデザインではなく、シルバー単一でデザインされています。
FUJI USAからやってきた限定モデルらしいデザインですね。
ehakusen_declaration_13.jpg
フォーク Fuji Hi-ten steel
ehakusen_declaration_6.jpg
カセット 17T fixed cog / 17T freewheel
ehakusen_declaration_5.jpg
サドル Retro rivet
シートポスト Alloy, 27.2mm
重量 11.2kg

鋲打ちサドルも最初から用意されている。
FUJI DECLARATIONは2020年モデルとして限定で入荷することから、2012年FUJIモデルに加わるかは不明。
もしかしたら2020年モデルが最初で最後の国内展開の可能性もあります。

フルカーボングラベルバイクFUJI JARI CARBON 1.1共に日本へ上陸してきた限定モデルではありますが。
主に米国向けに、人気を博していたフラットバーシングルスピードという位置づけ。
(´・ω・`)米国でグラベル人気が過熱しているのは分かるけど、シングルスピードも人気が出ているって言う事??
気になるな……エアロロード人気に対する反動だろうか?
グラベルと共に、シングルスピード人気もまた復活するのかな。
もしかして、2021年FUJIモデルはシングルスピードモデルが、多数登場したりして。
2020モデル FUJI(フジ) >DECLARATION(デクラレーション) シングル・ピストバイク

スポンサードリンク

2020年05月27日 トラックバック(-) コメント(-)