2021Cannondale Topstone Neo Carbon Lefty 3  新型e-gravelバイク登場! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Cannondale(キャノンデール) > 2021Cannondale Topstone Neo Carbon Lefty 3  新型e-gravelバイク登場!

2021Cannondale Topstone Neo Carbon Lefty 3  新型e-gravelバイク登場!

jryu46u5ey.jpg
Cannondale Topstone Neo Carbon Lefty 3
キャノンデールから、新型e-グラベルバイクCannondale Topstone Neo Carbon Lefty(フルサスペンション)とCannondale Topstone Neo Carbonが登場です。
(´・ω・`)すげー! フルカーボンサスペンショングラベルのCannondale Topstoneが電動アシストebike化したんだ!!

このCannondale Topstone Neo Carbon Lefty 3のコンポーネントは。
・Shimano GRX 812/600 11スピード油圧ディスクグループ
・Bosch Performance Line CX 250Wドライブユニット/ 500Whバッテリー
・タイヤ WTB Resolute、650b x 42c

650B仕様に、Shimano GRXを搭載した、ドイツBosch製ドアイブユニットって……???
しかもフルカーボンにBosch製ドライブユニットを搭載してくるとは……
20191105103018493nfg.jpg
2020 CANNNONDALE TOPSTONE CARBON FORCE ETAP AXS(機械式)
(´・ω・`)このCANNNONDALE TOPSTONE CARBON をベースに、ebike化した訳か。
悪路でも舗装路でも無理なくスピードを出せるグラベルでしたが。
いや。アシスト無しでも、悪路やラダーコースですら、走りが滑らかだった点が印象深かったです。
これにドイツボッシュのアシストユニットが搭載された訳か。
それなら長距離でも、特に悪路でも更に楽が出来そう……これ以上楽していいのだろうか……
走りの滑らかさと処理能力の高さが、TOPSTONE CARBONの走りの特徴。
正直アシスト無しでも、かなりハイレベルなグラベルなんですけどね。
grww462623.jpg
Cannondale Topstone Neo Carbon Leftyは、以下の通りの特徴があります。
①Cannondale Topstoneをフルサスペンション化
②新しいグラベル専用の Lefty Oliverサスペンションフォークを搭載。Oliver Forkは片側のエアサスを介して30mmのサスペンションを提供し、ボリュームスペーサーを使用して調整できるようになりました。
650Bホイールを中心に設計されたこのグラベル専用フォークになっています。
②リアにKingpin Suspensionを搭載
③キングピンサスペンション
④650Bホイール仕様

2019年モデルとして発売されていたキングピンサスペンション仕様の Topstoneを、ebike化して発売した訳ですね。
フレーム全体で30mmのトラベル量を確保しています。
すげー、フルサスペンション仕様のe-グラベルロードな訳か。
ただし、マウンテンバイクのフルサスバイクよりもトラベル量は抑えてはいますが。

オールカーボングラベルフレームと、まったく新しいグラベル専用のLefty Oliverフォークを中心に構築された新型Cannondale Topstone Neo Carbon Leftyは、オフロードに対応しながら、非常に快適なオンロードを提供するように設計されています。
カーボンフレームは1340g。650Bリムでは47mmタイヤ、700cホイールでは45mmタイヤに対応。

Cannondale Topstone Neo Carbon Leftyには650bホイールが付属していますが、700cを装備したCannondale Topstone Neo Carbon
には通常のリジッドフォークが付属しています。

すべてのCannondale Topstone NeoモデルにはBallisTec Carbonフレームを使用しており、各サイズにはサイズに応じて特定のレイアップがあり、すべてのバイクで同じ感触を実現しています。
トップエンドモデルには27.2mmドロッパーポストを搭載可能。ebike化したCarbon Topstoneモデルには、バイクのジオメトリに大幅な変更が加えられていません。
juryujetyhw.jpg
従来のe-Roadとe-Gravelバイクバイクは、軽量で低容量のドライブユニット、またはフルパワーで大きくて重いドライブユニットを提供する傾向があります。

そこでキャノンデールは、バイクに最大アシスト距離(125km)の500wH Bosch Performance CXドライブシステムを採用することで、軽量かつ低容量のドライブユニットを実現しました。


250wモーターを使用していますが、ボッシュパフォーマンスCXドライブシステムは大容量の500Whバッテリーを使用しています。
Cannondale Topstone Neo Carbon Leftyのアシスト可能距離は最大127 kmに達する訳です。


Bosch Performance CXシステムは通常eMTB専用であり(TrekのDomane +バイクでも採用)、2020年にはコンパクト化が進んでおり、以前のモデルよりも50%小さくなっています。
最大340%のアシストと75Nmの最大トルクで、ほぼあらゆる登りに対応。

米国では28mph(45km / h)のアシスト制限、国際市場では 20mph(32km / h)の制限でプログラムされています。
国際的な市場に応じたアシスト制限があり、駆動音も静か。バッテリーはバイクのダウンチューブに収納されています。
ijyrte.jpg
通常のフルカーボングラベルCannondale Topstoneと同じく、Cannondale Topstone Neoは、キャノンデールのキングピンリアサスペンションにLockRスルーアクスルピボットを採用。
LockRは、個々のステーが個別に動くのを防ぐ為に重要なパーツです。

yihyiuouo.jpg
Cannondale Topstone Neo Carbon4
Cannondale Topstone Neo Carbonにはグリップと快適さのためにWTB Riddler Comp、700 x 37cタイヤが付属しています。
最大40mmのタイヤクリアランスを用意しています。
より悪路を走破するのが目的なら、48mmタイヤの650Bホイールを装着することもできます。

Cannondale Topstone Neoは電動アシスト化した事により
テクニカルクライミングを楽しくし、更なるグラベルライドの可能性を切り開く事が出来る。
(´・ω・`)ebikeはグラベルの走りを変える事になるのだろうか?
元々CANNNONDALE TOPSTONE CARBON自体、悪路での走破性やスピード性を獲得している訳だから。
長時間グラベルライドに耐えられるだけの持久力に期待したい所。
(対面販売品:店頭受取のみ)キャノンデール(CANNNONDALE) 20’TOPSTONE CARBON FORCE eTAP AXS(2x12s)グラベルロードバイク 20年モデル

スポンサードリンク

2020年05月28日 トラックバック(-) コメント(-)