MIYATA EX-CROSS E VBEC420  ママチャリとebikeが融合!? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MIYATA > MIYATA EX-CROSS E VBEC420  ママチャリとebikeが融合!?

MIYATA EX-CROSS E VBEC420  ママチャリとebikeが融合!?

vbec_hte.jpg
MIYATA EX-CROSS E VBEC420
(´・ω・`)ミヤタの通勤通学用コミューターバイクE-bike「EX-CROSS E」です。
スポーツ系というよりは、完全に通勤通学での使用に徹したE-bikeですね。

ですので泥除け、バスケット、スタンド、ライト(砲弾型レーザービーム)が用意されています。
27×1-1/2 インチタイヤにMTB系コンポ シマノアルタス外装8段変速を採用。
なんだろう……ハイエンドのママチャリモデルに、E-bike用SR SUNTOUR製小型電動アシストユニットを搭載してきたような凄まじさ。
E-bike風のママチャリと言うべきか? 
ですのでバッテリー取り付け位置も、まるでE-bikeの様にダウンチューブへ配置されていたりするんですよ。
なのにママチャリの様に、チェーンケースを標準装備しているという……。
こういう違和感が楽しいebikeなんでしょうね。
vbec_6.jpg
バッテリー SR SUNTOUR 36V 11.6Ah
一充電あたりの走行距離 ECOモード100Km/TOURモード65km/CLIMBモード58km
E-bike用大量量リチウムイオンバッテリーを搭載。
ママチャリ風ながら、最長アシスト距離100kmを達成していたりします。
(´・ω・`)割とスタートダッシュ時などの漕ぎ出しに強い、アシストユニットらしい。
だからストップ&ゴーの多い、通勤通学用に採用されたのかな。
シマノステップ製ebike(クロスバイク)を搭載してしまうと、一番リーズナブルな「シマノSTEPS E5080」製でも軽く20万オーバーしてしまいますからね。
「EX-CROSS E」なら、17万円台で購入可能な訳ですよ。
vbec_5.jpg
リアブレーキ TEKTRO HD-T275,H.DISC BRAKE,W/180MM ROTOR(SR TYPE)
リアディレーラー Shimano RD-M310
カセット SUNRACE 12-34T
ドライブユニット SR SUNTOUR リアモーター250W
SR SUNTOUR 製電動アシストユニット「HESC(Human Electro Synergy Components)E-BIKE SYSTEM」
小型軽量で高出力な後輪インホイルタイプ
最大トルク 60Nm、最大出力 400W の小型で高トルクのインホイルモーターを採用。
(´・ω・`)なるほど……トルク量だけ見て見るとSHIMANO STEPS E6180とそう数字は変わらない訳だ。
結構パワーは確保してあるわけですね。

チェーンを介さず後輪を直接駆動させるので、チェーンやギアへのストレスを低減。
不具合時も車輪からモーターを解体することなく内部のみを交換可能な高メンテナンス設計。
csm_ats_f37322ed65.jpg
アクティブトルクセンサー(ATS)テクノロジー
アクティブトルクセンサー(ATS)テクノロジーは、速度とケイデンスだけでなく、トルクの重要な側面も測定。
脚が何をしようとしているのかについて最高の印象を得ることができるため、ミラーリングしてそれに一致する「ブースト」を追加するだけです。さまざまなレベルのパワーを追加するだけでなく、スポーティーなライディングスタイル、丘を登るとき、または市内中心部をクルージングするときの特徴を反映してアシストする。
フリーホイール機能により、バッテリ―無しでサイクリングしている場合でも、走行可能。

(´・ω・`)HESC E-BIKE SYSTEMはe-MTBタイプにも採用されている強力なアシストユニット。
それをママチャリ風に使用するなんて、ちょっと面白い試みかも?

vbec_8.jpg
シフター Shimano SL-M315
ATS DISPLAY AND CONTROL UNIT

ATSディスプレイとハンドルバーコントロールユニットで、ebikeさながらのアシスト操作が楽しめます。
ATSディスプレイには速度、距離、ライディングモードに関する情報など、必要なすべての情報が表示。
確かに通常の電動アシスト自転車にはあり得ない、大型のebike用ディスプレーが用意されている。
ディスプレイホルダーにあるminiUSB端子から、スマホなどを充電可能(5V 500mA)。
vbec_1.jpg
ebikeながら大型バスケットを用意
ビジネスバッグも通学バッグもすっぽり入る大型フロントバスケットを標準装備。
つまり本来なら通勤時にebikeを使用する場合、どうしても後付けになるが。
最初から用意されているので、お財布に優しい。
vbec_3.jpg
なんだこりゃ? ハンドル周りはまるでeMTBの様なギミック。
vbec_4.jpg
フロントブレーキ  TEKTRO HD-T275,H.DISC BRAKE,W/160MM ROTOR
タイヤサイズ 27 X 1 1/2 耐摩耗/パンクタイヤ
MTB用油圧ディスクブレーキ「Tektro HD-M275」を採用。
(´・ω・`)てっきりメカニカルディスクで来るかと思っていましたよ。
guiuy89yiti.jpg
Specialized Turbo Vado 3.0
Specializedのe-bike「Specialized Turbo Vado 3.0」にも採用されている油圧ディスク。
最近ebikeに好んで採用されている傾向。
vbec_7.jpg
座骨をしっかり固定する大きめのサドルを装備。このあたりは、ママチャリテイストのサドルですね。
肉厚で乗り心地もよく通学・通勤に最適。
ex_cross_e_ok17nfh.jpg
フレーム アルミ 
10~20km程度の通勤・通学圏内において、力を発揮する機動力を持つ。
またこれだけ装備が充実しているのにも関わらず、重量を23.6kgと押さえている点もポイント。
通勤通学を最重要視した価格を抑えたebikeなので、ebikeならではのパワーを生かしながら通勤したい方にうってつけかも。
EX-CROSS E(イーエックスクロスE)VBEC420 MIYATAミヤタ電動アシストクロスバイク・E-bike(イーバイク) 送料プランC

スポンサードリンク

2020年05月31日 トラックバック(-) コメント(-)