遂に重量7.8kg! 2020 KhodaaBloom RAIL LIMITED  軽量化の為に、スプロケットの歯数を小さくして更なる軽量化に挑んだ スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > KhodaaBloom(コーダーブルーム) > 遂に重量7.8kg! 2020 KhodaaBloom RAIL LIMITED  軽量化の為に、スプロケットの歯数を小さくして更なる軽量化に挑んだ

遂に重量7.8kg! 2020 KhodaaBloom RAIL LIMITED  軽量化の為に、スプロケットの歯数を小さくして更なる軽量化に挑んだ


kb-rail-ltd.jpg
2020 KhodaaBloom RAIL LIMITED

( ;゚ω゚)……クロスバイクで重量7.8kg!?
2020年モデルも国内クロスバイク最軽量をマークしたか……
定期的にコーダーブルーム超軽量クロスバイク「KhodaaBloom RAIL 700SL LTD」をチェックしていたんですが。
いつの間にか全人未踏の、7kg台に突入していたとは。

フレームに「EAST-L”Triple butted,BSA130mmQR」と表記がある様に、トリプルバテッドのアルミフレームを用意。
アルミフレーム自体の重量を軽量化しロードバイクに迫る1,350gをマークしています。
kutyr6i.jpg
2019 KhodaaBloom RAIL 700SL LTD

(´・ω・`)2019年モデルKhodaa Bloom RAIL 700SL-LTDの場合は、既に8.1kgをマーク。
シートピラー、ドロップハンドルバーにカーボン、フォーク部にもフルーカーボンを採用するなど、カーボンパーツを多用した超軽量クロスバイクだった。
それに加えて、この2019年モデルからギアクランクもカーボン化した訳です。



20181014145539434vs.jpg
ギアクランク FSA SL-K MODULAR SUPERCOMPACT 48-32T 
BBセット FSA BB386EVO


この2019年モデルよりカーボンクランクを新たに搭載。
クランクをカーボン化しつつしかも、BBには新たにBB386EVOを採用。
(´・ω・`)このカーボン部の更なる軽量化は大きかった訳で。2018年モデルと比較し300g軽量化に成功。
重量は既に8.1kgだったので、国内で最軽量クロスバイクと言えばKhodaaBloom RAIL 700SL LTD 一択だった訳ですが。


20170307074209e85vss.jpg
2017 KhodaaBloom RAIL 700SL-LTD
2017年モデルの場合、やはり国内2017年クロスバイクモデル中最軽量をマーク。
この時点で既に8.4kgだった訳ですが。
(´・ω・`)この2017年モデルの時点で、走り自体も相当軽かった訳で。
加速が不気味な程軽いんですよね、 8.4kgという軽量さが加速性能と連動している。
ハンドルやシートポストなどは既にカーボン化されていて、走りに高級感すらもありました。

アルミフレームなのに、推進力を超軽快に発揮し速度の伸びが美麗で美しい点が走りの特徴。
かといって扱いにくい訳ではなく、姿勢も楽に乗れるしブレーキ操作や変速操作もクロスバイクならではです。
しかし、良くスピードに乗ってくれたよなー。特にダッシュ時にスピード性能が、超超軽快です。
201703070742445ddcd.jpg
ギアクランク SHIMANO FC-R460 48/34T
2017年モデルの時点ではFSA製カーボンクランクは実装していません。
ですので、重量は8kg台半ばの数字になっています。
(´・ω・`)ただ、走行性能の上においては既に完成されてはいましたね。
DEORE仕様のロングアーチブレーキV-BRAKEだったので、ブレーキ性能もスピード性に負けない位しっかりしていました。


kb-rail-ltd.jpg
2020 KhodaaBloom RAIL LIMITED
どうもこのKhodaaBloom RAIL LIMITEDを軽量化する為に、コーダーブルームは世界中からパーツを探し電子秤と格闘したとか。
実際スポーク本数やスプロケットまで見直して軽量追求している点が、7.8kgという超軽量化に繋がっている訳です。

RAIL LIMITEDはコーダーブルームモデルの中においても、軽量化の為にやりすぎな一台なわけで。
特に2020年モデルから軽量化の為に、スプロケットの歯数を小さくして更なる軽量化に挑んだとか。
2019年モデル「ギア SHIMANO CS-HG500 11-31T 10S」

2020年モデル「SHIMANO CS-HG500 12-28T 10S」

(´・ω・`)本当だ、確かにスプロケットの歯数が2020年モデルから変更になっていますよ。
まさか、軽量化の為だったとは……

だからサドルにも、当初はクッション性を重視した、多少重量がありそうなコーダーブルームオリジナルサドルでしたが。
現行の2020年モデルはPrologoのハイエンドサドル「Prologo nago EVO nack」を持ってきていますね。
エルゴノミックデザインを採用し、ペダリング際のパワーロスを解消もねらっているとか。
20rltd_ch.jpg
見ての通り、カーボンハンドルやフルカーボンフォークなどカーボンパーツを多用していますが。
路面からの衝撃に対抗する為というよりは、走りの軽快性やスポーツ性をパワーUPさせる為に採用している感もあります。
(確かに重量が軽くなる効果はあるだろうけど、同時にスポーツ性も重要視してパーツを選んでいる印象)
実際にContinental GRANDPRIX5000 700 X 25C BK/BKを継続していますし。
ブレーキもはMTB系DEOREスペック「SHIMANO BR-T610」を採用。
ブレーキや足回りなどは、通常のクロスバイクと比較しコストをかけていますね。

ただ、流石に重量増を抑える為に、ディスクブレーキ化は踏み切らなかったようですね。
ただ先程も述べた通り、KhodaaBloom RAIL LIMITEDのブレーキに関しては、既に完成された制動力を確保しています。
無理にディスク化はしなくてもいいのかな? とは思いますが。
20rltd_cc.jpg
採算度外視の超軽量モンスタークロスバイクの為、2020年モデルも台数を50台に抑えるそうだ。
(´・ω・`)2020年モデルのスペックは以下の通り。また2021年か2022年モデルが出てきた場合、比較するのが楽しみです。
フレーム “EAST-L”Triple butted,BSA130mmQR/
フォーク Full Carbon Fork1-1/8” ,100mmQR /
BB BB386 CRANK TO BSA /
クランク FSA SL-K MODULAR48X32t 170mm/
F ディレイラー SHIMANO FD-4700/
R ディレイラー SHIMANO RD-4700SS /
スプロケット SHIMANO CS-HG500 10S 12-28T /
チェーン KMC X10 /
シフター SHIMANO SL-4700 /
ブレーキレバー TEKTRO ML-520 /
ブレーキセット SHIMANO BR-T610 /
ハンドル Carbon 560mmφ 31.8 /
ステム LightWeightAlloy 100mm(480),90mm(440),80mm(400) /
シートポスト FullCarbon φ 27.2mm 350mm /
サドル Prologo nago EVO nack /
F ハブ NOVATEC FH-A291SB-SL 24H /
R ハブ NOVATEC RH-F482SB-SL 28H /
タイヤ Continental GRANDPRIX5000 700 X 25C BK/BK /
付属品 ベル , リフレクター , ペダル /
重量 7.8kg(480 サイズ )

(特典付) KhodaaBloom コーダーブルーム 2020年モデル RAIL LIMITED レイル リミテッド クロスバイク

スポンサードリンク

2020年06月02日 トラックバック(-) コメント(-)