3T Exploro RaceMax  ハイスピードグラベルレースを戦う為の、斬新なカーボンエアログラベルレースバイク スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > グラベルロード&シクロクロス > 3T Exploro RaceMax  ハイスピードグラベルレースを戦う為の、斬新なカーボンエアログラベルレースバイク

3T Exploro RaceMax  ハイスピードグラベルレースを戦う為の、斬新なカーボンエアログラベルレースバイク

ikjyruhe5357.jpg
ハイスピードグラベルレースを戦うために生まれた3T EXPLORO RACEMAXが新たに登場してきました。

グラベルレースにフォーカスしたレースバイクが3Tより発売になります。
エアロ効果をさらに高めたフレームデザインは、なんとTTモデルやトラックモデルのエアロ技術をグラベルに投入!
前面投影面積を少なくし、シートチューブもエアロ効果を考慮。
長時間の乗車でも疲労感を低減する、エアロデザインのグラベルレースバイクになります。

3Tは新型Exploro RaceMaxでエアログラベルレースバイクのラインナップのトップグレードを刷新。
タイヤクリアランスの拡大も狙った新型で、大型のタイヤを使用してもなおエアロ効果が狙えたりするとか。
650Bワイドタイヤにおいてもエアロダイナミクスを向上させて、速くても遅くても対応出来る新しい方向性を持ったエアログラベルバイクです。
jilohiuhjk67ru.jpg
3T EXPLORO RACEMAX フレームセット
新型Exploro RaceMaxは、単一の高弾性率&高強度カーボンファイバーレイアップを備えたフレームセットです。
jyfr65uey.jpg
iktu7r6u.jpg
3Tは1050gのフレーム重量を主張しています。超軽量ではありませんが、なかなかの軽量フレームの様ですね。
75mm幅の巨大なダウンチューブ形状をであると考えると、なかなかの数字です。
完成車でも、8.12kgという実測値を叩き出しています。
(どのサイズ&完成車かは不明)
101334238_10158251310211310_2091408649472704512_n.jpg
エアロ効果をさらに高めたフレームデザインは前面投影面積を少なくし、シートチューブもエアロ効果を考慮。
jkfd.jpg
通常のグラベルライダーは、グラベルレースに出ているときはエアロ性能に重点を置いていません。
しかし激しい逆風と向き合わなくてはならないこれらのグラベルレースイベントでは、このようなエアロ形状が生きてきます。
3T EXPLORO RACEMAXフレームのダウンチューブは超大型であり、フロントからの風抜けを狙ったエアロ形状で、ダウンチューブ上部にシェイプさせた形状へと変更している。
(またのボトルの接地を考慮したサイズでもある、ダウンチューブは上部が46mm、下部が75mm)
kffjxcncdj.jpg
エアロ性能を重視したサインのカムテール形状のチューブを採用。
リアホイール沿ったシートチューブ形状。
リアホイールとシートチューブのクリアランスを減らす事で、整流効果を狙っている。
これは、特にトラックおよびタイムトライアルバイクで、空気抵抗を減らすためにかなり広く使用されている手法です。

このEXPLORO MAXフレームには700Cホイールや650bホイールに対応。
ですので新型EXPLORO MAXフレームを採用した完成車に関しては、ホイールサイズ別にモデル名が変わります。
700Cホイールを採用したモデルをEXPLORO RACE
650Bホイール完成車をEXPLORO MAXとして展開するそうだ。

エアロロードポジション、最速、そして何よりもスピードを最大化することを求めているグラベルレーサーにとって、700CホイールのEXPLORO RACEが適しているという事になるのか?
向かい風や過酷なグラベルレース。ダーティカンザのような、欧米の過酷極まるレースは650bホイール仕様が向いているのか?
otykif.jpg
新しいExploro Race Maxは、標準の700ホイールに42mmタイヤを収容できるようになります。
更に650bホイールを使用するユーザーためにより広い、最大61mm幅のタイヤクリアランスが確保されています。
2.1インチタイヤより更にワイドなタイヤを装着可能。
それぞれ700Cホイールの3T Exploro Race完成車には35mm。3T Exploro Max 完成車には57mmのタイヤが搭載される予定。
(´・ω・`)とりあえず、ざっくり国内で販売される予定の完成車を見てみましょう。



huiy98yhuihoijho.jpg
3T Exploro Race GRX 1x
Exploro Race GRX 1xは、完全なShimano GRX 1×11メカニカルグループセット40Tチェーンリング、11-42Tカセットを備えている。
ホイールはWTB SERRA 700c、タイヤはSchwalbe G one 700c。
WTB SL8サドル、3T Apto Stealthステム、3T Superergo Proカーボンバーです。
grwatyq3533q4u6.jpg
3T Exploro Race Force AXS 2x
Exploro Race Force AXS 2xは、ワイヤレスの広範囲な電子シフトが可能。
SRAMAXS 2×12グループセットと46 / 33Tチェーンセットと10-36Tカセットが付いています。
AXSバイクは、Fulcrum Racing 7アロイホイールセット、Fizik Argo Tempo R5サドル、およびApto Stealthステムの3T Aeroflux LTDカーボンハンドルバー仕様。
タイヤは同じくSchwalbe G one 700c。
gvreg3q5yhw.jpg
ygr67r90steopug.jpg
3T Exploro Max Eagle AXS 1x
Exploro Max Eagle AXS 1xは650bホイール仕様のトップグレード。
42Tチェーンリングと11- 50Tカセット。
ワイドなギア比を特徴とするSRAM AXS Force + Eagle XX 1×12グループセットを備えています。

Fulcrum Racing 7 650bアロイホイール、Fizik Argo Tempo R5サドル。


huhy98yohkh.jpg
3T Exploro Race Force AXS 1x Torno
これは海外仕様の様です。日本国内においては展開するのかな?
このExploro Race Force AXS 1x Tornoは、3Tの軽量カーボンTornoチームクランクセットと10-36Tカセットの36Tチェーンリングを特徴とするSRAM AXS 1×12スピードグループセット。
完成車ではFulcrum Racing 7アロイホイールを採用しています。

(´・ω・`)まだ正式に発表されていない、新型カーボン3T Discus 45 | 40 LTDホイールセットにアップグレード可能。
グラベルタイヤのエアロ性能を最適化したカーボンホイールになるそうだ。
3T スリーティー Exploro LTD FM フレーム グラベルロード

スポンサードリンク

2020年06月03日 トラックバック(-) コメント(-)