2021 MERIDA REACTO DISC TEAM-E 第四世代メリダリアクト登場  (´・ω・`)あのリアクトに快適性??? マジか!? スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > MERIDA(メリダ) > 2021 MERIDA REACTO DISC TEAM-E 第四世代メリダリアクト登場  (´・ω・`)あのリアクトに快適性??? マジか!?

2021 MERIDA REACTO DISC TEAM-E 第四世代メリダリアクト登場  (´・ω・`)あのリアクトに快適性??? マジか!?

hdtyrs46w3.jpg
2021 MERIDA REACTO DISC TEAM-E
メリダのエアロロード「リアクト」が、2021年モデルから第四世代へモデルチェンジしました。
うおおおっ……これが第四世代リアクトか……丸みを帯びましたね……

(´・ω・`)先日試乗した2020 MERIDA REACTO DISC 10K-Eが第3世代リアクトだった訳ですが。
遂に第四世代モデルリアクトの登場ですよ。
hyed5w7.jpg
おおっ、エアロフレーム形状が少し柔らかくなっている!?
多面型のリアクトフレームが、今回の第四世代からより通常のロード寄りの形状になったかな?
iue5ywst.jpg
第四世代リアクトのテーマが
「クラス最高の空力性能を備えた、優れたパフォーマンスのオールラウンダーを作成する」
だそうだ。
あのストイックなエアロロードリアクトに、万能性を持たせたという事か。
リアクトに悪路走破性まで持たせるなんて……凄い時代になってきましたね。
yhdsrta.jpg
2020年ツ―ルの前に更なる進化を遂げて、この2021年モデルから第三世代から第四世代へと変更になりました。
基本ベースは、第三世代リアクトですね。
そのエアロ性能や、カーボン素材の強化版というのが個人的な印象。
①空力性能の向上。(相当ハイレベルなエアロ性能だとか)
②第三世代リアクトの性能を引き継ぎながら大胆な変更やアップグレード
③クラス最高の空力性能を維持しつつ、オールラウンドな性能も備えている。

第四世代リアクトは全メリダモデル中、最速かつ、最も快適性を高めたモデルになっている。
(´・ω・`)あのリアクトに快適性??? マジか!?
走行環境も場所を選ばす、正に万能タイプのオールラウンドエアロロードとして仕上がっているとか。
oyik8tru6e5y.jpg
ケーブル類を完全にインターナル化
見ての通り、ケーブルが見当たらない。
ケーブル類をインナーナル化した事により2ワット削減。
出力が少なくて済む現在流行の完全インターナル化ですよ。
ue5wy7.jpg
ヘッドとフロントフォークは更に一体感が増しています
oiruewy45eur.jpg
iuedyhds.jpg
第四世代の見所は、タイヤのクリアランスを最大30mm確保してある点だ。
なんとエアロロードリアクトながら、荒れた路面における走破性や、快適性を更に高めた仕様になっている。
(´・ω・`)グラベルロードの流れが、まさかリアクトにも!?
むむ……
udthysrzg.jpg
iudsyrhd.jpg
第三世代リアクトから引き継いだディスククーラーも進化しています。
第四世代からは、エアロ形状のディスククーラーになっています。
もちろん第三世代もメリダ名物ディスククーラーが用意されていたのですが。
今回は流線型のエアロディスククーラーに進化。
itudtsdh.jpg
スルーアクスルのまでもエアロ形状を考慮された形になっており
スルーアクスルの取り付けボルトも、出っ張りが出ていない形状。エアロ性能の向上を見据えた形状になっています。
ディレーラーハンガーもダイレクトマウントに変更。
剛性感、変速性能向上に貢献。
ifyujhxd.jpg
シートポストクランクもエアロ性能を更に向上させた形状に
S-FLEXシートポストも衝撃吸収性と快適性に貢献。

ufjhd.jpg
ogurfyj.jpg
(´・ω・`)あとちょっと驚いたのですが、リアライトをシートピラーに内臓しているのですか??
タッチすると、気楽にリアライトを転倒させる事が可能?
S-FLEXシートポストも衝撃吸収性と快適性に貢献ているとか。
ifudsyr.jpg
シートチューブとシートステーの取り付け位置も第三世代リアクトと比較して、より低い位置に設定されている。
シートステー取り付け位置までエアロ効果を狙っていますよ……なるほどね。
そうすることで、よりエアロ性能の向上に取り組んでいる訳だ。
ujdhysx.jpg
第四世代MERIDA REACTOのジオメトリーは同一.。
ただし、フレーム素材のグレードがUPしている!
フレーム素材は通常モデルがCF3、ハイエンドモデルがCF5をラインナップ。
第三世代は通常がCF2、ハイエンモデルがCF4だったので更にカーボン素材のグレードを向上させている。
20190918103758bf4cds.jpg
第三世代 2020 MERIDA REACTO DISC 10K-E

第四世代MERIDA REACTOのジオメトリーは第三世代と同一。
ただし、フレーム素材のグレードが第四世代からUPしている!
フレーム素材は通常モデルがCF3、ハイエンドモデルがCF5をラインナップ。
第三世代は通常がCF2、ハイエンモデルがCF4だったので更にカーボン素材のグレードを向上させている。
uyfdt5ys.jpg
第四世代Merida Reacto Team-E Discの走りは、非常に高速で、俊敏。更に第四世代の特徴でもあるスムーズな乗り心地のエアロロードバイクになっているそうだ。
ifudsyr.jpg
第三世代MERIDA REACTO DISC 10K-E自体、快適性よりもスピード性やエアロ性能に重点をおいた美しい走りが特徴でしたが。
どの速度域からも、スピードの流れに乗るのが実に上手いんですよね。
強引な加速性推進性が強いという事はなくて、ごく自然にスピードを出す事に長けていまして。
(´・ω・`)もしこの第三世代のスピード性能を落とすことなく、快適性や走破性を手に入れたとしたら、ちょっと凄い事になるかもしれない。
とはいえ、既に第三世代リアクトの走りは、既に完成度が高かったしな……
メリダ MERIDA リアクト ディスク 10K-E REACTO DISC 10K-E DURA-ACE 電動Di2 油圧DISC 2020年 カーボンロードバイク 50(S)サイズ WT/BK

スポンサードリンク

2020年07月31日 トラックバック(-) コメント(-)