2021Vitus Vitesse EVO CRS Di2 重量7.5kg!! Ultegra Di2を搭載した超軽量ディスクロード!! スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > Vitus > 2021Vitus Vitesse EVO CRS Di2 重量7.5kg!! Ultegra Di2を搭載した超軽量ディスクロード!!

2021Vitus Vitesse EVO CRS Di2 重量7.5kg!! Ultegra Di2を搭載した超軽量ディスクロード!!

jojoipji89u.jpg
2021 Vitus Vitesse EVO CRS Di2 Road Bike (Ultegra) 重量7.5kg
重量7.5kg……だと!?

(;・∀・)…相変わらずスピードディスクモデルVitus Vitesse Evo CRSシリーズの超軽量性は恐ろしいですね。
軽量性とリーズナブルさで、勝負している英国ディスクロードVitus Vitesse EVO CRSシリーズです。
2021年モデルから、一気にモデルチェンジしてきた訳ですが。
Ultegra Di2を搭載したVitus Vitesse EVO CRS Di2は販売価格を、¥439999円にまで抑えています。
prod183347_Red_NE_02ert.jpg
旧2020 Vitus Vitesse EVO TEAM eTap

今回の2021年新型モデルは前モデルの性能を引き継いでいます。
つまり硬いフレームですが、スピード性重視。コスパ重視のユーザー向けになっています。
ドイツキューブもそうですが、最近硬いフレームが欧州では流行っているのかな?

2021年モデルよりモデルチェンジしたVitesse EVOフレームセットの重量は910g。
また今回より新しく再設計された370gのフォークを中心に構築されています。
推進性を確保する為に横剛性を向上させており、新型エアロチューブデザインを取り入れています。
prod195813_Nardo Grey_NE_01
Vitesse EVO CRSはハイエンドではありませんが、Shimano Ultegra Di2グループセット、Reynolds AR 29 DBカーボンホイール、カーボンとアロイの仕上げキットを組み合わせた、非常に魅力的なスペック。
Vitusは、Ultegra Di2グループセット。カセットにSunrace 11-32Tを選択。

レイノルズホイールは背の高いホイールよりもわずかに幅が広く、より大きなタイヤに適しています。
とはいえ、完成車には700x25Cサイズを用意。

Vitusによると、この新型はプロレベルのレースバイクに一歩近づけたハイスペックモデルという位置付け。
UCIコンチネンタルチームの、Vitus Pro Cycling p / b Brother UKによって、実際にレースに使用されます。
vitus_bikes_road_range_infogfdunffndher5wgyu.jpg
英国Vitus には4つのタイプのロードがあります。
Vitesse(スピードマシーン、レース用)
Venon(スピード性を重視して開発されたロングライドモデル)
Zenium(通勤、トレーニング、オールラウンダー、万能タイプ)
Razor (快適、エントリー系)

Vitus Vitesse Evo CRSはディスクモデルながら7.5kgをマーク。
今回の2021年モデルもVitus の全シリーズの中で最も軽量な、プロレースディスクバイクという位置づけ。

nhuhoijijp0.jpg
ハンドルバー  Prime Primavera X-Light Carbon US Carbon, 75mm Reach, 125mm Drop, XS:380mm S:400mm M:420mm L:420mm XL:440mm XXL:440mm
ステム Prime Doyenne Lightweight Aluminium Bar Bore 31.8mm, +/- 5 degrees, XS:90mm S:100mm M:110mm L:110mm XL:120mm

流石に7.5kgなのでカーボンシートポストにカーボンドロップハンドル。
ディスクロードバイクとしては、かなりインパクトのある重量ですね。
ju8u0ui-9ik.jpg
Vitus Vitesse EVO CRSはレースバイクであり、比較的妥協のない乗り心地を備えた超剛性フレームセットです。
(´・ω・`)このモデルは、グラベルバイクなどの転用に適したロードバイクではありません。
Vitesse EVOは明らかにモダンで、エアロチューブプロファイルを使用。2021年モデルより最新のドロップシートステーを備えた、細いカーボンフレームセットを備えています。

この新型Vitesse EVOはプロチームとの共同作業により、2年間の開発期間を設けて設計。
旧モデルよりも10%軽量化&、34%剛性UPに成功。
軽量かつパワフルで、効率的なロードレースバイクです。

新型Vitus Vitesse EVOは、エリートレベルの軽量レースバイクに必要な機能を根本から見直しています。
トップチューブが長く、フロントエンドが低く、チェーンステイが短いなどの洗練されたRace-Fitジオメトリが特徴。
洗練されたカーボンレイアップにより、Vitus史上最軽量かつ最も剛性の高いロードフレームセットになります。


Vitesse EVOは流行に沿ったエアロチューブプロファイルを使用。
ドロップシートステーを備えた細いカーボンフレームセットが特徴です。
jiojuoy89yiohiou89u89o.jpg
ヘッドセット ACROS Aix-Low R3 Sealed Bearings, OD46, 1 1/8” – 1 ½”, 41.8 / 28.6 – 52 / 40
ビアンキやデローザなどが採用しているフル内装インターナル「FSA ACR System」の様に、完全にインターナルではありません。
ですが、コスパに関しては圧倒的な価格帯で勝負していますね。

モデルチェンジにより剛性が全面的に向上。ヘッドチューブで11%、ボトムブラケットで50.2%、リアトライアングルで8.9%、フォークで69.5%の剛性が旧モデルより強化されています。
huoho8yyo.jpg
Left Shifter Shimano Ultegra R8000 ST-R8070
Right Shifter Shimano Ultegra R8000 ST-R8070, 11 Speed

huih8u0ui0pp.jpg
フォーク  Vitesse EVO Carbon SL UD Carbon, UCI Approved, Tapered Steerer, 100 x 12mm, Flat Mount, Size Specific
フロントハブ Reynolds 100 x 12mm Front, Centre Lock
フロントブレーキ Shimano Ultegra R8000 Disc ST-R8070, Hydraulic Disc, Flat Mount
ローター Shimano RT800 Front:160mm, Rear:140mm

hjoujpipkop.jpg
フレーム Vitesse EVO Carbon SL UD Carbon, UCI Approved, Internal Cable Routing, 12mm x 142mm axle, Flat Mount
CFD(計算流体力学)分析に基づいてエアロチューブをデザイン。
Vitus ZX1エアロバイクより、実際にわずかに速いという話ですが。
(´・ω・`)エアロ性能よりも、どんだけ2021年モデルから剛性を上げてきたのか気になるな。
元々剛性の高いフレームという話でしたが。
hu990i90ipikp.jpg
joijohy9ohu.jpg
クランクセット Shimano Ultegra R8000 FC-R8000, 52/36T, XS:165mm S:170mm M:172.5mm L:172.5mm XL:175mm XXL: 175mm
BB TRiPEAK 386-24 BB 386EVO for 24mm axle
リアディレーラー Shimano Ultegra R8000 RD-R8050-GS, 11 Speed, Long Cage, Shadow
カセット Shimano Ultegra R8000 RD-R8050-GS, 11 Speed, Long Cage, Shadow


Shimano Ultegra Di2 11-Speed Electronic Groupset
Shimano Ultegra R8000 Di2油圧式ディスクグループセットを搭載。
Vitesse CRSは、滑らかな外観を維持し、外部ケーブルを最小限に抑え、シートポストに取り付けられた内部バッテリーを装備しています。
uygftfdytfuy890.jpg
ホイール Reynolds AR 29 DB Carbon Carbon Clincher Disc, 700c, Tubeless Ready, 24 Hole, 100 x 12mm Front, 142 x 12mm Rear, Centre Lock, HG Freehub
リアリム Reynolds AR 29 Tubeless Ready, 24 Hole

Reynolds AR29カーボンロードレースホイール
CRS Di2はReynolds AR29 DBカーボンホイールとペアになっており、ワイドカーボンリム、Sapimスポーク、レイノルズ生涯保証が付いてきます。
huihuiojpj.jpg
サドル VITUS Race Performance CRN-Ti Rail, Pressure Relief Channel
シートポスト Prime Primavera Carbon 27.2mm, 10mm Offset, XS/S: 300mm M/L: 350mm XL/XXL: 400mm

huiohyo0jipi.jpg
2021 Vitus Vitesse EVOの使用は最新で、フロントとリアが12mmのスルーアクスル、フラットマウントブレーキ、BB386 EVOボトムブラケットシェルを備えています。
更には、ワイドタイヤにも対応し30mmタイヤ用のクリアランスを確保。
(なんと実際には32mmにも対応出来るという話も)

(´・ω・`)とはいえ、ジオメトリの観点から見ると、Vitesse EVOは純粋なレースバイクですね。
あくまでグラベル寄りではなく、軽量性、剛性、コスパを重視してきたあたりが英国Vitus Vitesse EVO CRSらしい。
にしても2021年モデルは灰色のカラーリングとは……何か威圧感があります。
Vitus Vitesse EVO CRS Di2 Road Bike (Ultegra) 2021

スポンサードリンク

2020年09月16日 トラックバック(-) コメント(-)