2009 BIANCHI PISA SPORT(2009 ビアンキ ピサスポート) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > BIANCHI ビアンキ > 2009 BIANCHI PISA SPORT(2009 ビアンキ ピサスポート)

2009 BIANCHI PISA SPORT(2009 ビアンキ ピサスポート)



PISA SPORTは、あのイタリアの歴史建造物「ピサの斜塔」を
イメージしているそうです。
(と、ある人から聞きました。未だにどこをどうイメージしたら
このデザインになるのか謎です)

(特徴)
かなり走行性能がクロスバイク並に高いですが、意外にゆっ
たり乗れるのが面白いです。

割とサドル位置が低い設定になっているので(あまり高く出来ない)
上半身を起こした状態の姿勢になります。
また、これも意外と思われるかもしれませんがハンドルが結構
ゆったりめに設計されているので、お気楽と言えばお気楽な
ハンドリング感覚です。

また、変速レバーがフラットバー用のシマノ(SHIMANO) シフトレバー
SL-R440なので、結構簡単かつ気軽に変速レバー操作が
決まります。フロントにダブルを使用し、16SPEED。

(走行性能)
かなりまったり、景色を楽しみながらスピードが出せます。
スポーツ性が高いというよりは、日常生活で走る事に重点
を置いているようです。
しかし、本格的なスポーツバイクとしてのスピード性を求め
たい方には、ポジショニングなどの点で少し不満が出てくる
かもしれません。

実は家庭的なモデルかも。ギア比を軽くすれば抜群の登板
性能を発揮するのはさすが。

(フェンダー[泥除け])
横から見ると分かりずらいかもしれませんが、フェンダー
が取り付けてあります。
もちろん飾りではなくきちんと泥除けとして機能してくれ
ます。
PAP_0432_convert_20081110093209.jpg
コンポーネントはリーズナブルですが、フレームの質が
高いモデルなので、ペダリングは軽いです。

また実車を見て思ったのですが、チェレステに明暗をつけた
グラデーションの鮮やかさは一見の価値があります。

色々オプションを取り付けたくなるかもしれませんがそれなら
最初からPISA FAMILYを選択した方がリーズナブルかも。
4万円クラスですが、相当頑張っているモデル。セカンド
バイクとしても楽しめそうです。
PAP_0538_convert_20081225145902.jpg
昨日作ったクリスマスケーキ。
スポンジが3層になっています。
またまた、お塩が隠し味です。
Bianchi(ビアンキ) 2018年モデル PISA SPORT DROP BAR(ピサスポーツドロップバー) ミニベロ 小径車

スポンサードリンク

2008年12月25日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する