2009 COLNAGO EPS 完成車 スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > COLNAGO(コルナゴ) > 2009 COLNAGO EPS 完成車

2009 COLNAGO EPS 完成車


コルナゴの最新作EPSです。2008年ツールで実戦投入されたモデルですね。
現在ロードバイクは軽量化競争が終わり、空気抵抗を減少させる為の競争に
移っていて、次々と高級機種はエアロフレームを導入しています。

ですがコルナゴは空気抵抗よりも剛性感を重視しインテグラルヘッド
を導入しました。流行に流されず、独自の道を行くみたいです(*^_^*)
ヘッド部の上下の径が異なりますが下の方の径が大きめ。
とにかく、前へ前へとペダリングの力を推進力に変えてやれという
意志というか頑固さを感じてしまいます。

フレームのカーボン素材も最高級のウルトラハイモジュラスカーボン
を使用。更に丸断面の細身のチューブは内蔵リブ加工され、剛性を高め
ています。
カーボンフレームを切断してチューブ内部見ると分かりますが、カーボン
チューブの内部まで滑らかに美しく仕上がっているのがコルナゴの
凄いところ。
オーソドックスな外見ですけど、結構手は込んでいます。


カーボンフォークもEPS専用に設計されたコルナゴオリジナルで、ハン
ドリングが素直で、コーナーリングにも強いです。
主にスピードが乗ってきた辺りから加速性がやっぱりレーシング
向けですが、乗りやすさとハンドリングの安定間は割と誰でも
受け入れられるのでは。
特に加速時にペダリングを踏み込みの軽さは羽が生えた様。

価格は素敵なツール価格です。
もしこんなすごいモデルに乗って転びそうになったら、どうすれば
いいのでしょうか\(゜ロ\)(/ロ゜)/
考えただけで、恐ろしいです(>_<)
コルナゴ COLNAGO CX-ゼロ ALU CX-ZERO ALU 105 2016年モデル アルミ ロードバイク 52サイズ 11速

スポンサードリンク

2009年01月11日 トラックバック(0) コメント(8)

こんばんは。

゜+.(≧∇≦)゜+.゜ィィ!!!です。
サイズも450からあって、女性でも乗れそうってのも凄いですね。
一度でいいから乗ってみたいですねェ。転ばないように補助輪つけて(^_^)v

2009年01月11日 わだけん URL 編集

mitilu さん、こんばんは!
これに乗っていて転びそうになったら、たぶん反射的に身を挺してバイクを守ってしまうでしょう。
お~、こわ(^_^;)
ではでは、また来ますね。

2009年01月11日 monsirou URL 編集

わだけんさん

乗りたいですね(*^_^*)
ここまでくると、もう走るディズニーランドみたい
です。
軽いモデルですから、空からコルナゴが降ってくれば
嬉しいですけど(>_<)

2009年01月12日 mitilu URL 編集

monsirouさん

普通に体で車体を守るしかないですよね(>_<)
なんだか、乗っている人よりバイクの方が
偉いみたいな(--〆)
こういうモデルに毎日乗ったら頭がおかしく
なりそうです。

2009年01月12日 mitilu URL 編集

あまりにど真ん中な話題でしたので投稿させていただきます。

昨日峠の下りコーナー(※)で転びました。
EPS初ゴケです。
※晴れだったのですがそのコーナーだけウェットでした。。

意識してバイクをかばったわけではないのですが、
ペダルが外れずに滑っていったこともあり、バイクは
ブレーキレバーとバーテープにに多少傷がついて
しまっただけですんだのですが、時速40km近い速度で
こけたので半身擦り傷だらけ&シューズ、レーパン、
ジャージがボロボロそしてサングラスが割れました。。(T-T)

こける瞬間もそうですが、こけた後もバイクの状態
確認するまでは胃がキリキリしました。
走る分には非常に気持ちいフレームですが、こけそう
な時には冷や汗が出るフレームです。(笑)

このブログにはブレーキレバーの補修部品を調べている
際にたまたまたどり着きました。

転んでおいて偉そうにはいえないのですが、EPSは
私のような一般人でも乗ればすぐに分かる位、
・吸い込まれるような直進安定性(特に高速走行時)
・正確無比なハンドリング(峠の下りコーナーが楽しい)
という特徴があると思います。

機会があればぜひ試してみてください。

2009年05月11日 らぷらぷ URL 編集

らぶらぶさん

読んでいただけで、恐ろしい気分になりました(>_<)
そういう時は、カーボンバイクって折り紙みたいに一気にバキバキいきそうですものね。

(>_<)EPSのオーナー様ですか。

凄すぎです。神様ですか?
一度乗ると、頭がおかしくなりそうです。
心の底から、身をていしてバイクを守られる姿が
素敵過ぎます。(たとえ無意識でもそういう行動を脳が最優先で指令を出したはず)

きっと乗ったら背中から羽が生えた様に滑空していくのでしょうね。

そういえば、トレックにコルナゴとビアンキが大激突したシーンを某レース会場で見たことがありましたが、あれも気の毒というか涙を誘いました(>_<)


2009年05月12日 mitilu URL 編集

mitlluさんこんばんは。お返事ありがとうございます。

今日、ショップで点検を受けてきました。
左右ブレーキレバー&バーテープの若干の削れ以外は他に傷一つ無く
店員さんに
「こけて滑っている間、バイクを持ち上げていたんじゃないの?」
と笑われてしまいました。mitiluさんのご指摘どおり
本当に無意識のうちに脳が指令を出していたのかも
しれませんね。おかげで数日は通院生活ですが(笑)

尚、ブレーキレバーの補修部品はカンパに問い合わせた
ところ、左右で3万円以上することが判明。
レバーだけなのにいくらなんでも高すぎます。
よって先程、油性マジックを駆使してぱっと見
分からないように自分で修理?しました。(+_+)

個人的には自転車はよく乗ってこそ価値のあるもの
と思っています。家に飾っていたり恐る恐る乗ってい
ては魅力が半減してしまいますのでこれに懲りず
(今回のミスの反省はしつつ)ガンガン乗ろうと思います。

2009年05月12日 らぷらぷ URL 編集

らぷらぷさん

そうですか(*^_^*)
バイクが無事で良かったですね。
もし人様のコルナゴで転んでしまったら、人生に絶望してしまいそうです。

3万ですか!
あははははは。
思わず、高いと思いつつも、安いとも思ってしまう所が凄いかも。

案外部屋に飾って、お茶を飲んでもそれだけで
うっとりしてしまいそうな(>_<)
何度もいいますが、羨ましいです。

2009年05月13日 mitilu URL 編集












管理者にだけ公開する