2009 FELT AR2(フェルト AR-2) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > FELT > 2009 FELT AR2(フェルト AR-2)

2009 FELT AR2(フェルト AR-2)

09_felt_011540_01_convert_20090601151400.jpg

FELT AR2は、ツールでガーミン・チポレが使った「AR1」の
姉妹モデルです。
トップチューブ経由で、シフトワイヤーを内蔵した、エアロフレーム
がかなり萌えます。(タイムトライアルで人気を集めているシフト
ワイヤーのトップチューブマウントです)
ヘッドチューブの設計も、やはり空気抵抗を軽減させる事を中心に考えて
いて短めなので、ロードレースに向けの低いハンドルポジション。

フレームにボリュームがあるので堅そうですけど、他社のロードバイク
よりも快適性が高く、ハンドリング性能が素直で扱いやすい一面も
持っています。
特に長距離を乗るときなど、この快適性が後で大きな武器になると
思います。疲労が抑えられますし、見た目程扱いづらくない万人受け
するロード(*^_^*)

やっぱりZシリーズやFシリーズよりも力を入れているエアロフレーム
は、デザインにも力が入っていますし、ワイヤーの位置などでもドイツ
ロードバイクらしく、徹底的に計算されて設計されています。
でも、ロングライドに極めて強いという長所はやっぱりドイツ出身らしい
ですね。

登板、ヒルクラムにも力を発揮します。
カーボンはウルトラハイモジュラス。
モノコックカーボンフレーム モノコックナノカーボンフォーク。
コンポーネントはSHIMANO DURA-ACE
FELT AERO R2 アルミホイール
タイヤはVITTORIA DIAMANTE PRO-LIGHT 700×23Cフォールディング

やっぱり軽さと速さと、快適さを求めるとこういう形状になってしまうので
しょうか?
どうにも見た目は堅そうですけど、むしろ快適性がAR2の売りだなんで
面白いですね。
正面から見ると、スリムすぎるのもエアロならではw
でも、無理にAR2でなくても、AR4でも十分満足出来そう(*^_^*)

シートチューブとリアホイールの曲線のおかげで、空気の渦が出来き
ないなど、完全にTT風フレームですけど、そういう説明を聞くだけで
心理的に速く走れる! というメンタル面での効果も期待できそう?
09_felt_011540_02_convert_20090601151424.jpg

スポンサードリンク

2009年06月01日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する