2009 LOUIS GARNEAU LGS-RSR3(ルイガノ LGS-RSR3)  スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > LOUIS GARNEAU(ルイガノ) > 2009 LOUIS GARNEAU LGS-RSR3(ルイガノ LGS-RSR3) 

2009 LOUIS GARNEAU LGS-RSR3(ルイガノ LGS-RSR3) 

img10634440591_convert_20090602154142.jpg
あー、もうこのクラスのクロスバイクですと、フラットバーロード
としても、それなりにスピードが楽しめます。
RSRシリーズというのは大変面白く、いきなりママチャリとして
楽しめるのが面白いですし。
シマノソラなどのロード系コンポですので、ほとんどロードバイク
に近い走行感を楽しめますし。かなりお気楽です。

確かRSR1を買った時は、カーボンフォークなどに微妙に気を使った
りしていたのですが、慣れてくると「あ、そういえばカーボンでした」
と思いだす程度です。

一応フレームは7005 アルミで、見事にカーボンフォーク。
特に素敵な衝撃吸収力を持っているわけではないのですが
直線ならアルミフレームですし、かなりシャキシャキ前に進んで
くれるのが面白いです。

デザインがいいですよ、これ。当時部屋に保管していましたが

いつもなぜかうっとり眺めていました。
あと、変な垣根のないバイクで、ロード乗りの方でも、小径乗り
の方でも、微妙な満足な表情をしてくれるのが面白いところです。

特にママチャリからRSRシリーズに挑まれる方は、どうやら風景
が後ろに飛んで行くのが快感だったらしく、かなり素敵な笑顔に。

じゃあ、RSR1、2、3シリーズの最大の欠点は個性に乏しい所
とも言えます。そういう意味では乗りなれている方には魅力が
乏しく、逆に日常でのママチャリ化する変なバイクです。
割とカーブも慣れないと微妙にふらつきますね。
img55768713_convert_20090602154318.jpg
img55768712_convert_20090602154254.jpg
デザインについては及第点だと思います。
そう、デザインだけはなぜか飽きないモデルなんですね。
個人的にはホワイトカラーがお勧め。
img55768711_convert_20090602154230.jpg
カーボンフォーク装備。乗っていると存在自体忘れそうですけど
今にして思うとしっかり働いていたのかも。
あ、でも街乗りの段差にはかなり無力。
体重移動を上手くすれば、街乗りでも結構楽しめたり、お米を
フラットバーロードで運ぶという事も出来るので、やればできる?
と変に実感。

img55768710_convert_20090602154207.jpg
700X25Cタイヤを搭載。こういうサイズ画像を見ると改めて微妙な
ロード系ですねーと、言うしかありません。
長時間乗ると、フラットバーに飽きてくるのは体験済み。
ドロップが少し恋しくなりますけど、気楽さというポイントにおいては
これでいいかも。

スポンサードリンク

2009年06月02日 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する