PANASONIC(トレンクル ライトウィング) スポーツサイクルまったり選び

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び > PANASONIC(トレンクル ライトウィング)

Panasonic BeansHouse パナソニック ビーンズハウス

bh.jpg
(´・ω・`)……パナソニックの折り畳み自転車パナソニックビー
ンズハウスですね。
DAHONのフレームをOEMとして採用しているモデルです
(折りたたみアルミフレーム)。
フロントフォークなどは、誰でも乗りやすいな長さに設定して
誰でも乗りやすい様にしてあります。

ハブダイナモを使用した白色のLED(発光ダイオード)を搭載
脚に負担がかからないのがいいですし、夜間でもかなり明るい。
これが最大の特徴だと思います。
しかも、周囲の明るさを感知して自動点灯するシステムも搭載。

外装6段変速で籠も取り付けられて万能性が高いですが、車重が
15k台と結構ありますので、輪行に使う分には少し辛いモデル
ですね。

ただ、サドルのクッションをしっかりとっているので、結構
乗り手に配慮しているところが好感。
bh3.jpg
リーズナブルですが、フレームの堅牢性は非常に高いモデル
だと思います。
降りたたみ方ですが
①まずハンドルを半分に、降りたたみます。
②ペダルを半分に折り畳みます。
③サドルを下げます。
④フレーム中央のレバーを引いて、車体を半分に折り畳みます。

bh2.jpg
やはり、フロントキャリアや泥除け、更にライトを搭載しているので
15kg台と重賞がかさんでしまったのかもしれません。

ただし万能性はかなり高く、ホイールもミニベロにしては大きい20
インチと大きめなので、ある程度身長が高い方でも乗れるのが
嬉しいですね。

2011年06月21日 トラックバック(0) コメント(0)

PANASONIC FRTP2 VERSION  Hタイプ Lタイプ

IMGP0951.jpg
(´・ω・`)こんにちは、元インフルmitiluです。
あっけなく治りました。あれ? 
やっぱりお野菜を毎日食べて、自転車に乗っていると体力の回復が
早いですね。

パナソニックのチタンモデルです。
カーボンフォークの剛性を強化したモデルみたいですね。
メーカーHPによると
ブレーキング時の前方向からの加重に対する剛性を前モデル比32%、ペダリ
ング、コーナリング時の横方向からの加重に対する剛性を前モデル比46%向
上させました。

と書いてあります。まるで、パソコンの処理速度みたいな表現で、面白い
です。実際ハンドリング性能もかなりいいとか。
あくまでレース目的の為のカーボンフォークの剛性UPをうたっています。
(チタンフレームですが、インテグラルヘッドを採用)


しなやかなコンフォートバージョンがLタイプ。剛性重視がHタイプと目的に
応じたフレームを販売中。
でも、剛性重視のHタイプでも、それなりの快適性も確保しています。
理由は宇宙産業に実際使われている3AL2.5Vチタン合金という良質のフレーム
で組み上げているからでしょうね。

そういえば、最近ナノカーボンなどの分野で、どんどん宇宙産業の技術が自転
車産業に投入されているのも興味深いです。

結局チタンフレームを採用しているとはいえ、現在市場で求められている快適
性、高剛性を追及したモデルと言っていいかも。
チタンだったら、腐食にも強いので相当長く楽しめそう。

2010年02月03日 トラックバック(0) コメント(0)