スポーツサイクルまったり選び ミニベロや折りたたみ自転車、ロードバイク、クロスバイクを紹介しています。ご購入の際にはカテゴリー欄の、「このブログについての説明と注意」をよく読んでからご利用下さい

スポーツサイクルまったり選び
スポーツサイクルまったり選び

BIANCHI T-TRONIK SPORT TRK(海外BIANCHI USAモデル) なんと新型Made in ItalyブランドのBIANCHIエンジン?

YPBV6I6G.jpg
BIANCHI T-TRONIK SPORT TRK
BIANCHI USAで扱われているビアンキe-MTBモデル「BIANCHI T-TRONIK SPORT TRK」です。
(´・ω・`)欧州のイベントで、荷物ラックとライトを備えたe-トレッキングバイクとしてお披露目。現在ビアンキUSAなどで扱っている。
サイクリングがライフスタイルの要素である人々に向けて、製作されたトレッキングタイプのe-BIKEですね。
トレッキングやフィトネス、都市交通など様々な使用目的に対応可能。

T-TRONIK SPORTは29erホイール、アルミニフレーム、120 mmのフロントサスペンションを備えたビアンキUSA e-MTBエントリーモデルです。
e-MTBモデルをベースに、トレッキングバイク仕様にした上にe-MTBでは流行のホイールサイズ29er仕様。
BIANCHI-18-03-19166774-900x630.jpg

モーター
BIANCHI MOTOR UNIT 250W 85NM W/PHYLION 504WH BATTERY

個人的に注目点は「BIANCHI」のロゴが入ったアシストモーターを搭載している点です。
(´・ω・`)なんだこれ? ドイツ Bosch? シマノ? どこから供給を受けたアシストモーターなんだろう??
まさがBIANCHIが自前で用意した?? 

色々調べてみたらBIANCHI T-TRONIK SPORT シリーズは、なんと新型Made in ItalyブランドのBIANCHIエンジンだそうだ。
なんと、イタリアで製作したアシストモーターだった訳か。
海外のアシストモーターをOEMな流れで導入していたと思っていたら、なんとイタリア本国から調達していたとは。
T-Tronikは、Bianchi e-MTBの新世代モデルだけあって、アシストモーターにはかなり力を入れている様ですよ?
だから、アシストモーターにビアンキのロゴを配している訳ですね。


Bianchi Lif-Eエンジンという名称で、アウトドアを目的としたアシストモーターらしい。
これらのアシストユニットの基本データは次のとおりです。250W、最大トルク85Nm、PHYLION 504WHバッテリー。
アシストモードは従来のウォークモード(ウォーキング用)に加えて、5つのレベルのアシスト。
bianchi-motor-unitjfy.png
BIANCHI CENTRAL MOTOR UNIT
モーターユニット 36V、250W、85NM
504WHまたは418WHダウンチューブ一体型カスタムバッテリー
トルク、速度、ケイデンスセンサー
LCDディスクプレー
5レベルのアシスト 1-50%、2-100%、3-200%、4-300%、5-400%。
充電時間 4.5時間


PHYLION(フィリオン)というブランドの、バッテリーを使用している模様。
E-bikeバッテリーだけではなく、E-スクーター向けのバッテリーを製造しているそうだ。
(´・ω・`)しかし、このイタリア製ビアンキモーターが気になる……。もし自前で本当にビアンキが用意したとしたら、YAMAHAみたいな一貫生産をビアンキがしてきたことになりますね。

海外のBianchi e-MTBのハイエンドモデルはフルカーボンフレームで構築され、630 Whバッテリーを備え、Shimano Steps E8000を搭載しています。
正にオフロードを走破する為のハイエンド仕様ですね。

このBianchi Lif-Eシリーズは、街乗りトレッキングバイクとしての要素を重視しているそうです。
都市交通用のe-bikeとしての機能性を重視。
ジオメトリーも都市交通向けに、華麗なデザインが採用されている。

BianchiLif-Eエンジンは、ユーザーのスタイルに適応して、迅速かつ継続的にアシストしてくるそうだ。
割と上級者から、初心者向けまで幅広く対応出来るアシストモーターって事か。

スプロケットはSHIMANO CS-HG500-10、11-42T。
34Tのフロントチェーンリング。29erに適切なギア比に設定されています。
E-Tronik_Sport_3D_view-900x506.jpg
長持ちする耐久性
T-Tronik Sportアルミニウムフレームは、オフロードライディングのラフな使用に最適。
驚いた事に、最初からe-MTB用向けにアルミフレーム設計がなされています。
通常のビアンキMTBをe-BIKE化した訳ではなく、最初からe-MTB向けフレームとして設計。
とうとう最初からe-bike発のアルミフレームが、ビアンキから出てきた訳か。
(´・ω・`)うーん、力が入っていますね。。
しかもケーブルはインターナル仕様で、泥や汚れからケーブルを保護する仕様。
BIANCHI-18-03-19166788-900x630.jpg
液晶ディスプレイ
ヘッドアップディスプレイを使用すると、速度、電力、バッテリーレベルなどの重要な指標を追跡可能。
パワーアシストレベルを50%から400%までフリックできます。
という事は、タッチパネル方式??
左ハンドルに、アシストレベルを設定する為のスイッチを確認出来ますね。
フロントライトには「SPANNINGA AXENDO 40、Eバイク6-36VDC(XE)40 LUX」を採用。
リアライトも用意されており、前後にライトを装備している。
YPBV6I6Gfbdx.jpg
フォーク SR SUNTOUR XCR34 AIR BOOST LOR DS 29 "120MM
YPBV6I6Ghsd.jpg
YPBV6I6Gjiojop.jpg
YPBV6I6Gijup.jpg
タイヤ WTB SLICK 29X2.2
ホイール WTB XC25 TCSリムチューブレスレディ29 "

ビアンキの歴史において前世紀、ビアンキは実際にフレームにモーターを組み合わせる事に関してはパイオニアだった流れがあるそうです。
最初のモーター付きベロシペドをビアンキは作成し、後に現在のオートバイに進化しました。

歴史あるブランドだから、割とモーターに携わった経験もある訳か。
(´・ω・`)確かに歴史あるイタリアブランドだからな。
1912年、第一次世界大戦当時、
「Bianchi Military Folding Bicycle」という狙撃兵の為の軍事用ビアンキ折り畳みモデルを製作しているし。
本当に色々な事を取り組んで、来た歴史があるバイクブランドな訳ですね。
最近はロードブランドというイメージが強いけど、最近はe-bikeにかなり力を入れている様ですし。
上手く時代の流れに合わせてきた、海外ビアンキe-bikeモデルですね。
2020モデル BIANCHI(ビアンキ) LECCO E(レッコE) 電動アシストバイク・E-bike(イーバイク) 

2020年06月30日 トラックバック(-) コメント(-)

Wiggleトップ5 グラベルロードモデルランキング(2020年6月29日)

Wiggleトップ5 グラベルロードモデルランキング(2020年6月29日 9:00時の順位)です。
全開5月にグラベルロードランキングを行ったのですが、大幅に順位が入れ替わっていて驚きました。
(´・ω・`)やはりグラベルは数が動いているので、順位の変動が激しいですね。

アルミモデル、フルカーボンモデル、チタンモデルなど様々な種類のフレーム素材が確認できます。
英国ブランドOrroのグラベルと、ポーランドRondoが上位に何台か食い込んでいました。
コスパは英国ブランドOrro。フレーム品質を重視したい方はポーランドバイクブランド「Rondo」という事かな?



売り上げ一位
prod195635_Brushed Silver_NE_01 (1)
Orro - Terra Gravel 7020-HYD R900 (2020)
定価 ¥169999➝9%オフ ¥153000
英国ブランドOrroの人気アルミグラベルロードOrro TERRA Gravel。
Orro Terra Gravel はその名前が示すように、現在人気があるグラベルロードに的を絞っています。
しかも、単なるシクロクロスモデルをグラベルロード化したものではなく、一からグラベル用アルミフレームとして設計したものです。

このOrro Terra Gravel 7020-HYD R900 Bikeはブレーキ部に、Shimano 105 Disc 7000 Hydraulicを採用した油圧ディスクブレーキ仕様になっており、現在¥153000で油圧105ディスクブレーキが楽しめる仕様になっています。


街中での通勤だけでなく、オフロードライドにも適したバイクです。航空機レベルのアルミ素材を採用して製作。
(´・ω・`)15万で105油圧ディスクが手に入る点が、グラベル売り上げ一位の理由かな。


売り上げ二位
Rondo-Ruut-CF-2-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Black-Black-2020-RB-104.jpg
Rondo - Ruut CF 2 (2020)
定価 ¥329999➝9%オフ¥297000
二位はポーランドバイクブランド「Rondo」のフルカーボングラベルロードです。
軽量カーボンEPSフレームで構築されたRUUT CF1は、レースと本格的なツーリングの両方のために設計されています。
ちなみにレースとは言っても、シクロクロス競技OR平坦な路面で参加する通常のレース、別に使い分ける事が可能。
Rondo Ruut CF 2、はSRAM Rival 1 油圧式ディスクブレーキを備えたSRAM Rival 1x11ドライブトレイン仕様。



売り上げ三位
prod172439_Curtis Orange_NE_01xacsa
Genesis - Datum 20 Adventure ロードバイク (2018)
定価 ¥319999➝19%オフ¥258999
モジュラスカーボンファイバーフレーム&シマノ105 11速ドライブトレイン&油圧ディスクブレーキ仕様。
新興英国ブランドGenesisのアドベンチャーモデルですね。
ロードバイクの伝統的な要素と、シクロクロスバイクのオフロード機能を組み合わせた英国モデルです。
(´・ω・`)2019年5月19日から、ずっと継続して数が動いているモデル。現在でも高い人気があります。


売り上げ四位
Rondo-Ruut-Ti-Gravel-Bike-2020-Adventure-Bikes-Titanium-Black-2020-RB-088y8iuo.jpg
Rondo - Ruut Ti (2020)
定価 ¥499999➝9%オフ ¥450000
(´・ω・`)売り上げ四位は、なんとチタン系グラベル!
Rondoの2020年モデルRuut Tiディスクグラベルバイクは、モデルチェンジし、耐久性と汎用性を重視しています。
軽量のチタン製フレームは、チタンフレームをより快適性を重視し最適化。長い冒険に適した快適さを重視した新型ジオメトリです。
更にRondoTwintip 2.0カーボンフォークで、フレームジオメトリを切り替え可能。

この2020年モデルからグラベル用コンポ―ネントShimano GRXグループセットと、英国ホイールブランドHuntのHunt Gravel Wideホイールが付いてくるんですね。
結構なハイエンド仕様ながら、人気が高まっています。


売り上げ五位
Orro-Terra-C-8070-Di2-R700-Adventure-Road-Bike-2020-Adventure-Bikes-Black-Grey-2020.jpg
Orro Terra C 8070 Di2 R700 Adventure Road Bike (2020)
定価 ¥409999➝¥369000 - ¥409999
Orro Terra Cアドベントチャーロードは、英国グラベルロード市場を対象にした新型グラベルモデルです。
カーボンロードバイクのフレームには、岩の衝突を防ぐためのInnegra衝撃保護が装備。

電動コンポーネント Shimano ULTEGRA Di2仕様。
2020 Orro Terra Cには様々なロード用コンポーネントやSHIMANO GRXコンポーネント搭載モデルが存在しますが。
このOrro Terra C 8070 Di2 R700は、ロード系スペックの最高位モデルになります。
タイヤサイズはロード系コンポの場合、700x32cを採用。
wiggle グラベルロードバイクランキング

2020年06月29日 トラックバック(-) コメント(-)

LOUIS GARNEAU MULTIWAY700  ハブダイナモ&ディスクブレーキ仕様の日常用グラベル


multiway700_mt-khaki_ang.jpg
LOUIS GARNEAU MULTIWAY700

マルチウェイシリーズ=通勤・通学用に特化したバイクシリーズ
通勤通学を使用目的にしたバイク。
ルイガノらしいカナダデザイン性はもちろん、安全性へ徹底的にこだわったシリーズ。
ハブダイナモや泥除けなど、通勤通学で使用するのに必須のオプションが最初から用意されている。耐パンク性の高いタイヤや、夜間でのライドの為のライトを全モデル標準装備。

やはりこれだけのオプションを数多く搭載しながら、109,780円 (税込)まで価格を抑えている点がいいですね。
実質ディスク仕様のグラベルな上に、ハブダイナモを用意したオートライト機能までついてくるんですから。
コンポーネントはシマノSORAスペック。
(´・ω・`)ところでルイガノモデルにしては珍しく、ロゴなどのデザインをわざと抑えているのが特徴。
スーツなどのフォーマルな服装でも、違和感のないカラーやデザインに徹した日常用グラベルだ。
でもどこなくかつてのルイガノツーリングモデルの流れを引き継いでいる様にも見える。
img57497198htd.jpg
ツーリングモデルLGS-GMT
このルイガノツーリングモデルLGS-GMTはバニアバッグが最初から搭載。
タイヤは26X 1.75と太めかつ、悪路も想定したサイズ。
ルイガノのツーリングモデルはフェンダーなどを初期搭載する場合が多かったですし。
しかも最初から悪路走破性も重視しつつ、デザインにこだわった機種が多かった。

そのルイガノツーリングモデルの流れはLOUIS GARNEAU MULTIWAY700がきちんと引き継いでいますね。
最もツーリングモデルというか、グラベルモデルという形でだけど。
2016120819033838fohyoh.jpg
2017 LOUIS GARNEAU  LGS-CT
これはクラシカルな本格ツーリングバイクとして、Wレバー変速にカンチブレーキ仕様のLOUIS GARNEAU  LGS-CT。
クロモリフレームに、レザーサドルなどクラシカルなテイスト。
(´・ω・`)この2017年モデルLOUIS GARNEAU  LGS-CT(2017年モデルのLGS-CTは本格ツーリング仕様)をもって、ルイガノの本格的なツーリングモデルは一応の完成を見たと言っていい。





さてLOUIS GARNEAU MULTIWAY700は、グラベルバイクの通勤通学仕様ですね。
ツーリング風とも言え層だけど。ここ最近通勤通学にスポーツモデルを使用するユーザーが増えており、その為のルイガノモデルという訳だ。

パンクトラブルが少ない耐パンクタイヤにはKENDA K1185 700x35c w/K-SHIELDを採用。
強力なKシールド耐パンクプロテクション仕様。アラミドのレイヤーとセラミック粒子がトレッド付近に編み込まれており、耐パンク性能を高めています。KENDAの耐パンクタイヤモデルですね。
舗装路から、悪路まで日本国内における日々の移動を想定しているので、走破性と共に耐パンク機能も重視している。

huo886t86t.jpg
ハンドルバー ALLOY FLARE (420mm/490,510 440mm/530)
シフター SHIMANO SORA(9SPEED)
ステム ALLOY AHEAD ANGLE 7 DEGREE(80mm/490,510 90mm/530)

ヘッドセット 1-1/8"ALLOY THREADLESS
常時点灯のライトを標準装備
通勤通学で走行中のライダー、また歩行者を守る為のライトも標準装備。
電源はなんとハブダイナモを用意してあるので、ハブダイナモからLEDに給電されるギミックだ。しかもディスクブレーキ仕様!
(´・ω・`)夜間における安全性を高めている上に、ツーリングモデルとしてのテイストもあります。
最初からコストのかかるハブダイナモ(常時点灯LEDライト)を初期搭載している点が、いいですね。
昼夜問わず視認性を高める効果も。
ijpi90ipok.jpg
フォーク  ALLOY
ブレーキ  TEKTRO MD-C400
フロントハブ  SHIMANO F:DH-T4050-1D 32H
リム WEINMANN U28
タイヤ KENDA K1185 700x35c w/K-SHIELD


ライトの給電ケーブルをフロントフォーク内部に格納
ライトのケーブルを断線からのトラブルを防止する為に、フロントフォーク内に内臓。

(´・ω・`)ちなみにマルチウェイシリーズは、ケーブルをフロントフォーク内部に格納するギミックを各モデル用意している。
給電ケーブルを保護すると同時に、デザイン性にもこだわった仕様になっている訳だ。

またディスクブレーキ仕様により、天候にも左右されることなく、いつも安定したブレーキ機能を発揮。
流石に現在のルイガノモデルですね。、旧ツーリングモデルの様にカンチブレーキではなくなったか。
(テクトロのメカニカルディスク仕様)
jy6uet252.jpg
フレーム 6061 ALUMINUM
にしてもオートライトに、メカニカルディスクブレーキ仕様のグラベルモデルというのレアですね。
(´・ω・`)どことなく視認性や夜間での走行に強いグラベルという印象。
やはり日常性を高めると、オートライトに行きつくか。ツーリングの際でも、バッテリー切れの心配がなくなりますし。
にしても、最初からオートライト仕様のグラベルなんて、面白いな。

あと別売りになるけど通勤・通学スタイルにマッチしたスタイル重視のツバ付きヘルメットも用意されている。
オートライト、ヘルメット、耐パンクタイヤ、ディスクブレーキなど日常性における安全性を限界まで追求したグラベルモデルとも言える。
houyhuiohojhoiu90.jpg
BB CARTRIDGE 111mm(68mm)
フロントディレーラー SHIMANO SORA(9SPEED)
クランク ALLOY 50x34T(170mm/490,172.5mm/510,175mm/530)
リアディレーラー SHIMANO SORA(9SPEED)
フリーホイール SHIMANO CS-HG50-9 11-30T 9SPD
srrq3q.jpg
サドル LG COMFORT
シートポスト ALLOY 27.2mm (300mm)

軽量でスタイリッシュなアルミ製フェンダーも標準装備しているので、あらゆるコンディションに対応。
基本日常用グラベルモデルとして、フェンダーやドライブトレインなどはブラック系カラーで統一。
(´・ω・`)逆に、ツーリングモデルみたいにシルバー系パーツでも面白いかな?
multiway700_img_2.jpg
multiway700_img_1 (1)
multiway700_mt-graphite.jpg
「ルイガノ」MULTIWAY 700(マルチウェイ 700)フレームサイズ:510mm

2020年06月28日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Vitus Zenium CRI (Ultegra Di2) かつてないほど軽量で高速に仕上がっています

prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_01
Vitus Zenium CRI (Ultegra Di2 - 2020)
Vitus Zenium CRIは、通勤やトレーニングなどに使える万能タイプ電動フルカーボンディスクロードのカテゴリーに入ります。
2019年モデルから新型カーボンフレームを採用したZeniumは、かつてないほど軽量で高速に仕上がっています。
しかしながら最も重要なのは、ロングライドやイベント、ツーリングなどで快適に走れる性能も重視している点がオールラウンドモデル。

Zeniumのオールラウンダージオメトリーはアルミモデル程硬くはありませんが、リラックスし過ぎない路線です。
快適でありながら、よりスポーティに走れるオールラウンダーなのでグランフォンドのライドにも最適。

電動アルテグラ仕様のハイエンドモデルながら¥299999と、ギリギリ20万円台という価格を維持したフルカーボンディスクです。



英国Vitus には4つのタイプのロードがあります。
Vitesse(スピードマシーン、レース用)
Venon(スピード性を重視して開発されたロングライドモデル)
Zenium(通勤、トレーニング、オールラウンダー、万能タイプ)
Razor (快適、エントリー系)

Vitus Zenium CRI はディスクモデルながら8.3kgをマーク。


prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_02
フレーム Zenium UD Carbon T700 Internal cable routing, Flat Mount braking, PF30 BB Shell, 142 x 12
(´・ω・`)英国国内において使用することをベースにしていて、スピーディなスポーティー性能、週末のランニング、冬のトレーニングバイクなどでの使用を目的にしています。
2019年にカーボンフレームセットとして再開発され、今回2020年Zeniumモデルの範囲を拡大しました。
元々Vitus Zeniumシリーズは、「よりリーズナブルな価格で手に入るディスクロード」というのが売り。
ワールドクラスの Shimano Ultegra 2x11 Di2 電動ドライブトレインと油圧ディスクブレーキを備えたこの Vitus Zenium CRi ロードバイクは、販売戦略モデルとして、かなり人気の模様(2020年6月27日現在 ウィグルロードランキング売り上げ一位)
prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_03
Prime Baroudeur チューブレスホイールと Vee Road Runner タイヤ
高品質のアルミ製 Prime Baroudeur ホイールと Vee Road Runner 28c タイヤを備え、素晴らしい回転性能と高い接地性を実現。
この Zenium には十分なタイヤクリアランスを確保。
ホイールとタイヤは、強力で信頼性の高い 12mm スルーアクスルによって、所定の位置に保持され、接地性、安定性、コントロールを大幅に向上。

タイヤVee Road Runnerは、アメ色のサイドカラー。どことなくクラシックな雰囲気も演出
Vitus Zenium CRI はしっかりとした乗り心地があるので、28Cサイズタイヤのエアボリュームでしなやかさを演出しています。
ディスクブレーキを組み込むために必要な強度を追加しており、それに比例して剛性を高めています。
全体としてVitus Zenium CRI の乗り心地は、少し硬いかもしれませんがほんのわずか程度です。

ホイールベースが長めなのでスピーディなスポーツライドや週末のツーリングもこなせますし。
マッドガードを取り付ければ、冬のトレーニングにも適しています。
prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_04
ステム Vitus AL6061 3D Forged, bar bore 31.8mm, +/- 7 degrees
prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_05
prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_06
フォーク UD Carbon, Full Carbon tapered steerer, 100 x 12mm
ブレーキ: Shimano Ultegra Hydraulic ST-R8070 & BR-R8070, Resin pad with cooling fin
アクスル  Vitus 12mm スルーアクスル
ディスクブレーキを備えたバイクでは、常にスルーアクスル仕様が英国で歓迎されています。
Vitus Zenium CRI は剛性を最大化してブレーキ品質を向上。
Vitus Zeniumの特徴としてあげらてる点は、幅広のタイヤと高品質のギアを積極的に採用している点です。
英国のユーザーにとっても、メリットの多い仕様になっています。
prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_03jy
ホイールセット Prime Baroudeur アルミニウムディスクチューブレス
タイヤ  Vee Road Runner 700c x 28c B-Proof Aramid Belt, Skinwall
ギアケーブルとリアブレーキケーブルは、ダウンチューブのポートを貫通
フレームは、現在流行しているデザインを取り込んでいます。
大口径のダウンチューブ、スリムなシートステー、平坦なトップチューブ形状など。
快適性、剛性を提供するように設計されています。
prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_08
クランクセット Shimano Ultegra R8000 50/34T, 11-Speed
カーボンフレームセットを基盤にして、この横行するロードレーサーは Shimano Ultegra Di2電動 2x11 スピードグループセットを装備しており、超高精度で信頼性の高いシフトパフォーマンスでスピードを上げることができます。 さらに、そのトップレベルの油圧ディスクブレーキは、速度を落とす必要があるときに勢いを制御し、あらゆる天候で最高の精度と信頼できる機能を提供します。
prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_07
シートポスト Vitus Carbon UD Carbon, 27.2mm x 350mm, 12mm offset
サドル Vitus

快適さと機敏さ、コントロールを向上する Vitus 仕上げキット
Vitus のエレガントで機能的な仕上げキットを装備しています。
快適な着座姿勢を保ちながら、アタックポジションに簡単に移動でき、軽量化を図っています。
Vitus カーボンレイバックシートポスト、サドル、アルミニウムステムとハンドルバーを含むこのコンポーネントスペックは、道路からの衝撃を低減し、応答性の高いハンドリングとコントロールを提供することにより、長距離ライドでの快適性、信頼性、落ち着きを保証します。
prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_11
prod186933_Carbon-Blue Chameleon_NE_10
カセット Shimano Ultegra R8000 11-30T
レース目的のロードではないので、低ギアでも走り易いモデルです。
また28Cタイヤで走り易いモデルでもあります。
実際空気量の多い28Cで走行しても、実質的にパフォーマンスの低下はありません。

Vitus Zenium CRIカーボンモデルは、快適さとハイエンド仕様ながら手頃な価格設定路線を更に高めたモデルです。
(´・ω・`)一見目新しいモデルに見えますが、数年間継続して販売していたアルミ仕様合金Zeniumの進化版がVitus Zeniumカーボンモデルな訳で。それなりの歴史というか流れを引き継いだ万能モデルでもあるのです。
Vitus - Zenium CRI (Ultegra Di2 - 2020)

2020年06月27日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 SCOTT SUB CROSS J2  ディスクモデルとして復活した、日本限定名作クロスバイク


ci-912549_4.jpg
2020 SCOTT SUB CROSS J2
名クロスバイク「SCOTT SUB」シリーズ。
日本国内だけで流通している日本限定モデルです。
(´・ω・`)SCOTT SUB久々に見ますね。かつての名作クロスバイクが復活した訳ですが。
かっこいい……
以前はスポーティーというか、コンフォート系ロードの様な走りでしたが。
フレームは日本の路面での使用を前提にしたスローピングデザインで、カラーリングも日本限定仕様。
IMGP1553bd.jpg
2,011年モデル SCOTT SUB 40(700C)

SCOTT SUBの意味=SPEED UTILITY BIKE
つまり実用性のあるスピードバイクという意味で、通勤・通学、街乗りなどを目的にしたクロスバイクこそが名作SCOTT SUBです。
(´・ω・`)現在のSCOTT SUBはディスクモデル仕様なんですね。
しかも圧倒的なコスパを誇る一台で、なんと4万円台でディスクブレーキ仕様なのか。
いいな、これ。10年前とそんなに価格が変わっていないのに、ディスクブレーキになっているとは!
10年前はロード寄りのスピードのある走りが得意だったけど。
現在のSCOTT SUBはMTBの技術も投入されているのか。すげえな。

コストをかけずに、滅茶苦茶いい走りをする一台だったんですね。ハイドロフォーミングフレームの下がりが上質で、コンポもそれ程コストをかけてなかったのですが。
良いフレームだったな…・・・。
ci-912549_9.jpg
タイヤ Kenda K193 700x35C
現在のSCOTT SUBはタイヤサイズが太目の700×35C。
でもって、タフなスチールフォーク。
SUB CROSS J2シリーズはメカニカルディスクブレーキ、上位グレードのSUB CROSS J1は油圧ディスク仕様になっています。
若干グラベルというか、MTB寄りになったというか。標準的なクロスバイク寄りかな?
(´・ω・`)そうか。現在のSCOTT SUBはロードテイストではなくなったんだな……ロードとMTBのミックス。
ただ、もしあの当時の滑らかなスピード性が生きているとしたら。
走破性を発揮しつつも、スピード感と快適な乗り心地が楽しめるんでしょうね。
ci-912549_6.jpg
フレーム Sub Cross Rigid Alloy 6061 Sub Crossgeometry /Ext. Cable routing
ci-912549_7.jpg
これはアルミフレームが太いな。
アルミフレームも堅牢に出来ている。でも堅牢性よりもSCOTT SUBの反応性の良い走りに期待したい。
トップチューブはMTB技術が投入されており、コンパクトリア三角にはロードバイクの技術が投入されて剛性を稼いだ形状だ。
ロードとMTBの良いとこどりをしたクロスバイク。
足付き性能も重視したスローピングフレーム形状になっている。
ci-912549_8.jpg
フォーク Sub Cross Rigid Alloy 6061 Sub Crossgeometry /Ext. Cable routing
アップライトなポジションで、スポーティーなハンドリングや操作性を楽しめるそうだけど。
SCOTT SUBはコンポーネントの仕様よりも、フレームの仕上がりに注目した方が楽しい。
専用ジオメトリーのアルミメインフレームにスチールリジットフォーク仕様。
スチールフォークで快適性を稼ぐ仕様になっている。
太目のフレームスチールだから、堅牢そうだけど。
あの滑らかな走りは、どう進化しているのだろう? 走りにおいてもロスがすくない効率的な走りが出来たんですよね。
ci-912549_11.jpg
ブレーキ Tektro SCM-02 mech. Disc 160F/160R mm
ディスクブレーキはメカニカルディスク。旧SCOTT SUBに比べて天候や条件に左右されない、強力な制動力を有している。
( ;゚ω゚)………どの程度効率的なスピードコントロールが出来るのか……
元々速度を出せるクロスバイクだったから、その辺が気になるな。
ci-912549_5.jpg
フロントディレーラー ターニースぺック Shimano FD-TY710 / 34.9mm
クランク Shimano FC-TY501 / 48x38x28 T / w/CG
リアディレーラー Shimano Altus RD-M2000
カセット Shimano CS-HG31-8 11-32 T
3×8=24 Speed

ci-912549_10.jpg
シートポスト Syncros UC3.0 / 31.6mm/350mm
シート Syncros UC3.0 / UC3.0W

サドルはロングライドでも快適な幅広サイズ。スコットオリジナルのサドルだ。
適度な柔らかさで、パワーロスも少なく衝撃を優しく緩和。
サドルの方もロード寄りではなくなっている。
ただし、ロングライドに強い一台という路線は継続か。ちなみにハンドルやステムなどのパーツもスコットオリジナル。
可能な限り自社パーツを調達して、コストを下げる事に成功している。

元々SCOTT SUBの乗り心地は、地面を滑っていくような感覚でコーナーリング性能の高さ、加速性などが得意なクロスバイク。
以前は街乗り仕様ですが、ロードの様に距離に強い一台だったのですよ。アルミモデルなのに異様に乗り易く、扱い易い一台でして。
やはりレーシングロードを手掛けるブランドのバイクなんだな……と当時納得したものです。
ci-912549_3as.jpg
(´・ω・`)しかし現行モデルはMTBの技術をトップチューブやデイスクブレーキに投入されていますからね。
以前のロード性能が主体だったSCOTT SUB時代と比べて、どうなったのか……
またクロスバイクらしく、ダボ穴を多数用意。リアキャリアーなど拡張性が高い一台でもあります。
《在庫あり》SCOTT スコット 2020年モデル SUB CROSS J2 サブクロスJ2 276281

2020年06月26日 トラックバック(-) コメント(-)

2020 Vitus Substance CRX Adventure 650Bロードプラス仕様カーボンホイール採用


Vitus-Substance-CRX-Adventure-Road-Bike-2020-Adventure-Bikes-Copper-Grey-2020-VSCRXRIV20XS.jpg
Vitus Substance CRX Adventure ロードバイク (2020)
英国Vitusのフルカーボングラベルモデル「Substance CRX Adventure」シリーズについてですが。
700cと650bの両方のホイールとタイヤに対応するように設計された、グラベル専用の軽量カーボンフレームが特徴の海外英国グラベルモデル。
なんとこの2020年モデル完成車からカーボンフレームだけではなく、遂に650Bロードプラス仕様のカーボンホイール仕様です!

軽量で剛性の高いカーボンCRXに、650Bロードプラス仕様のフルカーボンホイール仕様ですからちょっと圧倒されます。
fc2blog_20200625103630fea.jpg
ホイールセット Prime Kanza カーボン 650B
タイヤ WTB Venture 650B x 47 TCS Road Plus

アクスル Vitus 12mm スルーアクスル
(´・ω・`)リアルにすさまじい……ロードプラスのカーボンホイールですよ!?
グラベルSubstanceは、全てカーボンフレーム路線で行くのですから大胆ですね。
最近極太のロードプラス仕様完成が激増していますが、それだけ流行しているという事か……
販売価格を¥279999まで抑えていますよ。
やはりグラベルライドに使用する際、手頃な価格の高性能グラベルバイクを探しているユーザにアピールするための価格設定なんだろうな。
fc2blog_202006251036272be.jpg
Substanceはそもそもスピードを重視したグラベルモデルではなくツーリングや通勤、クルーザーを目的とした英国グラベルバイクシリーズ。だからこそ通勤時に天候が急変しても対応出来る、ロードプラスタイヤに油圧ディスクを採用。

ところが、ところがこのVitus Substance CRX Adventure は高速アドベンチャーとして評価が高く、東レ高弾性T700カーボンファイバーを使用して構成されています。
海外のレビューを調べて見ても、やはり高速性の高さが評価されています。
(´・ω・`)Vitus系モデルはどのモデルも高速性が高いという話だから、自然とその性能を引き継いだのかな?
推測だけど……
つまりVitus Substance CRX Adventureは、思い通りに悪路をハードかつ高速に走ることが可能。
更にフロントで生じるグリップは強力なので、悪路を走破しつつ高速性を維持可能なフルカーボングラベルな訳です。
fc2blog_20200625103628ece.jpg
fc2blog_20200625103638ed9.jpg
フレーム Substance Carbon UD T700 Internal cable routing, 142 x 12mm rear end, mud-guard mounts, rack mounts, 3 bottle cage mounts
Vitusは、このバイクに幅広い魅力を与えるために機能を追加しました。
つまり他のグラベルモデルと同様に、ラックマウントとマッドガードマウントが存在します。つまり、コミューターバイク、ツーリングなどあらゆる面で楽しむことができます。
荷物用のマウント、マッドガード、複数のボトルが追加されているため、ツーリングの際の荷造りにも対応できます。
fc2blog_20200625103629f9c.jpg
ハンドルバー Vitus 6061 16 degrees Flared Adventure, 128mm drop x 77mm reach
ステム Vitus 6061 Aluminium, 3D Forged, bar bore 31.8mm, +/- 7 degrees

バイクに装着されたカスタムメイドの Vitus 6061 16 degrees Flared Adventureバー。
アルミ製フラットトップセクションハンドルバーは幅広形状で、ステアリングと油圧ディスクブレーキングの両方を適切に制御できます。
fc2blog_20200625103629faf.jpg
fc2blog_20200625103631ffe.jpg
フォーク UD Carbon Full Carbon tapered steerer, 100 x 12mm, mud-guard mounts. Utility mounts (bottle cage or rack)
fc2blog_20200625103632d20.jpg
ブレーキ SRAM Rival HRD 油圧式ディスク
fc2blog_20200625103644592.jpg
どんなに長距離ライドでも、あらゆる天候&あらゆる地形に対応するアドベンチャーロードバイクでもあります。
見ての通りダウンチューブにもボトルケージを取り付けが可能。
この軽量で頑丈なカーボンバイクは、荷物キャリア、マッドガード、複数のウォーターボトル用の取り付けポイントが複数用意。通常のグラベルバイクへの対応性も抜群。バイクパッキング、ツーリング、通勤、未開のコースのライドに最適です。
fc2blog_20200625103644555.jpg
ドライブトレイン SRAM Rival1 1x11スピード
クランクセット SRAM S-Series 350 X-SYNC 40T
SRAM Rival 1x11スピードドライブトレイン、油圧式ディスクブレーキ
SRAM Rival 1グループセット採用。ワイドな 11-42T カセットを備えており、急勾配の上り坂を攻略可能。
油圧ディスクブレーキにより下りの勢いを制御します。
必要に応じて抜群の制動力を実現。サイクリングにおけるあらゆる局面で、あらゆる地形と天候を攻略します。
fc2blog_20200625103634f24.jpg
fc2blog_20200625103633e7a.jpg
シートポスト Vitus 6061 Aluminium, 12mm offset
サドル Vitus

優れた Vitus 仕上げキットとチタンレール Vitus サドル
すべてのライディングポジションで快適に使用できるアルミ製フラットトップセクションハンドルバーと、それに合わせてステムとシートポストを備えた仕上げキットを装備しています。
またチタンレールの Vitus サドルは、ライドの快適性、信頼性、軽量性をさらに高めます。
快適さ、ペダリング効率、スタイルを求めるすべてのアドベンチャーサイクリスト向けの高性能フルカーボングラベル。
(´・ω・`)ちなみのビジュアル性にも、かなりのこだわりがあるとか。
fc2blog_20200625103647882.jpg
カセット SRAM 1150 11-42T, 11スピード
fc2blog_2020062510365161a.jpg
Substanceは耐久性及び軽量性を重視してきたフルカーボングラベル。
2020年モデルより遂にカーボンホイールを採用、Vitus Substance CRX Adventureは更なる軽量性を高めてきた訳だ。
Vitus - Substance CRX Adventure ロードバイク (2020)

2020年06月25日 トラックバック(-) コメント(-)